• English
  • 日本語
  • France
  • Deutschland
  • Italy
  • España
  • Slovenia

グローバルノースはグローバルサウスの「完璧な嵐」を無視

Guest content
2024年2月23日

現在グローバルサウスで、さまざまな進展(そのいくつかは非常に意図的なもの)によって集中する「完璧な嵐」のため、多くの荒廃の恐れがあり、おそらく最も貧しい人々や最も脆弱な人々が最も大きな被害を受ける可能性が高いと、IPS newsでジョモ・クワメ・スンダラム氏は述べています。

グローバル化の時代にはさまざまな影響があり、労働、物資、さらには一部のサービスの国内市場が不均等に組み込まれていました。これは徐々に終わりを迎えましたが、2008年の世界金融危機以来長期にわたる世界経済の停滞を受けて、その傾向はさらに顕著になりました。

今でも「大不況」と呼ばれることもあるこの時期、西側の中央銀行は経済を存続させるために、主に「量的緩和」などの非伝統的な金融政策に訴えました。しかし、クレジットが容易になったことで、持続可能な開発はおろか、回復どころか、金融化と負債が増大しました。

しかし、グローバリゼーションの時代の終わりは、単純に以前の状態に戻ることを意味しませんでした。ほとんどの経済は経済自由化によって国内外で不可逆的に変革され、悲惨な永続的な影響をもたらしました。

緊縮財政を求める市場の圧力は、国際金融機関からのコンディショナリティやアドバイスによって強化されました。これは必然的に政府支出の大幅な削減につながり、実体経済の回復に寄与する可能性のある公共投資はほとんど残されませんでした。

金利上昇による景気停滞の加速

ブッシュ・ジュニア大統領時代後半からの2008年のウォルフォウィッツ・ドクトリンは、第二次冷戦を開始するためにオバマ政権によって修正されました。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックと過去2年間の戦争と制裁により、供給側の混乱が深刻化し、「コストプッシュ」インフレが悪化しました。

投資家や投機家による日和見的な市場操作や、政治的利益を目的とした意図的な破壊的介入により、一部の価格が急騰しました。法の支配は、かつては神聖な財産権であったとしても、政治的便宜のために犠牲にされ、特に国家の信頼を損なってきました。

したがって、西側の影響力のある中央銀行による協調利上げは、主に供給側の要因によって引き起こされる現代のインフレに対処するための、不必要で不適切かつ露骨な需要重視の手段であることが判明したのです。

供給の混乱によるインフレに対処する代わりに、金利上昇により民間と政府の支出が削減され、その結果、世界の多くの地域で需要、雇用、収入が減少しています。

米国では、オバマ大統領が2008年の世界金融危機を引き継いで以来、歴代大統領は完全雇用を維持しました。独特なことに、中央銀行である米国連銀は、完全雇用と金融の安定を維持するという二重の使命を負っています。

2022年と2023年の計画的かつ協調的な利上げは、労働と雇用に対して収縮的で偏ったものであることが世界中で証明されています。

身動きが取れないグローバルサウス

グローバルサウスの政策立案者は、自らの状況によって大いに制約されてています。グローバル市場にさらされており、自由に使える財政・金融政策手段が限られているため、プロシクリカルな政策バイアスに囚われています。

国際通貨基金やその他の国際金融機関は、債務整理の見返りに緊縮財政のコンディショナリティを要求する傾向があります。

したがって、被援助国政府は救済を提供する代わりに支出の制約を受けることになります。さらに悪いことに、政府の財政の信頼性を高めるためと称して、多くの立法府が自らに不必要な支出制限を課しています。

独立しているはずの中央銀行が金融政策の制約をさらに複雑化させています。このような中央銀行は、国家政策の優先事項ではなく、主に国際的および国内の財政的利益に対応しています。

ここ数十年の金融の自由化を受けて、途上国は1980年代に経験したものよりもさらに深刻な債務危機にさらされています。

その当時、ラテンアメリカ、サハラ以南アフリカなどの政府は、主に米国と英国の商業銀行から多額の借入を行いました。米国連銀議長のポール・ボルカー氏が1980年から金利を大幅に引き上げた後、深刻な財政危機と債務危機により、これらの政府の多くは10年以上無力にされました。

債務エクスポージャのレベルははるかに高く、さまざまな資金源から借入されており、銀行でなく市場ベースが大幅に増加しています。政府は国有企業が多額の借入を行えるよう保証も提供していますが、政府債務ほど責任は負っていません。

一極化後の世界における新たな分断

第一次冷戦終結直後の一極世界では、米国の揺るぎない覇権が一時的に見られました。経済協力開発機構は、通常はグローバルサウスを犠牲にして、貿易、投資、技術、金融、税金、その他の重要な分野におけるグローバルノース諸国向けの政策を策定しました。

つい最近では、「新冷戦」、あるいは不法な制裁を含む地政学的政策は、持続可能な開発目標を達成し、地球温暖化とその影響に適応し、世界の法人税収入のより公平な分配を取り戻そうという発展途上国の願望を挫折させました。

ほとんどの経済がほとんど成長せず、多くの政府が輸入削減に努めているため、輸出機会はより不確実で制約されており、グローバル化の重要な基盤は失われています。金利の上昇により、金融機関さえも発展途上国を見捨てて米国の「安全に逃避」しています。

依然として世界の基軸通貨である米ドルを発行するという「法外な特権」がないため、ほとんどの発展途上国には金融、財政、政策の余地がありません。自国通貨で借入を行う富裕国とは異なり、ほとんどの発展途上国は依然として為替レートの変動に対して脆弱です。

オバマ大統領の「アジアへの転進」により中国を牽制する米国の取り組みが始まったことで、サハラ以南アフリカを含む発展途上国への融資は2016年頃から減少しました。

借入コストの上昇にも関わらず、最貧国の多くは民間債権者に頼りました。しかし、米連邦準備制度理事会(FRB)がほぼ2年間にわたって大幅な利上げを行ったため、貧困国への民間市場の融資は2022年から枯渇しました。

債務返済コストが高騰するにつれ、特に最貧国での危機リスクが急激に高まっています。これは明らかにグローバルサウスに対する陰謀によるものではありませんが、最貧国の最悪の窮状についてはほとんど懸念がありません。

一方、最貧国の貧困は10年以上減少していません。

最貧国の最貧困層を犠牲にして国際格差が拡大する中、主に最貧層には経済的に可能でないにもかかわらず、移住願望は高まり続けています。


ジョモ・クワメ・スンダラム氏は元経済学教授で、国連経済開発担当事務次長補を務め、経済思想のフロンティアの前進に対してワシリー・レオンチェフ賞を受賞した。

Original source: Inter Press Service

Image credit: Blogging Guide, Unsplash