• English
  • 日本語
  • France
  • Deutschland
  • Italy
  • España
  • Slovenia

食品廃棄物を抑制し、地球を救う

Guest content
2021年3月8日

2030年までに食品廃棄物を半減させる世界的な取り組みを支援する新しい国連の研究によると、毎年、世界の生産量の5分の1にあたる10億トン近くの食品が捨てられています。


イラクへの歴史的な訪問をしている教皇フランシスコはかつて、「食べ物を捨てることは、それを貧しくて空腹の人々の食卓から盗むようなものだ」と言いました。この声明は、特に2019年に販売された9億3000万トン以上の食品が廃棄されたとする国連の報告に照らして、真剣に考える必要があります。

これは本当に憂慮すべきことです。世界中の何百万人もの人々、特に貧しい国々の人々が食糧を持たないとき、これは、持つ者が持たない者に対して持っている完全な無関心の度合いを物語っています。

この調査では、世帯がサプライチェーンの消費段階で食品の11%を廃棄しているのに対し、外食産業と小売店はそれぞれ5%と2%を浪費していることが明らかになっています。報告書によると、これは環境、社会、経済に大きな影響を及ぼし、世界の温室効果ガス排出量の8~10パーセントが未消費の食品に関連していると指摘しています。

国連環境計画(UNEP)とパートナー組織 WRAPによって作成された食品廃棄指標報告2021は、家庭、レストラン、店ですべての食品のうち17%が単に捨てられていることを明らかにしています。

一部の食品は農場やサプライチェーンでも失われており、全体として食品の3分の1が消費されていないことを示しています。

「気候変動、自然と生物多様性の損失、汚染と廃棄物への対処に真剣に取り組みたいのであれば、世界中の企業、政府、市民が食品廃棄物を減らすために自分たちの役割を果たさなければならない」とUNEP事務局長であるインガー・アンダーセン氏は述べています。

食品廃棄物は主に先進国の問題と考えられていましたが、報告書は、最貧国ではデータが不足しているとはいえ、廃棄物のレベルがすべての国で驚くほど類似していることを発見しました。

「食品廃棄物を減らすことは、温室効果ガスの排出を削減し、土地転換と汚染による自然の破壊を遅らせ、食料の入手可能性を高め、それによって世界的な不況のときに飢餓を減らし、お金を節約するだろう」とアンダーセン氏は言いました。

2019年には、約6億9千万人が飢餓の影響を受け、30億人が健康的な食事をとる経済的な手段がありませんでした。

このような背景とCOVID-19がこれらの数字を悪化させる恐れがあることから、この研究は消費者に家庭で食品を無駄にしないように促しています。また、食品廃棄物を国が決定する貢献(NDC)に含めることを推進しています。これは、各国がパリ協定でますます野心的な気候変動対策に取り組むための計画です。

今年の国連食料システムサミットは、食品廃棄物に世界的に取り組むための大胆な新しい行動を開始する機会を提供するでしょう。

研究者は、2018年の報告によると、2030年までに20億トン以上が廃棄されると、食品廃棄物はほぼ3分の1増加する可能性があると述べており、世界人口の急増と発展途上国の習慣の変化によって推進される「驚異的な」危機を警告しています。

国連は2030年までに食品ロスと廃棄物を半減させるという目標を設定しました。しかしボストン・コンサルティング・グループ(BCG)の調査によると、現在の傾向が続けば、年間21億トン、つまり1.5兆ドルに達するでしょう。

予測される増加の多くは、世界人口の増加によるものであり、より多くの人々はより多くの廃棄物をもたらします。消費者が可処分所得を増やすにつれて、発展途上国では家庭ごみが増えるだろうと報告書は述べ、失われた食品から7000億ドル近く節約できる重要な変革を特定しました。

消費者の意識の高まり、規制の強化、サプライチェーンの効率の向上、食品生産チェーンに沿った共同作業は、廃棄物を食い止めるために講じることができるステップの一部です。何よりも、ジャンクフードを食べる人々は、自分たちが貧しい人々と地球の保全に与えている被害に気付く必要があります。


Further resources:

UNEP Food Waste Index Report 2021

Original resource: Gulf Today

Filed under: