• English
  • 日本語
  • France
  • Deutschland
  • Italy
  • España
  • Slovenia

新しい研究:食料不安のある4,400万人のアメリカ人に対して前向き過ぎる経済統計

Guest content
2024年4月2日

「貧しい市民にはGDP報告書を食べさせておけば良い」とハンガー・フリー・アメリカは言います。キム・モスカリトロ氏の報告。


非営利団体ハンガー・フリー・アメリカの新しい報告書によると、U.S.米国農務省の調査によれば、現在4400万人のアメリカ人(1300万人の子供を含む)が十分な食料を供給する余裕がなく、食料不安の世帯で暮らしていますが、彼らは株式市場の高騰や国内総生産(GDP)の成長に関する前向きな経済統計を食べることができます。

ハンガー・フリー・アメリカの最高経営責任者ジョエル・バーグ氏は、「飢餓と闘うエリートたちの昔ながらのやり方は、『ケーキを食べさせろ』というものだった。しかし、より現代的なアプローチは、『国家の成長するGDPの報告書を食べさせろ』ということだが、それには全くカロリーが含まれない」と語りました。

ハンガー・フリー・アメリカが以前に記録したように、パンデミック時代にバイデン大統領と議会民主党が提供した給付金と食料援助が議会の保守派からの圧力を受けて過去数年間で終了になった後、米国の飢餓が急増しただけではなく、現在、何千万人ものアメリカ人は住宅を買う余裕はありません。

日々のやりくりに苦労している人々を超えて、さらに何千万人もの人々が、家を持つこと、大学に行くこと、退職後の生活に必要な十分な貯蓄など、アメリカの中産階級の夢の重要な指標を達成することができていません。

バーグ氏は続けて、「株価指数など、主に富裕層に利益をもたらす経済統計に重点を置くことで、国の政治エリートやメディアのエリートたちは、経済が依然として大部分の国民にとって構造的に不健全であるという確かな証拠を軽率に無視し、さらにその同じエリートたちが、なぜ国民は経済にまだ満足していないと世論調査員に言うのか、当惑している」

「しかし、朗報は、今はそのどれもが問題ではないということだ。なぜなら、前向きな経済報告がトラックいっぱいに全国のフードバンク、炊き出し、フードパントリーに出荷されており、この国の貧しい市民は今、食べられるものをすべて手に入れることができるからだ。紙のレポートのページもボール紙のレポートの表紙も消化でき、多少の有毒なインクも気にしない」


Original source: Hunger Free America

Image credit: Aaron Doucett, Unsplash

Filed under: