• English
  • 日本語
  • France
  • Deutschland
  • Italy
  • España
  • Slovenia

自然に対する自滅的戦争、衰えを見せず - 国際マザーアース・デー

Guest content
2022年4月28日

母なる自然に対する断続する壊滅的な人間の戦争に対して警告する多くの情報があります。そして、そのメッセージは明確であると、IPS Newsのバハール・カマル氏は書いています。


見通しのない状況は、議論の余地のない科学的結論から導き出されたものであり、政治家であるかどうかにかかわらず、すべての人、特に意思決定者によってすでに知られているはずです。

海はプラスチックで満たされ、そしてより酸性になっています。猛暑、山火事、洪水、そして記録的な大西洋海域のハリケーンシーズンは、何百万人もの人々に被害を与えています。今日でも、私たちは生態系の健康に関連するCOVID-19パンデミックに直面しています。

森林破壊、土地利用の変化、農業や家畜の生産の激化、野生生物の違法取引の増加など、生物多様性を破壊する犯罪、そして気候変動や人為的な自然の変化は、地球の破壊の速度を加速させる可能性があります。

メッセージは明確です。そして、2022年4月22日の国際マザーアース・デーの機会に、国連生態系回復の10年が同時に再び開始されました。

「生態系は地球上のすべての生命を支えている。私たちの生態系がより健康であるほど、地球とその人々はより健康になる。被害を受けた生態系を回復することは、貧困を終わらせ、気候変動と戦い、大量絶滅を防ぐのに役立つ…」

「人類は自然との戦いを繰り広げている。これは無意味で自滅的だ。私たちの無謀さの結果は、人間の苦しみ、莫大な経済的損失、そして地球上の生命の衰えの加速にすでに明らかだ」- アントニオ・グテーレス国連事務総長

自然と平和を築く

国連環境計画(UNEP)の報告書「自然と平和を築く:気候、生物多様性、汚染の緊急事態に取り組むための科学的青写真 」は、科学的知識の現状を、世界が関連付け実行に移すことができる、鮮明で明確で消化しやすい事実に基づくメッセージに変換している。

「人類は自然との戦いを繰り広げている。これは無意味で自滅的だ。 私たちの無謀さの結果は、人間の苦しみ、莫大な経済的損失、そして地球上の生命の衰えの加速にすでに明らかだ」とアントニオ・グテーレス国連事務総長は報告書の序文で述べています。

マザーアース・デーの機会に、多くの驚異的な事実が繰り返されました。以下は、それらのほんの一部です:

  • 地球上の生命を保護し、土地と海の劣化を食い止めるために合意された世界的な目標で完全に達成されたものはない。
  • 現在、陸の4分の3と海の3分の2が人間の強い影響を受けている。 世界で推定800万種の動植物のうち100万種が絶滅の危機に瀕しており、人間の福利に不可欠な生態系サービスの多くが蝕まれている。
  • 現在、約100万種の動植物が絶滅の危機に瀕していると推定されている。
  • 地球は毎年470万ヘクタールの森林を失っている。これはデンマークよりも広い地域である。
  • 健全な生態系は、病気から人間を守るのに役立つ。生物多様性は、病原体が急速に広がることを困難にする。
  • 環境の変化は、貧困と飢餓を終わらせ、不平等を減らし、持続可能な経済成長を促進し、すべての平和で包摂する社会のために働くことに向けた進歩を妨げている。
  • 今日の若者と未来の世代の福利は、環境の衰退の現在の傾向との緊急かつ明確な断絶にかかっている。
  • 今後10年間は非常に重要である。社会は、二酸化炭素排出量を2010年のレベルと比較して2030年までに45%削減し、2050年までにネットゼロの排出量に到達して1.5°Cのパリ協定の目標を達成すると同時に、生物多様性を保護および回復し、汚染と廃棄物を最小限に抑える必要がある。
  • 過去50年間で、世界経済はほぼ5倍に成長した。これは主に、生産と消費の成長を促進した天然資源とエネルギーの抽出が3倍になったためである。
  • 世界の人口は2倍に増えて78億人になり、平均して繁栄も2倍になったが、約13億人が貧しく、約7億人が飢えている。
  • ますます不平等で資源集約型の開発モデルは、気候変動、生物多様性の喪失、その他の形態の汚染や資源の劣化を通じて環境の衰退を引き起こす。

過剰生産、過剰消費

国連環境計画(UNEP)の食品廃棄指数報告2021によると、さらに2つの科学的な懸念事項は、家庭レベルで毎年57000万トンの食品が無駄にされているという事実です。

その一方で、8億人以上が依然として空腹であり、世界の食品廃棄物が温室効果ガス排出量の8~10パーセントを占めています。食品廃棄物は、気候変動、自然と生物多様性の喪失、汚染と廃棄物という3つの地球の危機を加速させます。

母なる自然に対する継続する壊滅的な人間の戦争に警告を発する多くの情報があります。

気候変動とは正確には何であり、パリ協定は何を言っているのかについてもっと知るべきなのでしょうか? また、どのような行動が取られ、誰がそれらを実行しているのでしょうか? この主題に関する最新の科学的報告は何でしょうか? 母なる地球を救うのに間に合うのでしょうか?ここでそれを発見してください

202244日に発表された、読む価値のある報告書「気候変動 2022:気候変動の緩和」の中で、気候変動に関する政府間パネルIPCC),の第6次評価報告書第3作業部会で、世界の科学者は次のように警告しています。「すべてのセクターで即時かつ大幅な排出削減がなければ、地球温暖化を1.5°Cに制限することは不可能です」


Original source: Inter Press Service

Image credit: Doug Oster / Eastendfood.coop

Filed under: