• English
  • 日本語
  • France
  • Deutschland
  • Italy
  • España
  • Slovenia

ドバイの後:「公正で秩序ある公平な」化石燃料の段階的廃止」に向けて

Guest content
2024年2月8日

グローバル・ノースとサウスの不平等危機に対処するための包括的な気候変動資金の打開策を勝ち取らない限り、化石燃料の「公正で秩序ある公平な」段階的廃止への希望はすべて放棄されることになる、とトム・アタナシウ氏はForeign Policy in Focusに書いています。


ドバイで最近開催された気候変動サミット中、COP28の議長のスルタン・アル・ジャベル氏は、少々憤慨しながら、次のような驚くべき声明を発しました。

「助けてください。世界を洞窟に戻したくなければ、持続可能な社会経済的発展を可能にする化石燃料の段階的廃止のロードマップを示してください」

アル・ジャバル氏は洞窟についてのこの警句を発したとき、装った態度をとっていましたが、それはしょうがないでしょう。私たちは「持続可能な社会経済的発展を可能にする化石燃料の段階的廃止」に向けたロードマップを切実に必要としています。彼は、その欠如に注目することで、それを強調しました。たとえ彼が国際石油カルテルの一味として発言したとしても、これは真実です。

COP28といえば、依然として左派の活動家を悩ませているCOPの問題を解決するのに役立ちました。COPは「ああだこうだ」と簡単にかわされます。しかし、それらは一言で言えば必要なものです。それらがなければ、我々はさらに大きな問題に直面することになるでしょう。たとえCOPがコンセンサスによって決定を下すことを運命付けられているとしても、それが際限のないグリーンウォッシングを引き起こすとしても、たとえ来年のCOP29が2年連続で正真正銘の石油国家が主催するアゼルバイジャンで予定されているとしても、これは真実です。

気候変動交渉はついに核心的な問題を巡り始めています。COP26では石炭の「段階的削減」が決定され、COP28では損失と損害基金がようやく発足して開幕しました。次に、COP28の重要な決定文が発表され、「科学に沿って2050年までにネットゼロを達成するために、公正で秩序ある公平な方法でエネルギーシステムにおける化石燃料からの移行を進め、この重要な10年間の行動を加速する」ことが求められています。わずか1か月後、バイデン大統領が新しい液化天然ガスターミナルの承認を「一時停止」するという決定を下し、ホワイトハウスがCOP28と明確にリンクした決定により、この会議は現実世界に利益をもたらすことを実証しました。米国外も含め、将来的にはさらに多くの利益をもたらす可能性があります。

一方、COP29では気候変動資金が中心的な舞台となり、次の大きな闘いが始まることになります。それは(すべてがうまくいけば)2025年に頂点に達する可能性があり、COP30はルーラ・ダ・シルバ大統領のブラジルが主催し、その重要な面で有意義な決定を下すことになるでしょう。今は、COP が「汚染者会議」の略だとパフォーマンス的に主張しているときではありません。

ここまで述べた上で、大気中の二酸化炭素濃度の着実な上昇が決定的に証明しているように、気候変動交渉はこれまでのところ失敗に終わっていることを直ちに付け加えなければなりません。COP懐疑派はこれについて全く正しいのですが、その失敗は国際交渉だけではありません。国内の気候変動対策は多くの勝利を収めてきましたが、私たちを徹底的かつ急速な脱炭素化への道に導くことはほとんどできませんでした。グリーンテクノロジー革命も、惑星の排出量にピークと減少の経路をもたらしたわけではありません。また、これを言うのは簡単ではありませんが、世界の直接行動や気候正義運動がそのギャップを埋めることもできませんでした。政治がすべてかもしれませんが、それもまた温暖化を止めることができていません。

重要な点の1つは、COP28の文書は単に化石燃料からの移行を求めているのではなく、むしろこの移行は「公正で秩序正しく公平」なものでなければならないと規定しており、これははるかに困難な見通しであるということです。このため、ストックホルム環境研究所の気候公平性専門家であるシヴァン・カルタ氏は、ドバイの「最も深い亀裂」は、ただ速やかな化石燃料の段階的廃止を望む人々と、成功の望みを持つためには、段階的廃止は公正でなければないと主張する人々の間にあると付け加えました。

私たちの多くは同意しますが、そのような公正性とは何を意味するのでしょうか?

「気候緊急事態」を受け入れる

「気候緊急事態」のような言葉が危険なほど士気を低下させると主張することが再び流行っています。おそらくそうでしょうが、残念ながら、それらは正確でもあります。私たちは本当に2050年までに排出量実質ゼロを目指す必要があり、それはこれ以上誇張するのが難しい政治経済的課題に直面することを意味します。密接に関連する1.5℃の気温目標によってもたらされるものと同様です。

1.5℃はもう達成できないという声がたくさんありますが、それは完全に真実ではありません。むしろ、1.5℃は依然として達成可能ですが、それは「オーバーシュートと低下」経路を経由することによって、温暖化が1.5℃を超えた後しばらくしてなんとか元の地点に戻すというものです。私たちはそのような動員を達成できるでしょうか、それとも少なくとも大惨事は回避できるのでしょうか?これが問われるべき疑問です。

もうすぐ1.5℃のオーバーシュートに突入します。そうなることで、気温を元に戻すことができると想定したとしても、オーバーシュートがどれほど極端になるか、またはそれがどれくらい続くかはわかりません。マルクス主義の強硬派である気候活動家のアンドレアス・マルム氏をはじめとする一部の人々は、必要なドローダウンを実現できるとは考えていませんが(「私は人類プロジェクトについて楽観主義者ではない」)、技術的には可能であるという点には同意しています。

(長期目標として、2100年を考えてください)1.5 ℃を維持することを真剣に考える場合、短期的には気温のピークを「2 ℃」(パリ協定の最も弱い目標)に保つためにあらゆる手段を講じる必要があります。これはトップの科学者によって、まだ達成可能であると広く判断されていますが、問題があります。IPCCによれば、この弱い目標であっても、「社会のあらゆる側面における急速かつ広範かつ前例のない変化」が求められています。今の世界ではそんなことは起こらないでしょう。

2050年に地球全体の排出量が真のネットゼロに近づいているのであれば、温暖化の連鎖的な影響が制御不能になる世界を回避できる可能性は十分にあります。低排出および超低排出のエネルギーシステムを世界中で急速に構築することは、その目標に向けて必要なステップです。また、そのようなシステムが出現しており、コストが急速に低下しているため、正直なところ楽観的になることは可能です。しかし、そのようなシステムだけでは十分ではありません。

2050年までのネットゼロは、新しい超低排出インフラストラクチャの導入を超えて、既存の化石燃料インフラを廃止することを意味します。これは、富裕国か貧困国か、先進国か発展途上国かに関わらず、事実上すべての国が化石燃料インフラへの投資をただちに中止すべきであることを意味するのです。とりわけ、そのインフラは老朽化するずっと前に廃止、閉鎖、停止、見切りをつける必要があるからです。また、すべての国は、すでに設置されている化石燃料インフラ(既存の油井や古い石炭火力発電所など)を、たとえそれが収益性があり、人々が生活の糧に依存しているとしても、非常に迅速に廃止しなければなりません。このような廃止プロセスは、政治的にも経済的にも費用がかかり、混乱をもたらし、特に貧困層や経済的な不安を抱えた人々にとっては厳しいものとなるでしょう。

急速な移行を目指した世界では、これらは対処可能な課題となるでしょうが、それは必要な変革の奥深さについて私たちが正直に語る世界、つまり、オーストラリアの作家でアナリストのデビッド・スプラット氏の言うとおり、私たちが「緊急モード」にある世界です。実際の否定主義や気候「楽観主義」ではないにしても、依然としてグリーンウォッシング、ソフトペダリング、小規模な漸進主義に向かう傾向がある世界は、明らかに私たちの世界ではありません。

心強い可能性は現実のものですから、誤解しないでください。

グリーンテクノロジー革命は、私たちが私たち自身を救い、新しい未来を築くことを実際に可能にします。しかし、私たちは依然としてほぼ不可能に近い戦略的課題に直面していますが、その多くの中心にあるのは正義です。勇気ある選択が必要になるでしょうが、それを避けようとする政治運動は、いざとなった時にうまく避けれないでしょう。私たちの子供たちの年代のうちにそうなるでしょう。

世界的な採掘の段階的廃止

化石燃料消費を十分に迅速に段階的に廃止することは非常に困難です。しかし、化石燃料の採掘生産となると、さらに困難になります。採掘、掘削、水圧破砕を考えてみましょう。

米国やノルウェーのような富裕国は、石油やガスの採掘に多額の投資を行っています。南アフリカやインドのような貧困の多い発展途上国は石炭に多額の投資を行っていますが、コンゴ民主共和国は公共サービスを提供するために石油収入に大きく依存しています。COP28の主催国であるアラブ首長国連邦のような湾岸石油輸出国は、石油を産出する前は発展途上国でした。今日、UAEは、たとえば米国やドイツのように「発展」国ではないかもしれませんが、それでも、急速な石油の放棄によって起こるであろう経済発展に伴う混乱を和らげる資金と資源を備えた裕福で能力の高い国です。

化石燃料の採掘と販売を停止するまでに、もっと時間が与えられるのに相応しいのはどの国でしょうか?この疑問は気候変動交渉を悩ませていますが、重要な意味で、それはまったく正しい問いではありません。もっと大きな真実は、化石エネルギーのパイプラインを世界中でできるだけ早く停止しなければならないということです。正しい疑問は、どの国が化石燃料採掘への依存から急速に脱却することを望むことができるようになる前に、財政的、政治的、技術的支援などの支援が必要かということです。

採掘国はすべて自国を弁護するでしょう。最も正当な嘆願は、化石燃料関連の収入と生計に大きく依存している貧しい発展途上国からのものです。しかし、多くの国が自らを発展途上国と呼んでいますが、その中には他の国よりもはるかに豊かな国もあります。朗報は、アラブ首長国連邦の世界都市であるドバイによって容易に理解できるように、この混乱は解消されつつあるということです。UAEはサウジアラビアと同様、非常に裕福な湾岸石油輸出国であり、正式には「G77」発展途上国のメンバーではあるものの、まったく発展途上国ではありません。

なぜこんなことを言わなければならないのでしょうか? なぜなら、私たちは「公正で秩序ある公平な」方法で化石燃料から移行しなければならず、そのような移行は非常に困難になるからです。また、費用もかかるため、すぐに「誰が支払うのか」という問題が生じます。この問題を回避したい国は――多数の国がそうですが、それは傾向的には富裕国であり――あらゆる手段を講じて遅らせようとし、今後10年間で二酸化炭素除去に関して積極的にバラ色の予測を立てています――もしそれが本当なら完璧に遅延の可能性もあるでしょうが――それが彼らの戦略において主導的な役割を果たすのは確実なようです。

緊急事態と複雑さの上に不確実性が重なるこのような状況では、楽観主義は悲観主義と同じくらい危険です。まず、気温が1.5℃を超えた後、急速に気温を下げることができるかどうかはまったく明らかではありません。結局のところ、マルム氏の悲観論は的を射ているのかもしれません。もう1つは、私たちの状況の深刻さに正直に直面しようとするあらゆる努力は、ソフトペダル、誤った解決策、危険な誤魔化し、嘘によって際限なく妨げられることになるでしょう。どの政治家も、できる限りのあらゆる選択肢の余地を求めるでしょうが、その一方で、国際石油カルテルは、実際の地球規模の化石燃料の段階的廃止に伴う戦略的要求を義務付けたり、議論したりするすべての努力をそらそうとあらゆる機会を狙って動くでしょう。

アル・ジャバー氏は正しかった:私たちにはそのロードマップが必要です。

戦争の現実

気候変動に関する交渉は、グローバル・ノースとグローバル・サウスの間の終わりのない小競り合いが特徴であり、それはすぐには衰えることはないでしょう。結局のところ、地球は依然として過去の植民地時代の「不均一で複合的な開発」によって強固に構造化されており、グローバル・ノースの国々が依然として世界の富の大部分を抱えています。

この小競り合いにもかかわらず、化石燃料は何十年も交渉の議題から遠ざかっていましたが、COP28ではついに化石燃料の段階的廃止の課題が注目の舞台に上がりました。活動家も外交官も同様に、この課題を、気候変動交渉が目的にかなうかどうかを示すリトマス試験紙とみなしました。交渉はこの難題に挑むのでしょうか、それとも国際石油カルテルが容赦なく絶滅主義的な拡大を続ける一方、交渉は永遠に脱線し、他に気が向いたままになるのでしょうか?おそらく数年後には分かるでしょうが、ドバイ後の今は、少し慎重な楽観主義が必要かもしれません。

確かに、ドバイの誰もが気候変動の厳しい論理をより大きな地政学的危機と結びつけていたわけではありませんが、この危機は明らかに宙ぶらりんになったままでした。COP28はアラブ世界で開催されましたが、ガザはそれほど遠くないようでした。イスラエルによる爆撃の残虐行為は連日耐え難いほど続き、それを会議場での議論から完全に切り離すことはできませんでした。市民社会のサークル内では痛みが深刻でした。デモが行われ、注目を集めましたが、COPの警備体制によって疎外されました。重要なのは、抗議活動の精神が広範なものであったことでした。特に爆撃は、地元の憎しみから孤立した結果ではありませんでしたが、より大きな力が働いていました。気候変動に対する責任についてのすべての話し合いを拒否した米国は、関与しているというだけでは十分ではありませんでした。「入植者植民地主義」という言葉が何度も聞かれました。ガザでの戦争、そして一般的に戦争は遠い抽象的なものではありませんでした。

COPは単なる気候会議ではありません。この会議は炭素予算やエネルギーシステムの変革に限定されません。例えば、国際的な債務救済は現在、根本的に新しい地球規模の金融アーキテクチャの必要性と同様に、最重要課題となっています。現在年間2兆ドルを超えている軍事予算は一般的な比較のポイントであり、私たちが日常的に大規模な暴力に助成金を与えていることを指摘しています。気候の問題は歴史の問題であり、歴史は突然非常に大きな問題になります。フィナンシャル・タイムズ紙が指摘したように:

戦争が世界中で急増しているという事例証拠は、数字によって裏付けられている。国際戦略研究所による最近の報告書では、世界中で183件の紛争が進行中であることが記録されており、その数は過去30年以上で最高となっている。そしてその数字はガザでの戦争が勃発する前に達成されていた。

世界秩序のほころびは、明らかに気候変動への協力に対する脅威です。これを超えて、そして気候変動問題は簡単な介入に屈するだろうという薄れつつある幻想を超えて、私たちはまだその容赦のないスプロール現象を受け入れ始めたばかりです。強力な協力を可能にする政治経済的転換がなければ、気候が安定する可能性はほとんどありませんが、そのような転換は安価かつ簡単に実現するものではなく、単なる事例証拠はそれを引き起こすのに役立ちません。気候の安定化の謎が、開発の謎、そして平和の謎でもあるとき、どのようにして彼らはそれをできるのでしょうか?

ガザ攻撃は現在、国際司法裁判所の議題となっていますが、気候変動訴訟やその他あらゆる種類の醜行で混雑した訴訟の処理予定表に加わっています。また、これらすべてを完全にグローバル・ノースのせいにすることもできません。ガザの200万人が現在、そして当然のことながら注目を集めていますが、恐ろしい反イスラム暴力の巨大な波によって殺害され、追放されたさらに200万人のミャンマーのロヒンギャのことを考えてください。グローバル・サウスのエリートたちも無罪ではないのです。

そして、ロシアのウクライナ戦争を忘れてはなりません。この戦争は、即座に殺人的な結果をもたらしただけでなく、気候変動対策などの集団行動に反対する世界的右派のキャンペーンにおける画期的事件でもあります。カーボンニュートラルを求めるロシアの活動家キャンペーンにとって、これは確かに大きな後退となりました。

結果を操作する

COP28の第2週目、ハイサム・アルガイスOPEC事務局長がOPEC加盟13カ国に送った書簡の漏洩により、交渉は混乱に陥りました。書簡は「化石燃料に対する圧力が転換点に達し、取り返しのつかない結果をもたらす可能性がある」と警告し、OPEC加盟国は「排出量ではなくエネルギー、つまり化石燃料を対象とする文書や公式を積極的に拒否しなければならない」と主張しました。

これは孤立した動きではありませんでした。報告によれば、強い圧力がかけられ、さらにはサウジアラビアが交渉を立ち去ったことさえありました。市民社会の気候変動戦略家を長年務め、現在はドイツ外務省の特使を務めるジェニファー・モーガン氏は、OPECが「少々パニック」に陥っているのではないかとまで推測しました。そうであったなら、パニックはすぐに消えました。COP28終了後、サウジは、化石燃料からの移行に関するドバイ合意は完全に任意であり、「アラカルトメニュー」のいくつかの「選択肢」の1つにすぎないと主張しました

まず第一に、OPECカルテル、そしてより一般的には国際石油カルテルは、移行または段階的削減/廃止フレーム (この2つは本質的に同等です)が定着するのを防ぎたいと考えており、その代わりに「排出」(の「回収」が可能だと言われています)が本当の問題であると主張しています。これはグリーンウォッシング戦略であり、その擁護者はエネルギー正義への繰り返しの言及を含め、利用可能なすべての議論をそのために利用するでしょう。例えばアル・ガイス氏は、「私たちの目標は、エネルギー安全保障と手頃な価格のエネルギーへの普遍的なアクセスを確保しながら、パリ協定の中核目標である排出量を削減することでなければならない」と説明します

さらに、OPECには化石燃料採掘を削減するつもりはありません。これは変わる可能性があります(希望を持つことは必要です)が、グローバル・ノース諸国の大国がすでに主導権を握り、独自の化石燃料採掘の段階的廃止を始めない限り、変わる可能性はまったくありません。だからこそ、一連の新規LNG輸出ターミナルを精査し、願わくば拒否するというバイデン政権の決定が、反撃を乗り切った場合、真の転換点となる可能性があります。結局のところ、会議は粗末なものであり、ある国の代表団が(米国の代表団と同様に)COP28で段階的削減/廃止を支持したからといって、その国の意思決定者が最後までやり遂げる準備ができており、実行できるというわけではありません。COP では、カーボンブリーフの2023年の12月の図にはっきりと示されているように、それらの国の多くは明らかにそうではありませんでした:


一部の国、あるいはそれらの国の中の化石大国は、米国よりもさらに大きな増産を計画しています。これらのうちの一部(インドとナイジェリア)は明らかに発展途上国ですが、一部(カナダ、ロシア、サウジアラビア)はそうではありません。化石資源の豊富な国のほとんどは、その歴史がグローバル・ノースであろうとグローバル・サウスであろうと、依然として石炭、石油、ガス資源を可能な限り長く搾取することを計画していますが、励みになることに、中国がチャートの一番下であることは留意する必要があります。結局のところ、その複雑さにもかかわらず、厳しい状況です。

同時に、気候変動の報いが到来しており、私たちはどこでも富裕層と貧困層に分断されていることがわかります。その結果、グローバル・サウスの国々は、開発上の正義の基本的なレベルに対して説得力のある訴えを続けることができ、たとえこれらの訴えが化石投資継続のPRに呑み込まれたとしても、簡単に却下されることはできないでしょう。グローバル・サウスのエネルギー貧困は、実行可能な開発の道への差し迫った必要性とその権利と同様に、致命的な現実であり、今日の世界システムがその道中にばらまく障害物も同様です。

前進する

成功するには、化石燃料の段階的廃止ロードマップが合理的に詳細に定められ、適切な資金が提供される必要があります。同時に、低炭素エネルギーシステムの開発と構築を大幅に強化する必要があります。実際には、このロードマップには、政府の計画立案者と政治組織者の両方に役立つように十分に詳細に記載された、国ごとに異なる石炭、石油、ガス採掘の段階的廃止の時間枠と、それらをサポートできる資金調達戦略が含まれる必要があります。

緊急事態を考慮すると、これらの段階的廃止の期限は、2050年頃までに排出量を実質ゼロにするという目標に見合った非常に困難なものになるでしょう。私たちはこれについて現実的になる必要がありますが、私たちが追求しているのは従来の現実主義ではありません。伝統的な現実主義によれば、必要な時間粋は達成不可能であることがわかります。その主な理由は、各国が常に「国益」を重視しており、それはゆっくりとしか変えることができないからです。一方、気候リアリズムは、現代の政治ではなく、変わることのない必要な脱炭素化のペースであり、気候安定化の問題は集団行動の問題の解決策として見なされなければならない、と教えてくれます。そこでは、国益は急速に変化します。

集団行動の問題、つまりコモンズの問題は、正義と特別な関係があります。したがって、「公正で秩序ある公平な」の「秩序ある」の部分が最終的に何を意味するのかは分かりませんが、気候変動を成功させるには正義と公平性が鍵となると確信しています。

しかし、それはどのような正義なのでしょうか?そしてそれはどのような形を取らなければならないのでしょうか?これらの疑問は、私たちをアル・ジャバー氏のロードマップ、つまり「持続可能な社会経済的発展を可能にする化石燃料の段階的廃止」に連れ戻すものです。大変な問題ですが、多くの人が取り組んでいます。まず、化石燃料不拡散条約の取り組みを見てみましょう。または、ダン・カルバリー氏とケビン・アンダーソン氏が2022年に発表したティンデル・センターの報告書「パリ準拠炭素予算内での化石燃料生産経路の段階的廃止」。または、G77の主要交渉官ヴィンセント・ユー氏が第三世界ネットワーク向けに書いた報告書「石油依存からの経済多角化」。あるいは、私が緊密に協力している国際共同団体であるCivil Society Equity Reviewの完全に情報を開示する多くの報告書です。これについての話し合いはまだ初期段階にありますが、良いアイデアがたくさん浮かんでいます。

一方、「経済の多様化」や「発展途上国」などの用語を使用する場合は、慎重に使用しましょう。ここでの課題には、さまざまな種類の国やさまざまな状況の間の「差異化」が含まれますが、決して簡単ではありません。明らかな例は、サウジアラビアやUAEなどの湾岸石油輸出国です。これらはある意味発展途上国かもしれませんが、ケニアやインドなどの他の発展途上国には絶対にない方法で、化石燃料採掘を段階的に廃止する中で経済を多角化するための資金を持っています。中国のような先進国と発展途上国が混在する国を考慮したり、国内の不平等を適切に考慮したりすると、より困難なケースが発生します。たとえば、サウジアラビアは伝統的に発展途上国であり、米国は世界で最も裕福な国であると考えられていますが、どちらも富裕層と貧困層に残酷に分断されています。ともかくも、これは重要なはずです。

結局のところ、最大の差異化問題は依然として、グローバル・ノースとグローバル・サウスの間の問題です。ここでの課題は、日常的に認識されていないにしても、現在では広く知られています。COP28の決定が下された直後、現在バルバドスの気候変動特使を務めるアビナシュ・ペルソー氏はドバイで、「一部の活動家は、我々が化石燃料の即時廃止を約束しなかったことに失望している。それでも、それを達成するための貿易、投資、金融がなければ、発展途上国に最も大きな打撃を与えるか、無意味になっていただろう」と指摘しています

急速な気候変動をサポートできる世界的な金融アーキテクチャの必要性という金融の課題が中心となるにつれて、これらの点に対処する必要があります。そこで私は、新しい報告書「化石燃料採掘の公平な段階的廃止:石炭、石油、ガスの迅速かつ公正かつ世界的な段階的廃止のための参照枠組みに向けて」を紹介します。この暫定版はCOP28で市民社会公平性レビューの採掘公平性作業部会によって発表されました。

この報告書をここで要約することはできません – 優れた要旨は記載されていますが、そのサブタイトルに「参照枠組みに向けて」という言葉が含まれている理由を説明したいと思います。基本的にその説明は、詳細な気候移行ロードマップはまだ不可能だということです。したがって、「化石燃料採掘の公平な段階的廃止」は、今後数年間に講じることができる措置を判断し、少なくともそれが現実的なチャンスを得るのに十分公平かつ野心的であるかどうかを示すための枠組みを提案しています。この目的のために、すべての主要な化石燃料生産国の石炭、石油、ガスの段階的廃止日の計算に重点を置いています。ここに石油の日付けの散布図があります;右または左にスクロールして石炭とガスを表示し、これらの段階的廃止を支援するために必要な年間国際財政の最低レベルの推定についても調べてください。

この最低額は年間「数千億ドル」に相当します。

「化石燃料採掘の公平な段階的廃止」では、温暖化を1.5℃に制限するのであれば、すべての国が新たな化石燃料採掘インフラの構築を直ちに中止しなければならないと主張しています。さらに、米国、英国、オーストラリア、ノルウェー、ドイツ、カナダなど、経済全体の化石採掘への依存度が低い裕福な化石燃料生産国は、2031年までにすべての化石燃料採掘を段階的に廃止しなければならないと同時に、経済的に化石燃料の収入と雇用に依存している貧困国に多大な財政的支援を提供しなければなりません。そのような貧困国には2050年までの猶予が与えられていますが、それらの国々ももっと早くに事態を収束させる必要があります。

このすべてにおいて、決して忘れてはいけない重要点が1つあります。これらの日付の「非現実的」な性質は、公正な段階的廃止をモデル化しようとする公平性側のロジックの結果ではなく、むしろ、ほぼ使い尽くされた地球の1.5℃排出量予算によって課せられる容赦ない制約に由来しています。これらの期限を、たとえば2060年や2070年に延期するには、気温の目標を弱めるか、地球工学者たちが絶えずそうするように勧めるでしょうが、何ギガトンもの二酸化炭素が近いうちに、手頃な価格で安全に気候システムから抽出され、「隔離」されると想定する必要があります。

現場に戻る

ドバイ後、左派の論評の多くは、あたかもそのような外交上の言葉遣いが単に内容を乏しくするだけであるかのように、あたかも無意味な交渉の核心において妥協した真実を明らかにしたかのように、「段階的廃止」が「移行」に置き換えられた終盤の交渉を批判することに集中しました。交渉に埋め込まれた活動家たちの感覚は異なっていました。彼らはドバイが「必要なシグナルを送った」という点でおおむね同意しました。あらゆる状況にもかかわらず、世界の政府は化石燃料経済を廃止しなければならないと決定しました。

ビル・マッキベン氏は、この意見の相違について、「移行」という言葉が「今後あらゆる議論、特に化石燃料エネルギーのさらなる拡大に関する議論につきまとうだろう」と主張し、最後の言葉を残しました。一言で言えば、外交官がツールを作り出したのであり、それを使いこなすのは私たち全員の責任だ、と彼は主張しました

もちろんドバイの決定には限界があります。しかし、その本当の弱点は、外交上の文言の細かい点よりも、抜け穴や省略に関係しています。そして、その欠落の最大のものは財政的なものであり、段階的廃止の資金をどのように賄うかについて合意が得られていません。現在、化石燃料不拡散条約イニシアティブのグローバル・エンゲージメント・ディレクターを務めるハージート・シン氏は、全体像を簡潔かつ的確に述べています

石炭、石油、ガスから脱却するという長い間懸案だった方向性が固まりました。しかし、この決議案は化石燃料産業に実証されていない不安全な技術に依存する多数の逃げ道を提供する抜け穴によって台無しにされています。富裕国、特に米国は、グリーントランジションについて口先だけで応じながら、化石燃料事業の大規模な拡大を続けており、その偽善が露呈しています。発展途上国は、依然としてエネルギー、収入、雇用を化石燃料に依存しており、再生可能エネルギーへの緊急かつ公平な移行において適切な財政支援に対する確固たる保証がないまま放置されています。COP28は、気候変動への取り組みに莫大な財政的不足があることを認識しましたが、最終的な成果は、残念なことに富裕国に財政的責任を履行させるには及ばず、その義務は未だに履行されていないままで数千億ドルに上ります。

ハージート氏は「数千億」という数字に言及する際には外交的ですが、この数字は化石燃料採掘の公平な段階的廃止に関する報告書で使われた数字と同じです。少なくとも市民社会の研究者や活動家が、行動に移すのに十分な大きさですが、現実的であると見なすのに十分小さい財政指標を主張したい場合には、これが最近の選択の定式化であるようです。

この規模の数字は公的資金、つまり補助金や補助金相当額を指しており、最近では数兆ドルという数字に達していますが、これらは一般に「投資」として枠付けされた民間資金であることを理解することが重要です。ドバイのハイレベル首脳宣言では、「2030年までに世界経済のグリーン化に年間5~7兆ドルを投資する」機会について言及されています。

エリートは公的資金公約よりも民間金融公約を履行する可能性がはるかに高いのです。彼らは投資のやり方を知っています。しかし、「投資」と「保険」、「融資」と「援助」によって定義される未来は、深刻な脱炭素化さえも適切に考慮した未来である可能性は低く、ましてや気候に制約された世界における開発の課題、ましてや人間中心の適応と、倫理的に擁護可能な損失および損害への対応および回復システムのことは言うまでもありません。つまり、私たちが包括的な気候変動資金の打開策を勝ち取らない限り、「公正で秩序ある公平な」移行へのすべての希望は見捨てられ、短期的な新自由主義的便宜が支持され、私たちが実際に必要とする地球規模での公正な移行を実現する可能性は低いということです。

ここでの課題は、グローバル・ノースの歴史的責任から、現在グローバル・サウスを苦しめている債務危機、グローバル・ノースとサウス両方で猛威を振るう不平等危機に至るまで、あらゆるものを網羅しています。民主主義の危機や、目前に迫った大規模な再建に伴う際限のない技術経済的複雑さは言うまでもありません。今はこのすべてをとりあえず脇においておいてください。しかし、次の国際的な闘いは資金をめぐって行われることを知っておいてください。

いよいよその時が来ました。


Original source: Foreign Policy In Focus

Image credit: Some rights reserved by Friends of the Earth International, flickr creative commons

Filed under: