• English
  • 日本語
  • France
  • Deutschland
  • Italy
  • España
  • Slovenia

何十億人もの人々がきれいな飲み水を入手できないという道徳的失敗

Guest content
2021年3月23日

国連が世界水の日を記念する中、第75回国連総会議長のヴォルカン・ボズキル氏は、この最も基本的なニーズをすべての人に提供することの道徳的失敗を強調しました。


水は持続可能な開発に不可欠ですが、私たちは自ら設定した目標に大きく遅れています。

現在の推定によると:
− 世界人口のほぼ3分の1に相当する約22億人が、依然として安全に管理された飲料水へのアクセスを欠いている;
– 地球人口の半分以上である42億人が、安全に管理された衛生設備なしで暮らしている;
– 20億人が自分たち専用のまともなトイレを持っていない;
− そして、世界的なパンデミックの真っ只中であっても、30億人が基本的な手洗い設備を欠いている。

率直に言えば、私たちがこれほど高いレベルの技術革新と成功を収めた世界に住んでいるのにもかかわらず、清潔な飲み水や基本的な手を洗うための道具を持たない何十億人もの人々の存在を許し続けているのは道徳的失敗です。そして、間違いなく、これは私たち全員に広範な影響を与える世界的な失敗です。

私たちは次のことを覚えておく必要があります:
– 水は命です。この最も基本的な人間のニーズを奪われたら、私たちはこの地球上で生きていくことはできませんし、もちろん健康的に生きていくこともできません。私たちの農業システム全体、つまり私たちが消費するすべての食料は水の供給に依存しています。同じことが地球上の他のすべての生命にも当てはまります。あらゆる生態系、あらゆる種は水に依存しています。
– 水は持続可能性です。安全な飲料水システムと適切な衛生設備は、都市や町が持続的に発展するために不可欠です。これらの中核となるサービスとニーズが満たされなければ、教育、医療、仕事と生計を提供する私たちの能力は損なわれてしまいます。
– そして水はエンパワーメントです。

私たちは水の供給、管理、保護における女性の中心的な役割を認識していますが、この中心原則の実施は依然として十分とは言えません。

世界中の女性や少女にとって、水汲みのために歩く毎日の長い距離は、教育、医療、仕事へのアクセスの妨げになる可能性があります。人々が抑制されているとき、私たちは人々に力を与えることも、立ち上がらせることもできません。

持続可能な開発目標6(SDG6)を達成し、すべての人に水と衛生を保証することは、全面的な勝利です。水は経済財であると同時に、他のSDGのそれぞれの前進を促進するSDG促進剤でもあります。

このため、私たちは新型コロナウイルス感染症からの回復を国際行動の10年「持続可能な開発のための水」の転換点と捉え、持続可能かつ統合的な水管理に再び注力しなければなりません。

水や衛生設備の不足が世界中の人々に影響を与えている例は何十も挙げることができますが、最も明白で最も話題になっているのは、進行中の新型コロナウイルス感染症のパンデミックです。

何十億もの人々が基本的な手洗い設備なしでこのパンデミックに直面しなければならなかったという事実と、一部の後発開発途上国(LDC)の医療提供者に水道がないという事実は、特に私たちがこれほど豊かでこれほど奥深いイノベーションの世界に住んでいるとき、その状況に甘んじることは不可能です。

世界的な不平等のこの明らかな例は、私たちを行動に駆り立てることが可能であるし、そうでなければなりません。

過去に戻って起こったことを変えることはできませんが、私たちは自分たちの失敗を認め、この機会を利用して、危機の拡大を許したシステム上の格差を根絶しなければなりません。次に世界的なパンデミックや危機が発生し、それが起こるとわかっているとき、今行動しなかったという言い訳はできません。

SDG6を達成し、すべての人に水と衛生を保証することは、全面的な勝利です。水は経済財であると同時に、他のSDGのそれぞれの前進を促進するSDG促進剤でもあります。

このため、私たちは新型コロナウイルス感染症からの回復を国際行動の10年「持続可能な開発のための水」の転換点と捉え、持続可能かつ統合的な水管理に再び注力しなければなりません。

ここで概説したすべてを考慮すると、今日の私たちの議論と声明は、世界の人々に貢献する具体的な行動に焦点を当てなければなりません。

私が進展を期待している多くの分野の中でも、SDG6グローバル・アクセラレーション・フレームワークへの支援は、新型コロナウイルスへの対応と回復に重点を置き、大規模かつ迅速な成果をもたらすことを約束しています。

この枠組みや同様の他の取り組みは、国レベルでの進展を加速させるための明確な道筋を提供していますが、依然として資金が大幅に不足しています。 実際のところ、OECDは、2030年までに5,000億ドル規模の水インフラへの投資が不可欠であると指摘しています。

このため、私は国際社会に対し、特に新型コロナウイルス感染症からの回復のための支援を通じて、水と衛生関連の活動に財政的および能力構築の支援をさらに提供するよう求めます。

その際、特別な状況にある国々、特にLDC、LLDC、SIDSを考慮し優先すること、また水不足の矢面に立たされている人々、特に女性と女児を支援するためにあらゆる努力を払うことを求めます。

最後に、私たちは国際社会として、水関連の目標や活動を強化するために、市民社会団体や若者と緊密に連携するよう求めます。

若者や地元の団体は、現場に耳を傾け、機敏な行動力を持って、新しいテクノロジーやアプローチを最初に導入することがよくあります。私たちはこのツールを活用し、このプロセスにおいてすべての人々に力を与えなければなりません。

政府だけで2030アジェンダを達成することはできず、すべてのSDGsの達成には利害関係者の強力な関与が不可欠です。したがって、市民社会から学界、民間部門に至るまで、さまざまなセクターの利害関係者が関連イベントでの議論に十分に参加できるようにすることが重要です。

この目的のために、私はパネルディスカッションの特別な部分を「CSOスポットライト」と名付け、できるだけ多くの関係者に懸念、ビジョン、計画、成功と教訓、そして行動の呼びかけを声に出す機会を与えるようにしました。

最後に、今日の議論はボトルに入った液体だけについての話ではないことを強調させてください。その存在の有無はそれ以上の意味を持ちます。

それは尊厳に関することです。
それは機会に関することです。
それは私たちの健康と生存能力に関することです。
そしてそれは平等に関することなのです。


3月18日に開催された2030アジェンダの水関連目標の実施に関するハイレベル会合における第75回国連総会のヴォルカン・ボズキル議長による演説。

Original source: Inter Press Service

Image credit: UNDP