• English
  • 日本語
  • France
  • Deutschland
  • Italy
  • España
  • Slovenia

今注目の「フットプリント正義」と「フェア・アース・シェア」

Guest content
2021年1月27日

「フットプリント正義」のキャンペーンは、国連加盟国に「フェア・アース・シェア」を人権として定めることの法的意味を調査することを呼びかけることによって、勢いを増しています。ダッチ・プラットフォーム・フェアとグリーン・エコノミーのヤン・ジャフェーマンズが、最近の進展について説明します。


さまざまな計算や報告から、先進国は地球を不均衡な割合で使用しており、大きな社会的および生態学的問題を引き起こしていることがわかっています。これはすでに植民地時代に始まり、国際貿易の成長によりますます手に負えなくなってきました。長い間、原材料が使用されていました:地球の人口の20%、特に先進国が、年間で取引される(化石)エネルギー、土地、原材料の約80~85%を使用しています。

気候正義

エネルギー消費量には国によって大きな違いがあるため、「気候正義」という言葉が使用されています。したがって、化石エネルギーの多くを消費している国、特に、長年にわたって消費している国は、気候変動の最大の原因であることから、気候変動と効果的に戦い、より貧しい国々を可能な限り支援するという最大の責任を負っています。これは、国連気候変動交渉でも認められていることです。

フットプリント正義

原材料と農地の使用に違いはありません。ここでも、富裕国が無責任に世界の土地や資源を奪っています。多くの人には、ほとんど何も残されておらず、それは貧困を意味します。この容認できない状況に対して、ほとんど何もなされていません。それを非難するために、私は数年前に「フットプリント正義」という言葉を使い始め、それについて私が書いたエッセイが、米国のResilienceのサイトで発表されました。

グローバル・フットプリント

建設的な立場をとるために、「フェア・アース・シェアは現在および将来の世代のための人権である」という出発点が考案されました。興味深いのは、これが今日定量化できることです。「エコロジカル・フットプリント」モデルを使用して、グローバル・フットプリント・ネットワークは、2年ごとにすべての国の平均グローバル・フットプリントを計算します。同じモデルで計算されたこれらのフットプリントを比較すると、国間の不平等な分布の科学的数値が得られます。このプロジェクトは、プラットフォーム・フェアとグリーン・エコノミーの支援を受けてさらに発展しています。その意図は、「フェア・アース・シェア」への権利が最終的に国際法に定められるようにすることです。すでに実行されている最も重要なステップが記載された、より詳細なPDF icon 説明ドキュメントをご覧ください。

支持声明

さまざまな人や組織とのコンタクトが確立されており、ハーグの国際司法裁判所に「勧告的意見」を要求する計画が立てられています。このプロジェクトは現在、この声明を国連の議題に入れたいと考えているいくつかの国、できれば富裕国と国民所得の低い国が求められているという段階に達しています。そこから、すべての国が国際司法裁判所でこの事柄について裁定することが許可され、その後、裁判官による判決が下されます。このために重要なのは、ハンス・オプショー教授、ヤン・プロンク教授、ニコ・スライヴァー教授が共同で出した支持声明です。

ウェルビーイング・エコノミー政府

前述の声明は、スコットランド、アイスランド、ニュージーランド、ウェールズ、フィンランドのような、経済に関する新しいビジョンを持ち、ウェルビーイング・エコノミー政府(WEGo)として協力し始めた国を探しています。キャサリン・トレベックは、ウェルビーイング・エコノミー・アライアンスの創始者の1人であり、物質的な繁栄だけでなくウェルビーイングに焦点を当てたこの新しい経済哲学の創始者です。したがって、これらの国々は、国内総生産よりも重要であると彼らが考える新しい指標を優先しています。WEGoは、前述の「勧告的意見」(以下を参考)に申請するために主導権を握りたいかどうかを尋ねられています。

ヤン・ジャフェーマンズは、ダッチ・フットプリント・ワーキング・グループとプラットフォーム・フェアおよびグリーン・エコノミーでオランダ国内にて活動中。Boxtel、2021年1月22日。

Original source: Platform DSE.


フェア・アース・シェアは現在および将来の世代のための人権である

構造的な権利と繁栄する権利をすべての人に

アムステルダム / グラスゴー、2020年12月

過去40年間で多くの人々の福利と健康が増し、収入が極端に増加した人もいますが、他の多くの人々の生活水準は改善されていないだけでなく、場合によっては悪化さえしています。新しいアプローチの時が来ました!

国連世界人権宣言(第25条)によると、誰もが「食料、衣類、住居、医療、社会福祉を含む、適切な生活水準」を得る権利を持っています。 しかし、これまで、この権利をどのように実現できるかについての実際的な言及はありません。 新しいアプローチは新しい可能性を生み出すでしょうか?

新しいアプローチ

国連宣言は、地域的人権法(欧州人権規約など)にも定められているすべての人の生存権を保護しています。この生存権は、すべての人が地球の天然資源と環境質にアクセスする人権につながります。

現在および将来の世代にこれらの資源を持続可能かつ安全に提供するための地球システムの固有の限界を考えると、公平な地球の分かち合いへの人権を定量的に説明し、国際的に合意された人権の言葉で記録する方法を検討することが重要です。

利用可能なエコスペースの定量化

ケイト・ラワースによるドーナツモデル(2017)は、安全なエコスペースを上限とし、開発の社会的利益の公平な分かち合いを下限として、人類の持続可能で公正な開発のためのスペースについて説明しています。このスペースは、将来の世代のために相当量のリソースを残すように計算されます。

グローバル・エコロジカル・フットプリント(1996)のモデルにより、大陸、国、都市、および人の間のグローバル・エコスペースへの現在のすべての要求の定量的な科学的比較を行うことができます。「安全なプラネタリー・バウンダリー」(2009年)の概念を通じて、利用可能な安全なエコスペースを計算することができます。

これらの方法論に従って、公平な地球の分かち合いに向けて次のステップを踏み出すことができます。私たちは、公平な地球の分かち合いに対する権利が国際的に合意された人権法に記録されることを望んでいます。

勧告的意見

このプロセスを開始するために、私たちは国連加盟国に、ハーグの国際司法裁判所によるこの課題に関する「勧告的意見」を国連総会(UNGA)に要請することを求めています。要請は、二カ国以上の高所得国と低所得国の組み合わせによって行われることが望ましいとされます。

国際司法裁判所が「フェア・アース・シェアは人権である」という提案で「勧告的意見」を開始すると、国連のすべての加盟国が彼らの反応を示すように求められます。すべての反応に基づいて、公式の「意見」が策定されます。

あなたへの私たちの要求

この新しいアプローチへのあなたの支援をお願いし、ウェルビーイング・エコノミー政府の一カ国以上のメンバーとともに、この勧告的意見の要請をUNGAの議題項目にするための主導権を握っていただきたいと思います。不明な点がありましたら、以下のアドレスにご連絡ください。詳細をお知らせします。

アムステルダム/グラスゴー、2020年12月

詳しくは: 

ダッチ・プラットフォーム・フェアとグリーン・エコノミー(2006年以降 - www.platformDSE.org

プラットフォーム・フェアとグリーン・エコノミーは、ウェルビーイング・エコノミー・アライアンスのメンバーである。このプロジェクトの現在の状況についての詳細はこちらを参照のこと。

オランダの主要な科学者ハンス・オプショー、ヤン・プロンク、ニコ・スライヴァーによるフットプリント正義に対する最近の支持声明をここを参照のこと。

ヤン・ジャフェーマンズによるフットプリント正義に関するエッセイが、2020年6月にResilienceから発表され 

参考文献:

Opschoor J.B. (1995). "Ecospace and the Fall and Rise of Throughput Intensity", Ecological Economics Vol. 15 (1995) No. 2: 137-141.

Raworth, K. 2017. Why it's time for Doughnut Economics, IPPR Progressive Review, Vol. 24, issue 2:216-222.

Rockström, J. et al 2009. A safe operating space for humanity. Nature 461, 472-475.

Wackernagel, M. and W. Rees, 1996. Our ecological footprint: reducing human impact on the Earth. New Society Publ., Philadelphia. See also: https://www.footprintnetwork.org


Image credit: Drupa