• English
  • 日本語
  • France
  • Deutschland
  • Italy
  • España
  • Slovenia

信条、イデオロギー、「主義」についての講話

Mohammed Sofiane Mesbahi
2014年7月18日

人類の苦しみは非常に古く、あなたの魂は
そのすべてを目撃してきました。右派に投票し、  
左派に投票し、中道派に投票し、あなたは自分の

魂から人類の一体性のビジョンを奪い取るまで
すべての転生を通して投票します。

一度は、自分自身に投票してみませんか -  
愛に投票し、あなたの魂の存在と目的に投票し、 

生きとし生けるものの大使となるのです…
なぜなら、愛すべき人類は、あなたが神の愛と
呼ぶかもしれない、生命そのものの愛を
浴びているからです。 

* * *


人類の問題は絶頂に達しているため、すべての国の内外で政府が分かち合いの原理を実現することは今次の点で極めて重要です。第一に、鬱病のレベルが現在世界中で流行の割合に達していますが、経済的困難と社会的崩壊によって広く抑圧されているすべての人に固有の喜びと創造性を解放するためにそれは重要です。第二に、生き残るための適切な手段なしに生活し、日々貧困と病気で不必要に死んでいる何百万人もの男女子供にとってそれは文字通りの意味で重要です。そして第三に、社会を変革するために必要な時間が急速に無くなりつつあることから、私たちが環境の破局を回避する可能性を得るためには、分かち合いの原理を世界経済政策に融合する必要があります。地球自体が病んでおり、非常事態の危機的な状態にあり、必要な癒しと救済を提供できるのは分かち合いだけなのです。

しかし、これらすべての点で、私たちは苦境に立たされています。なぜなら、分かち合いが実際に私たちの問題の解決策であり、私たちの最後に残された希望だという集合的な理解である決定的な要素が欠落しているからです。分かち合いが唯一の解決策であるという包括的な公衆の認識がなければ、この疎かにされた原理を世界情勢に実現することは不可能です。従って、次の疑問が生じます:この認識をどのようにもたらすことができるのでしょうか。莫大な数の一般の人々が世界情勢の緊急性を認識し、社会に携わり、皆で結束するという共通の責任を私たち全員が共有しているのだということを理解するにはどうすればよいのでしょうか。

これは、現代社会に特有の自己満足と、将来の出来事の展開を予測不可能にする人類の自由意志を考えると、答えを出すのが非常に難しい問題です。私たちの以前の考察で論議したように、今日の世界で最大の危険は、商業化自体ではなく、私たちの叡知が自然と霊的進化とは反対の方向に導かれるその内外の現れへの絶え間ない自己投影です。[1] したがって、私たちの自己満足的な無頓着さと無関心は、極度に貧しく飢えた人々の真っ只中で私たちの人格を下劣な驚異へと象ります。実に、私たちの気まぐれなパーソナリティは、母なる地球の重荷となり、さらには人間の魂の重荷となってしまったのです。人間の自由意志がそれ自体の運命を決定するままに任せ、自然界のすべての王国の不変の法則の中で、進化の穏やかな勢力が自然な経過を静かに辿るにつれ、遠方から人類は自己満足的な無頓着さと無関心を食む群れのように見えるに違いありません。すなわち、それは万人の人生の痛み、不可避の悲しみ、そして私たちが住むこの不運な惑星の時間と空間を通しての遅いプログレスを意味します。

*

私たちはすでに、商業化の悪意のある巧妙さと微妙さ、そして個人的にも集団的にも私たちの自己満足的な無頓着さに密接に関連するその欺瞞的で捉えどころのない性質を探求しました。[2] 商業化は比喩的な意味で、そしていくつかの謎の理由で私たちの自己満足的な無頓着さと結婚したと言えるかもしれません。それは、遠方の国々で貧困の結果として人が亡くなっていることを耳にしても、私たちが無関心で居続けるよう成らしめます。したがって、分かち合いの原理がなぜ社会でそれほど見過ごされているのかという理由の探求の中心となるのは、私たちの意識に強力で開放的な効果をもたらす可能性のある、自己満足的な無頓着さと認識の間に存在する関係を理解することの必要性です。私たちの自己満足的な無頓着さがどのようにそれ自体を知的化し、その存在を一般化してきたのかについて私たちはまだ十分に考察していません。これは、あらゆる形態の信条、イデオロギー、および「主義」を通じてのみ達成できます。 

マインドの動きを密接に観察すると、あらゆる社会を特徴付ける多くの主義が一般の人々の条件付けに大きな役割を果たしていることがわかります。その結果、私たちは混乱し、恐怖に怯え、自己満足的で無頓着になってしまいました。ほとんどの人は本質的に他者に対して善意を表現する傾向にありますが、人類の歴史を通して、私たちは信条とイデオロギーへの自覚のない自己投影により常に方向を見失ってきました。その結果、魂がその目的を生涯果たすことができなくなるまで、混乱と恐怖が私たち全員に影を落とすのです。簡単な心理的言葉で言えば、主義は、私たちを内外から分裂させ、惑わせ、そしてハートとその知恵を蘇らせることから慈悲心を妨害するマインドの中の濃い霧または「グラマー(幻惑)」を効果的に作り出すマインドの思考形態として説明することができます。

あらゆる種類の主義は、私たちのパーソナリティに深刻な悪影響を与えることが可能です。信条への絶え間ない誤った錯覚的な自己投影を通じて、私たちのマインドの条件付けは最終的に人生の真の現実に対する霊的盲目をもたらします。そして、私たちは自己の意識的認識の拡大を制限し、国々が各々の運命に応じてより迅速に進化することを社会的レベルで集合的に阻止するのです。人類の文明の歴史は、この内なる観点から、実際には主義の歴史です。これが、私たちの存在の厄介で苦悩に満ちた真実です。なぜなら、私たちの結果的な恐怖、混乱、自己満足的な無頓着さは、大昔から常に、分裂と荒廃、そして今日の惑星規模の大混乱までをも引き起こしてきた物質と暗黒の勢力を私たちの周りに生み出させてきた危険な状態の在り方だからです。

私たちは通常主義を社会主義、仏教、グローバリズム、実在主義などの主要な政治哲学、宗教上の教義、または独特の理論や運動の観点からのみ考えます。しかし、主義が私たちの意識において、真実と現実の認識を妨げ、基本的な倫理と道徳を損なうことさえ可能な心理的要因として見なされることは滅多にありません。このため、人生のあらゆる領域で主義を表現する方法は無数にありますが;学術的アプローチはその重要性を理解する上で役にたたないでしょう。なぜなら、学者もまた、私たち全員を罠にかけた主義を永続させていることに大きな責任があるからです。さらに、心理的発達や霊的進化の観点から、主義のより深い意味と含蓄を考える学者はほとんどいません。

人類の現在の進歩段階では、私たちは二極化する思考形態の惑星規模の大混乱の中で生活し、動いています。商業化が、「達成」して現代社会でいわゆる成功者になりたいという私たちの欲求をまさに喰いものとしているように、様々な形態の主義もまた、マインドの条件付けと信条への自己投影を喰いものにしています。主義は信条への自己投影と執着のプロセスなしには存在できません。しかし、主義はまた、特に、子供が新たに形成された観念化の中で成長できるようにするという点で、自己認識の成長に潜在的に有益で健全な役割をも果たします。簡単にたとえると、主義はスペースシャトルのロケットのようなものであるべきで、地球の大気圏を離れるとき、宇宙飛行士が軌道に乗れるように廃棄されるべきです。同様に、最終的に主義を切り離さなければならない事実に気を配る良き師によって主義が子供の意識内で導かれるなら、それは子供の成長と進化を促進することができるのです。

問題は、教師や親も条件付けられ、いくつもの主義に執着し、その結果子供に混乱した信条とイデオロギーの重荷を成人してからも引きずらせていくときに生じます。やがて、その個人の初期の思考の中で特定の主義が解き放たれ、制御できなくなり、最終的には他者に自分の信条を強制することによって害を及ぼすかもしれません。すべては単なる信条から生じているのですが、私たちは信条と共に成長し、それに執着するようになり、完全にそれに自己投影するのです。誰かが私の主義や「信条に対する信条」を侮辱するなら、私は余りに腹を立て、民族的および宗教的紛争の状況下で頻繁に起こっているように、その相手と戦うか、さらには殺すことさえ決意するのです。すなわち、マインドが余りに支配的な影響力をもつようになり、自己に植え付けられた頑固で誤った思い込みを打開するのに無力なハートは暗黙に待つしかないのです。

したがって、その多様な表現における主義は、信条とイデオロギーにプログラムされ、(マインドを通じての)絶え間ない自己投影によりパーソナリティに埋め込まれた一種の生物学的コンピュータとして理解することができます。私たちが主義に自己投影する主な理由は、不信、恐怖、不確実性に満ちた世界で安心と安全を感じるためです。誰もが心理的および物理的安全を切望しており、特に、偉大な宗教的な主義は、私たちに必要な安心感と帰属意識、そして継続性と秩序を与えてくれます。子供に宗教的信条や古い伝統を授けることには保護の要素もあります。

しかし、幼い頃から結晶化した思考形態が、印象付けられやすいマインドに強引に押し付けられるとき、その子供が最終的にその信条を断ち切ることができるまで、認識と執着のない心をもってそれを正しく位置付けることはできないのです。教師や保護者の動機が何であれ、有害な主義を子供たちのマインドに伝えることによって彼らの意識的認識の成長を制御することは、人間の自由意志を侵害する目に余る行為です。たとえば、私たちの保護下にある若者を「良いクリスチャン」またはユダヤ教の熱烈な信仰者になるように強いることは、それらの宗教の何世紀にもわたる痛みをその哀れな子供のマインドに詰め込むことです。意図は良いかもしれませんが、根深い信条体系を課すことは、子供の心理的安全の必要性を歪めるだけであり、最終的には内なる自由と自己知識への道を妨げることが可能なのです。

仏教の教義や自由主義(リベラリズム)を定義する哲学的見解など主義がとるさまざまな形を私たちが理解しようと試みているのではないことを念頭に留めておくことが重要です。むしろ、私たちはこの独特の心理的現象のより深い起源を把握し、どのようにして主義の創造が社会にこのように広く遍在するようになり、最終的に私たちを感情的に損傷させ、私たちの意識の進化を妨げることを可能したのかを内部で認識しようと試みているのです。すべての家族、グループまたは集団的活動に主義が関与しています。主義の中には無害のものもありますが、特に教育、宗教、政治の分野において、権力と支配のために操作されているものもあります。誰もが1種類以上の主義を通して人生を考えます。たとえば、「人格の構築」について話すことなどは主義の一形態であり、または「私はこうなのだから」と言うことなどは神経症的表現です。ただし、主義にどっぷり浸かった社会に住む誰もが必然的に何らかの形で神経症を持っているのですが。

富や名声を切望することがまさに極度に腐敗した主義の表現であり得るように、家族自体も主義であり得ます。最終的に私たちのパーソナリティ、認識、そして自己に対するイメージに主義が入り込んでしまうほど、人生に対する間違った態度によってあらゆる側面から攻撃されている社会の中では、私たちのアイデンティティ(実態)そのものが主義なのです。「自分は選ばれた人間なんだ」と人を信じ込ます、自己中心的な惑わされた信条に私たちのパーソナリティが自己投影する時、主義が鏡に反射され私たちに戻ってくるのが見えさえします。人生に対する一般的に感情的な態度、存続するマインドの条件付け、そして内なる認識と自己知識の欠如など、多くの要因が元で、人類は文字通り主義の工場です。マインドは他人の信条を信じることによってそれ自体を条件付ける優れた能力をもっていますが、パーソナリティが社会集団の一員として受け入れられるために、どのようにマインドの条件付けをしばしば故意に引き起こすか観察するのは興味深いです。例外なく、主義が私たちの周りのいたるところに浸透しているという事実は、私たち自身がこれらの主義の中から生きていることを意味します。それは、「我考える、故に我あり」ではなくむしろ、「我信じる、故に我あり」なのです。

要するに、主義は本質的に、心理的安全性、そして意味、確実性、目的を感じることの私たちの必要性に基づいています。しかし、主義と信条の終わりなき葛藤が浸透した社会での生活の結果、根深い虚しさ、混乱感、不安感が私たちの存在の特徴であり続けます。私たちは、自分たちのアイデンティティまたは実際の存在が事実上、それ自体を主義に象っていることを観察しました。したがって、私たちの意識の中の「存在」が経験する今という瞬間もまた恐怖で満たされているのです。無数の主義と信条の支配下にある社会では、無意識のうちに、しばしば正当な理由はないのですが、人類のお気に入りの娯楽はおよそ、不安でいることと心配していることのように見えるのです。

意識的認識の下で起こる、通常は機械的なプロセスである主義への絶え間ない自己投影から引き起こされる多くの深刻な結果について私たちは探るべきです。それは、私たちが自分たちの行動が自由で、追従や模倣した信条に基づいていないと思っていても、私たちは主にマインドの条件づけの中から生き、それに基づいて行動していることを意味します。それは、私たちが物事をあるがまま見ることをせず、自分たちがあるべきだと思うようにしか見ないという意味です。主義に満ちたマインドは、そのときそのときを生きること、人生の美を形容せずに認識すること、常に測りに掛けず、比較せず、イメージを醸しださずに思考の静止を経験できることなどを含んだ、人生の現実を見ることができません。

これは、主義の条件付けのなかから私たちの人生を生きる暗黙の苦痛です:私たちは常に自分たちの条件付けの指示に従っているので、自己が真に誰であるかを知ることができません。「汝自身を知れ」とは何を意味するかさえ私たちは理解できないかもしれません。したがって、私たちは自分たちの本質と触れ合っておらず、お互いのありのままの姿を見ることもできず、そしてお互いに真の姿になることを許さないでしょう。それは、今日の多くの人々が内なる自己についての認識を持たず、しばしばその存在の静寂のなかで一人になるのを望まないことを意味します。なぜなら、「私」は条件付けられたマインドによって捉えられ、監禁されているからです。マインドは活発になるとすぐに、主義と信条の無限のサイクルに捉えられるます。そしてそれがバランスと分別を見いだし、願わくば良識を持って考え始めるようになるまで、ハートは黙っていることを強いられます。主義は騒々しく不穏で分裂的ですが、ハートは認識と沈黙を通してのみそれ自体の存在を明らかにすることができます。

個人的には、あらゆる種類の主義は、叡知、創造性、自己認識の否定につながる可能性があります。そして、より広く社会的には、主義は正しい教育の普及と善意の表現、または正しい人間関係を妨げる可能性があります。しかし、人間の歴史を通して社会に最大の被害と分裂を引き起こしたのは、支配的な主義です。偉大な政治的および宗教的イデオロギーに関連する歴史的な観点からこれは明確に理解されるかもしれませんが、共産主義や社会主義、左派やリバタリアン、アナーキスト(無政府主義者)や新保守主義者、あるいはキリスト教徒、ユダヤ教徒、イスラム教徒、ヒンズー教徒、神智学者などとしてさえ自己を定義することが心理的にどのように自己に対する暴力行為であるかを捉えることははるかに微妙です。さまざまなイデオロギーや教義の教えや信条は非難されるべきではなく、それらは私たちのマインドをより高い理解と目的に向けて集中させるのに役立つ貴重なガイドラインとして役立つかもしれません。しかし、それらのガイドラインは、人類がそのような信条体系全体への自己投影を通して他の主義に対立する主義へとそれを変えるとき、危険な程分裂的になるのです。

信条自体が危険なのではなく、間違った自己投影によって維持された信条に対する信条が唯一危険なのです。自己を無神論者と呼ぶことさえ分裂的かつ暴力的行為です。なぜなら、無神論者は神に対立する信条なくしてあり得ないからです。そして、分裂があるところには暴力もあります。実際の暴力でなければ心理的な暴力です。私が自分をクリスチャン、あなたをイスラム教徒と呼ぶなら、私たちの間に立ちはだかる分裂のなかに人間らしさは何もありません。そしてさらに悪いことに、無数の信条によって定義されただけの神の名の下に私たちは分割されているのです。

それは、次の疑問を熟考することへと私たちを導くかもしれません:過去と古代の戦争は本当に宗教に基づいたものだったのでしょうか。それとも、対立する信条への私たちの間違った自己投影の結果だったのでしょうか。世俗的な観点から、これは私たちが人類史と呼んでいるものですが、遠くから見ると、それは最も虚栄心の強い人間のドラマとして認識されるかもしれません。これが、現代社会の問題を照らし出すシェークスピアの永続的必要性を説明しています。一方、このすべての不必要な混乱と悲劇の真っ只中で、自己は生涯から生涯へとさまようパーソナリティを無力に傍観しながら、不可解な主義によって常に囚われているのです。

*

この太古の問題を内に向かって探求することで、分極化した主義と信条の大混乱の至るところで私たちが身動きできなくなっているとき、分かち合いの原理が現在ほとんどの人にとってアピールや深遠さに欠けている理由を理解するのに役立つかもしれません。たとえば、あなたが政治の分野でどの方向を向こうと、いずれかの派閥から即座に主義が授けられるでしょう。あなたが富と資源のより公平な分配をもたらそうとする政治家なら、あなたはすぐに社会主義者と呼ばれるでしょう。あなたがすべての人のために無料の教育と医療を促進させようとするなら、あなたは共産主義者だと呼ばれるかもしれません。あなたが中道的に大多数の有権者を満足させようとするなら、あなたは汚い資本主義者だと呼ばれるでしょう。非常に多くの無意味な口論と論争を通して、人類はそれ自体を疲れ果てさせていると言えるほどです。そして、うんざりする児童クラスのように振る舞っているのです。 

しかし、私たちの良識と分別に対する闘いに最も責任があるのは政治家ではありません。なぜなら、私たちは政治的主義の運動への絶え間ない自己投影によって社会的進歩から自分たち自身を妨げているからです。私たちは以前の追求で、システムを永続させることにおいて私たちを共犯者に仕立て上げるために、[3] 幾分かの尊厳と希望を提供することによって私たちの忠誠心を政治演劇舞台が吸い取るのと似た方法で、商業化がどのように私たちに幸せを提供するかを検討しました。「我々こそが人民である」または「我々こそが何が正しいか知っている」と言う人々の間の尊厳の感覚に続いて、政党、政治的革命、そして熱狂的支持者の信条に自己投影することは私たちに非常な尊厳の感覚を与えてくれます。しかし、イデオロギーが対立や衝突に基づいているとき、私たちが支持するものは偽の尊厳です。イデオロギーと対立するイデオロギーは、人類自体が敵となる主義と信条の闘いの中で最終的にそれ自体を失うでしょう。

これは確かに共産主義の基礎である原理論の場合においてそうでした。それは全人口の自由意志を侵害する道具として巧みに使われただけでなく、他の一連の原理と対立するためにも強化されました - それは旧ソビエト連邦の崩壊を当初から運命づけていました。共産主義の真の原則は、実際には決して顕現されたことがなく、社会で振動したことがあるのみです。資本主義は主義戦争で最後に勝利した現在孤独な少年です。これは主に、資本主義社会における自由意志の侵害が遥かに隠れて偏在しているためです。それは、自分たちを「資本主義者」として定義する人々の特定の所属先がないことから、大変洗練された主義です。そして、自由の女神や個人的自由の思想の影に巧妙に隠れていることをなんとかやり遂げてきました。それでもなお、資本主義や社会主義、左派や右派の観点から考える限り、それは常に社会にストレスを引き起こし、これらの言葉の存在自体が必然的に分裂とその結果としての苦しみをもたらすでしょう。

心理的および霊的な観点から、「私は社会主義者だ」または「私は反資本主義者だ」と言った途端に戦争が始まります。それは、実際の戦争でなくとも、あなたと私の間の対立の始まりであり、内なる混乱と心理的分裂の始まりです。自己を社会主義者と呼ぶこと、あるいは資本主義のイデオロギーに反対していると考えることさえが、すでに対立の根本的要素です - なぜなら、あなたは人類の本質的な霊的結束から自分自身を内面的に切り離しているからです。実際には、ある擬人化された主義が「我々はすべての人にとって何が最善かを知っている」と提案したり、それに対立する主義が「我々は社会を組織する方法についてより良いアイデアを持っている」と挑戦したりするのは馬鹿げています。このように、すべての政治的主義は、覇権のための戦いに勝つことを試みましたが、それでも必然的に失敗しました。なぜなら、私たちが主義を通じて対立に基づき世界を変えようとする限り、平和も真の社会的進歩もあり得ないからです。キリスト自身が突然現れて、人類の唯一の未来はキリスト教社会主義であると宣言したとしても、それがすべての人の最善の利益のために働くことは不可能なのです。

政治的主義は、一度パーソナリティが長期にわたってそれに自己投影するなら、その表現はますます微妙で捉えどころのないものとなり、その機能は最も独特なものとなります。政治的信条とイデオロギーへの絶え間ない自己投影から来る内なる葛藤を注意深く観察することにより、私たちはそのような主義と自分たちの自己満足的な無頓着さの間に存在する心理的関係を認識し始めることができます。二極化する主義に引き裂かれた社会での投票の行為は、実際には多くの場合、私たちの自己満足的な無頓着さの主要な表現です。類推によって、選挙運動が行われ、政治家が票を求めて街頭で遊説しているとき、その政治家をガソリンなしでは走らない車になぞらえることができます - この場合のガソリンは、私たちが投票を通じて表現する自己満足的な無頓着さを象徴します。選挙後、その車がいきなり動かなくなるか、完全に故障するかしたとき、偽りの約束を破った政治家を私たちは非難するのです - 私たちの「ガソリン」なしでこの大惨事が起こっていなかったであろうという事実にもかかわらず。それは良い車であると私たちはその政治家を信じました。従って、私たちは「信条を信じた」のであり、そして政治家にその車で好き勝手するための白紙委任を与えたのです。ひいては、すべてがだめになったとき、分断された世界を癒そうと自己の役割を果たすために創造的な方法で社会に関わり合う代わりに、私たちの殆どがする唯一のことは、ガソリンを入れる別の車または「主義」を探すことなのです。

このように、投票という行為は、主義と私たちの自己満足的な無頓着さとの間の回避的な繋がりを例示しています。私は政党によって広められた信条を信じますが、その政党に失望させられた瞬間、私は自動的に信じるべき別の信条を探します。それによって、私は社会のすべての問題への自己の責任を放棄し、あなたから、そして自分と同じ考えをもたないすべての人々から心理的に自己を切り離すのです。この心理的な分離の感覚は、最終的に私の創造性、独自性、そして最も内なる霊的可能性の表現を妨げる自己満足的な無頓着さの一形態として、それ自体を象ります。私がある程度認識をもつようになり、政党政治統制にエネルギーを投入することを止めたとしても、今日や過去の世代の何百万人もの人々のように、私はまだ自己満足的な無頓着さのなかでいき詰まっており、プロパガンダと選挙活動の果てしない混乱のなかで漂っているのです。その間、残りの社会が政治的主義の中で戦うか、さもなくば無関心または無反応でい続ける一方、富裕層と権力層は私の背後でお金儲けをし、世界の苦悩と破壊から利益を上げ続けているのです。

これは、自由選挙と民主的プロセスが人類の進化において果たした非常に重要な役割を否定するものではありませんが、公職の候補者の受動的な選択が私たちの世界の未来を守るには十分ではないときに到達しました。資源の協力的な分かち合いを前提とした、より啓蒙的な経済時代を予見できるなら、大々的な政治運動のために数十億ドルもの費用をかけて、互いに対立する一連の政策優先項目を持った社会主義や資本主義の候補者を宣伝することがどのような価値をもち得るのでしょうか。すべての人と富と資源を公平に分かち合う統一された世界は、人類全体に仕え、(隠れ潜み途方もないロビー力を持った)特権的な少数派の利益に基づく今日の社会の法則の恩義を受けない、新しい種類の政治家を政府は必要とします。私たちが今日の党派心あらわな政治指導者にエネルギーと権威を与える限り、人類は自己満足的な無頓着さと無関心を食む群れとして遠方から映り続けるでしょう。 民主主義の真の表現はどの国にも存在したことはなく、大多数の人々が「不朽の知恵」の教育を通じて自己知識を獲得するまで明らかになることはないでしょう。私たちのマインドが恐怖と不安によって条件付けられている間は、そして私たちの社会に信頼や平等がない間は、民主主義が何を意味するのかを知ることさえ不可能です。そのような社会がどのような民主主義を生み出すことができるのでしょうか。 

*

詰まるところ、それは世界の飢餓の巻き添え被害、そして物理的貧困と霊的貧困の両方を生み出した共産主義、社会主義、資本主義、そしてそれらを取り巻くすべての宗教的な混乱によって引き起こされる終わりなき心理的紛争です。これは、新聞の見出しを独占している多くの中東やアフリカの国々などの、主義の戦争によって引き裂かれている破壊された社会に認識できることは明らかです- アル・シャバブやシーア派民兵、NATOやCIAなど、軍事主導の破壊を引き起こしているのが誰であろうと- 偶発的な犠牲者を代表するのは常に貧困者や飢餓者です。しかし、私たちが認識することをさらに躊躇するのは、公衆の結集した自己満足的な無頓着さを通じて、この巻き添え被害を生み出すことに私たちもまた一役かっているということです。

利権を優先し、戦争兵器に数十億ドルをも注ぎ込んだことで私たちは政府を非難するかもしれませんが、政府はそうすることができ、そうする権利があり、そしてそうし続けるでしょう。なぜなら、私が口を噤んで顔を背けているからです。そして、なぜ私は黙っているのでしょうか。なぜなら、主義がますます私を捉えていく間、私は社会における自己の個人的戦闘で頭が一杯だからです - それは、およそ私の注意を逸らし財布を盗るスリのようです。この場合の財布は、私の良識、善意、分別を象徴しています。私は最終的に余りに条件付けられてしまうため、私と人生の現実の関係は不運にも断片化されてしまいます。なぜなら、現実をありのままに見ることができないか、あるいは周りの人間の苦しみに対して基本的に道徳的または倫理的反応を示すことさえできないほど、私の認識は主義によって濁らされているからです。

繰り返しますが、これは多くの政治的または宗教的原理主義者に見て取れることで明らかですが、私たちの幻想を現実的で文明的な風に装うために、より微妙な主義が私たちの自己満足的な無頓着さをどのように知的化したかを私たちが認める可能性は極めて低いようです。たとえば、多くの霊的グループでは、飢餓から死んでいく何百万人もの人々について気軽に話し合い、それを彼らの霊的「カルマ」として合理化することが一般的です。それは私たちに無意識のうちに自分たちの懸念の欠如を免除させ、私たちの集団としての共謀を無視させます。カルマとは、実際には愛と自由の活力に満ちた表現であり、その定義によると、それはすべての人に生き、学び、成長する権利を与えます。この基本的事実は、私たちの兄弟姉妹の魂を非難してまでも、彼らの不必要な飢餓をむしろ合理的に処理することを私たちが望むとき、自己満足的な無頓着さと無関心を通して、私たちの人格が下劣な驚異へとどのように象られてきたかを痛切に明示します。アイデアを主義に変えることが好きな人は、人類自体をアイデアとして見なす傾向があり、栄養失調で亡くなっている子供は学術的に「飢餓主義者」としておよそ分類される可能性があるほどです。

真実は、私たちがそれに直面できるなら、豊かな世界で人を餓死させることは最大の罪であり、私たち全員が世界規模で自己満足的な無頓着さを通して犯している罪なのです。生きとし生けるものがすべて神と呼ばれるものの一部であり、そして神が進化する生命であることを受け入れるなら、人を貧困の中で生活させることは生存するための人権を否定するだけでなく、霊的に進化する神聖な権利をも否定するということです。魂が地球で進化し、パーソナリティを通してそれ自体を表現する自由は、道徳の基盤であり、責任の基盤であり、万物の基盤です。従って、主義への自己投影の結末は見るに堪えません。私たちは実際のところ、自分たちの自己満足的な無頓着さと無関心をグローバル化し;人間の意識の拡大を妨げ;人間の知性が穏やかな進化の勢力から誤った悲惨な方向に向かっている間、歴史が何度も繰り返されることを許してきました。

では、分かち合いが人類の問題の解決策であり、分断された世界を復興させるための最後の希望であるという認識をどのようにもたらすことができるのでしょうか。この会話をすることさえが、開かれたマインドと認識をもつことを必要とします。そうでなければ、私たちの思考には人間らしさはなく、イデオロギーがあるだけです。一方で、私たちは商業化勢力によって非常に条件付けられているため、私たちの多くは現在利益を公益と混同しています。そして他方で、私たちは確立された政治的思考によって非常に条件付けられているため、国家間で資源を分かち合うという考えが「ユートピア的理想主義」または単なるナンセンスだと見なされるまで、ほとんどの人が社会主義や共産主義のイデオロギーを分かち合いと混同する傾向にあります。私たち自身がいくつもの主義や信条に自己投影するとき、私たちは問題の巨大さを認識することができるのでしょうか?その主義と信条のあまりの多さに、私たちが自分たち自身を偏りなく見ることができたとしたら、驚くどころかぞっとするかもしれません。私たちの知覚は、主義によってあまりに濁らされ、断片化されているため、人生に対して正直さと誠実さを持って反応し、内部で執着のない心と認識を持つ自由を理解することが何を意味するのか殆どわからないのです。

では、主義に基づいて構築された社会に住んでいるとき、人類に仕えることや愛することについての教育を受けていないとき、そして自己を気遣うように互いを気遣うことを奨励されていないとき、私たちはどのように自分たちの家を出発し、いわゆる革命を起こすことができるのでしょうか。私はあなたを助けに行きます。それは私が社会主義者またはクリスチャンだからなのか、あるいはあなたが私の兄弟であり、私の助けを必要としているからでしょうか。それとも、あなたが絶望的に食べ物と避難所を必要としているからでしょうか。主義と信条による歪曲なしで私が正義の本当の意味を知っているなら、「私の権利」と私自身の正義を求めて街頭で叫ぶのでしょうか - それとも、世界の死にゆく貧困者と飢餓者のために正義を要求するのでしょうか。

むしろ不条理なことに、それはまた、大衆の自己満足的な無頓着さが原因で、自然界と未来世代の権利のために戦う環境主義者などの主義が存在することを余儀なくされています。全人類がこの惑星を救う必要性に同調して動いていたとしたら、環境主義のようなものは存在していなかったでしょう;よりシンプルで持続可能な生活様式を受け入れる結束した人々の声だけがあったことでしょう。さらに、誰もが私たちの世界をより良い方向に変えることに積極的に取り組んでいたなら、「積極行動主義」の概念などなく、活動家と社会の残りの人々との間に何も違いはなかったでしょう;皆が万人の公益のために仕える人生を生きる一つの人類があっただけでしょう。

私たちは、認識と自己知識を教え込むことを助長する新しい種類の教育を緊急に必要としています。これは、人生に対する霊的理解に基づいていない世界では途方もない取り組みです。正しい教育について話すことは、主義の問題、マインドの条件づけの問題、信条への誤った自己投影の問題、害を与えないことの必要性、そして内なるバランスと自由の必要性の問題を考慮しない限り不可能です。真の意味での教育は、私たち全員を自己の独自性と創造性の中で進化するよう備え、それによって私たちが真の自分であることの美を表現できるようにすべき「いのちの法則」の辞書なのです。レンガ壁のような自己知識にまったく歯が立たないことを知っている商業化は、あらゆる方法で正しい教育を排除するために、最善を尽くしてきました。熟考、無執着、そして恐怖と心理的不安の克服をもたらすのは自己知識だけです。しかし、主義に踏みつけられている世界でこれは余りに途方もない課題であり、せめて地球の破壊が不可逆的になるまでに、教育システムを改革し、正しい方針に沿って若者を教える時間がありません。したがって、今日の機能不全社会における正しい教育への第一歩は、単に、私たちの自己満足的な無頓着さから抜け出し、より霊的に認識を持つことです。

おそらく、世界の状況について私たち自身が責められるべきではないと論議されるかもしれません。なぜなら、私たちは皆、霊的に盲目的で、嘆かわしいほど誤り導かれた文化に生まれ落ちたからです。しかし、内なる「自己」を体験することは、私たちの意識を恒久的に変え、ある程度マインドの条件付けから私たちを解放するのに十分です。私たちの真の霊的性質の現実を一瞬でも知ることは非常にパワフルで、その効果はずっと私たちの中に残り、決して失われることはなく、決して終わることはないでしょう。私たちは以前、無神論者は「神」に異議を唱える信条なしには存在できないと論じましたが、「神」への信条でさえ最終的に断ち切られ、自己知識、そして遍在する不滅の「ワン・ライフ」の認識に置き換えられねばなりません。

長期的には、 人類の教育がこれらのより霊的な(宗教的でない)方向に基礎から発展し、それによって各人が生きる術を実践するために必要な基本的教えとガイダンスを備えられるまで、主義の問題から逃れることはできません。同時に、すべての男女子供が生命を維持するための必需品へのアクセスを確実にできるように、全経済体制の構造が変革されねばなりません。「いのちの法則」の普遍的な教えとならんで社会に信頼と安心の物質的な基盤があるとき、人々が数多くの主義のあらゆる形態に自己投影し、増殖させる必要はもはやありません。これは、社会の前例のない変革が必要なことを考えると、対立し合うイデオロギーおよび信条の泥沼を乗り越えるには人類が遥かに多くの時間を必要とすることを示唆しているかもしれません。不当な経済秩序を維持するすべての法律と構造を改革するには明らかに時間が必要です。明らかに、時間は必要ですが、悲しいかな、私たち全員がその時間のなかで人道に対する罪を永続させることに関わっているのです。これは、回避可能な病気と貧困から毎日何万人もの人々がなくなっているという悲劇です。

ここに恐るべき難問があります:私たちが世界情勢の緊急性を認識せず、自己満足的で無頓着、そして無関心であり続けているとき、人類の問題について政府を非難することはできないということです。政府は分裂的な信条を維持しているかもしれませんが、私たちの「信条に対する信条」は、凄まじい人間の苦しみを目の当たりにしながらも私たちが受動的であり続けることを可能にしているため、責められるべきは私たち自身なのです。私たち自身が政府の有害または怠慢な政策に苦しんでいるとしても、私たちの自己満足的な無頓着さはかなりのもので、私たちの個人的な状況が平常に戻ったとしても、私たちの意識に変化はないかもしれません。したがって、人々の認識が拡大する時間が必要ですが、その時間の中で人道と地球に対する凄まじい犯罪が犯されているのです。そして、私たち全員がそれに対しての集団的責任があるのです。

*

世界情勢の中で分かち合いの原理を実現するための唯一の希望は、一般の人々が意識をハートに集中させることです。主義と条件づけを通してハートの特質を妨げることにより、私たちを誤った方向へ導くのはマインドですが、ハートは常に私たちと交信する瞬間を待っています。ハートは条件付けられたマインドと交信することはできません;それはハートからハートへと交信できるのみです。そして、私たちのマインドは余りに知的で横暴になり、絶えず私たちを支配しようとしているので、先に述べたように、それがバランスと分別を見つけるまで、ハートはどうしようもなく沈黙しているしかないのです。この時点で、ハートは活性化され、言葉ではなく、誰もが知っているように、寛大さ、分かち合い、善意、共感、そして勿論、愛などの資質によって特徴付けられるその特質の表現を通じて話すのです。

ハートは、操作的な意図を持ったマインドのように考えたり計算したりすることはありませんが、どのようなレベルの知性とも比べものにならないほどの知恵を持っています。過度に汚染されず、条件付けられていない見解を持つ人と出合うとき、その外観にもかかわらず「純粋な」ハートのようなものすら存在しないのです。内在する特質を持つ1つの種類のハートがあるのみです。ハートは携わるか、沈黙するかのどちらかです。生まれたばかりの赤ちゃんがただ赤ちゃんであり、「悪」や「冷淡」だと見なすことができないように、ハートは常にただハートです。成功したビジネスマンに「ただあなたのハートを使いなさい」と言うなら、彼が私たちを世間知らずで単純思考だと片付けることは間違いありません。それでも、彼さえが恋に落ち、おそらくは愛する人と惜しみなく自己の富を分ち合うとき、ハートの特質に従事するのです。

現代文化の中でハートの偉大な特質が軽薄に扱われているのと同じように、分かち合いの原理が取るに足らないものとしてどのように軽視されているかを観察するのはなんと奇妙で悲しいことでしょうか。読者は、人類のハートが一度地球規模で活性化されたらどうなるかを目撃するまで待たねばならないでしょう。なぜなら、ハートは「対立」主義に基づいたり、「私の権利」や自己の正義のためでなく、共益に基づいてのみ動員することができるからです。筆者が言えるすべてのことは、そのようなときに、政府に世界資源を分かち合うよう街頭で一斉に要求する無数の人々を心に描くことができるなら、統一した人々の声に魂の目的が存在するのを私たちは認識するだろうということです。そして、それは私たちのマインドの内容から主義が削除され始めるだろうときなのです。

この理解の下、私たちが思想のためでなく、むしろ自分たちの真の存在のために街頭でデモンストレーションをすべきことは極度に重要です。私たちの文明危機への解決策を提供できる政党や主義はありません。なぜなら、答えは目覚めた大衆全体が握っているからです。政治的、経済的、社会的構造を改革するための思想を持つことは良いことであり、必要なことですが、従事するハートと集結した善意を通じてそれらの答えを表現するのは世界の人々です。ですから、結束した人々の声を通して唯一「私たち」が解決策をもつ一方、「私は解決策を持っている」とあなたがやって来て言うことはできないのです。「私はどうするべきか」と他者に問うことさえ、認識を欠き無頓着なままだということです。なぜなら、ひとつの声を持った一般人の蜂起に参加する「私」やパーソナリティなどないからです - そこには、適切で正しい行動へ自然と導くグループおよび人類全体としての思考があるのみです。

前例のない規模の世界的な緊急事態へのハートの目覚めを通して表現されるように、分かち合いが人類にとって最後の手段であるという公衆の認識が最初にもたらされなければなりません。そうして初めて、政府間政策と大規模な市民参加を通じてその認識が実現することを予見できるのです。世界を救い、資源を分ち合うための協力的な取り組みの中で政府が結束する展望は他にありません。なぜなら、彼らは何百年間というもの他のすべての手段を試み尽くしてきましたが、何も効果がなかったからです。この経済的激変の時代に、他国から財源を借りる国を既に目にしていますが、なぜ政府は協力して食料とその他の必需品を共同で備蓄し、再分配することによって互いに助け合うことができないのでしょうか。私たち人間の発明の才と急速な技術的進歩を組み合わせることで、利害、利益または戦略的優位性の必要性なく、どのように各国がすべての人を養い世話することを支援をし、そしてその相互支援を永続的な構造的基盤で、どのように提供すべきかについての国際計画を国連で成立することが本当にできないのでしょうか。

分かち合いの原理がすべての社会の運営基盤として適用され、それによって国家間の圧力と競争を取り除くならば、そのような経済的および政治的取り決めには「主義」は存在しないのです。国内および国家間で分かち合うプロセスを実行することの効果は、資本主義と社会主義のイデオロギーを本来あるべき場所に置き、最終的に双方が一緒に機能できるようにすることです。それはまた、「対立」でなく「協力」のエネルギーだけを通して、私たちが世界問題を考察することを可能にします。したがって、それは社会主義がすべての人の基本的ニーズを満たすために必要な道具であるのと同様に、資本主義も革新的経済に必要な道具であることを認めるように私たちを導いてくれるでしょう。このような分かち合いのプロセスを世界中で実現して初めて、この普遍的な原理が古代の社会問題や国家間の対立に対する解毒剤であることがわかるでしょう。なぜなら、分かち合いはまた、前述の主義によりもたらされる衝突からの解放をも意味するからです。主義と信条の果てしない争いが、進化のペースを非常に遅らせるまでに人類を沈めてしまったことを認識すると同時に、私たちはすでに世界資源の分かち合いがどのように前進するかを理解することに近いのです。

したがって、マインドの条件付けと誤った信条への自己投影が何千年もの間濁らせてきた、魂の目的と分かち合いの原理の間に存在するエネルギーの整合性を直感的に理解することは不可欠です。この非常に重要な時期に自己の存在について熟考することは、分かち合いが私たち自身の本質的な部分なのだという現実を私たちに悟らせてくれるでしょう。それは、進化する意識の梯子の上で人間であることの美を再認識するよう私たちを自然に呼び起こすでしょう。私たちが共有する潜在意識の奥底に横たわるのは、人類は「ひとつ」であるという認識です。それは、数えきれない生涯を経て、各々の個性の中に隠され続けてきた真実です。分かち合いの原理は、この事実をハートの中心を介して潜在意識から顕在意識へと伝達する十分な力を備えているのです。それは最終的に、謙虚な気持ちにならずにはおれない驚きの認識へと人類を導くでしょう: 遥か以前に、この原理を世界情勢に実現しているべきであったと。

 


注釈

[1] モハメッド・ソフィアン・メスバヒ、商業化:分かち合いの対極www.sharing.org/ja  

[2] Ibid.

[3] Ibid.

モハメッド・ソフィアン・メスバヒSTWRの創立者である。

編集協力:アダム・パーソンズ

Photo credit: shutterstock, copyright justasc