• English
  • 日本語
  • France
  • Deutschland
  • Italy
  • España
  • Slovenia

COVID-19医療製品独占一時停止を:グローバル・サウス 富裕国を即す

Guest content
2021年2月16日

世界貿易機関(WTO)での重要な会議に先立ち、市民社会とグローバル・サウスの労働組合は、新型コロナワクチンやその他の医療製品に関する特定の知的財産権を放棄する提案を阻止することをやめるよう先進国の指導者に呼びかけています。

WTOの知的所有権の貿易関連の側面に関する協定(TRIPS協定)に基づく特定の知的財産権の義務の適用と施行を一時的に停止するというこの画期的な提案、または「TRIPS放棄案」は、COVID-19の効果的な防止、封じ込め、および治療を促進するものです。

発展途上国は、「TRIPS放棄案」が、世界的パンデミックに対処するために必要な治療薬、ワクチン、その他の医療製品の生産を増やし、多様化するための重要な出発点であることを強調しています。

しかし、欧州連合、米国、日本、スイス、カナダなど、少数の国(主に独占ベースの製薬業界の保護に関与している国)が放棄案を阻止しています。

グローバル・サウスの3大陸と40か国以上からの200以上の組織が、欧州委員会と、米国、英国、ドイツ、フランス、スペイン、イタリア、オランダ、ノルウェー、デンマーク、カナダ、日本、オーストラリアを含む富裕国の指導者への手紙で、提案を無条件に支持するよう要請しています。

「パンデミックは、世界中の労働者に並外れた犠牲を要求した。政治指導者たちは、単に大手製薬会社を喜ばすために何百万人もの労働者の命を危険にさらしている。知的財産権の規則は、大手製薬会社が生産と供給を独占し、供給を人為的に制限し、高価格を要求できるよう保証し、健全な回復のために必要な財政を消費する。唯一の責任ある行動は、不可欠なCOVID-19医療製品、特にワクチンをすべての国が入手できるようにすることである。これにはTRIPS放棄案が必要だ」と、医療従事者を含む世界中の3,000万人の労働者を代表するグローバル・ユニオン・フェデレーションの国際公務労連のローザ・パヴァネッリ書記長は述べています。

世界保健機関事務局長であるテドロス・アダノム博士は、世界的に公平なアクセスを確保するために、技術とデータの創出と共有における大規模なスケールアップの必要性を強調しました。知的財産権の規則により、製薬会社は他のメーカーがCOVID-19ワクチンや医薬品を製造することを防ぎ、非常に必要とされる製造のスケールアップを妨げ、人為的に競争を制限し、供給の制約をもたらします。

「米国、欧州連合、カナダ、日本、英国、ノルウェー、オーストラリアが、私たち全員が必要とするワクチンと治療のより多くを世界のすべての国 が得ることができるようにする世界貿易機関での提案を阻止していることはほとんど無意味だ」と、80ヵ国以上で活動している草の根の保健機関と医療従事者の国際ネットワーク、People’s Health Movementのグローバル・コーディネーターであるT・スンダラマン氏は述べています。「COVID-19医療製品へのアクセスは、パンデミックを制御するために重要だ。なぜなら、皆が安全になるまで誰も安全ではないからだ」と彼は強調しています。

先進国は、COVID-19ワクチン・グローバル・アクセス・ファシリティ(COVAX)を支援することでアクセスを促進していると主張していますが、このメカニズム自体は、低中所得国の人口のわずか3%でさえワクチン接種するのに十分な量を得るのに苦労しています。このわずかなワクチン接種のレベルは、感染の連鎖を断ち切るには単に不十分です。発展途上国と後発開発途上国における現在のワクチン不足は、限られた供給の危機(現在は主に先進国の手に委ねられている)と、ワクチンと治療薬の製造を多様化および拡大する必要性を露呈しています。

「先進国は、WTOでの権利放棄提案の採択を阻止することにより、人権義務を果たせなくなっている」と、国際政策研究および擁護団体であるサードワールドネットワークのチー・ヨーク・リン事務局長は述べています。「COVID-19医療製品、特にワクチンと医薬品は、多大な公共投資と臨床試験に参加した人々の貢献 - 製品開発の最もリスクの高い部分である - の結果であり、グローバル公共財として扱われるべきである。そしてそれらに対する知的財産権保護は自動的に放棄されるべきだ」

一連のWTO会合は進行中であり、放棄案の文言について話し合い、できれば最終決定する予定です。

TRIPS放棄案は、大多数の発展途上国の支援を受けており、世界保健機関、国連人権専門家、UNITAID、UNAIDSによっても支持されています。一部の高所得国による反対は、COVID-19を制御するための世界的な取り組みを弱体化させ、何十億もの人々の命を危険にさらしています。


What you can do 

Join the action on Tuesday 16 February to retweet the common set of Tweets, which includes handles of the blocking country and handles of our allies to amplify the voices of civil society across the world. See the full social media kit here.

Follow @PSIglobalunion@3rdworldnetwork and @PHMglobal and retweet when the action begins - #NoCovidMonopolies.

Original source: Public Services International

Image credit: United Nations COVID Response, Unsplash