• English
  • 日本語
  • France
  • Deutschland
  • Italy
  • España
  • Slovenia

紛争により世界の飢餓は3年連続で増加、国連報告書

Guest content
2019年7月29日

世界の飢餓は3年連続で増加しており、8億2,100万人以上が紛争と気候変動による慢性的な飢餓に苦しんでいることが国連の報告書で明らかになりました。

月曜日に国連本部でのハイレベル政治フォーラムで発表された「世界の食料安全保障と栄養の現状2019年報告」は、アフリカのほぼすべてのサブ地域、ラテンアメリカ、カリブ海、西アジアで飢餓が増加していることを示しました 。

飢餓の撲滅は国連の持続可能な開発目標の1つですが、2018年の慢性栄養不足人口は前年の8億1,100万人から1,000万人増加しており、この数字も当初の報告では8億2,100万人とされていましたが、その後下方修正されました。

「飢餓に苦しむ人の数は3年連続で増加している」と世界食糧計画の上級スポークスマン、エルベ・ベルオゼル氏はナショナル紙への声明で述べました。

世界保健機関や児童支援機関ユニセフなど他の国連機関と協力して作成されたこの報告書は、世界中の飢餓に苦しむ人々の数がほぼ10年前の水準に戻っていることを示しました。

「世界は飢餓を撲滅し、すべての人に食料へのアクセスを確保するという目標を達成する軌道に乗っていない」とベルオゼル氏は述べました。

「アジアには最も多くの栄養不足の人々(5億人以上)が住んでいる。シリアとイエメンを含む西アジアは2010年以来飢餓の増加が続いており、現在では人口の12パーセント以上が栄養不足に陥っている」

パレスチナとイラクでは紛争が危機の主な要因でしたが、イエメン、アフガニスタン、南スーダンでは気候変動によって紛争がさらに悪化しました。

報告書はまた、トルコなど経済成長が遅れている多くの国で飢餓が増加していることも指摘しました。

世界中でさらに20億人が中程度または重度の食料不安を経験しており、栄養価の高い食料を定期的に入手できないため、栄養失調や健康不良のリスクにさらされています。

「アフリカは世界で最も飢餓が蔓延している地域であり、5人に1人が飢餓に苦しんでいる。西アジアでも飢餓が増加している」とベルオゼル氏は語りました。

中程度の食料不安を経験している人々でも、食料を入手できるかどうかの不安に直面しており、消費するものの質と量について妥協を強いられています。

同時に、過体重および肥満の学齢期の子供と成人の数はすべての地域で増加し続けており、肥満は世界中で400万人の死亡の一因となっています。2000年から2016年にかけて、肥満のレベルは過体重よりも大きな割合で増加しました。

太りすぎの青少年と成人の約3分の1と、5歳から9歳までの太りすぎの子供の半分弱が肥満です。

入手可能な食料の質も成長レベルに影響を与えており、世界で1億4,900万人の5歳未満の子どもが発育阻害に苦しんでいます。

「今年の報告書は、あらゆる形態の飢餓、食料不安、栄養失調との闘いにおいて依然として重大な課題が残っていることを示唆し続けている」と報告書は述べています。

国連は、こうした傾向が続けば、持続可能な開発目標と、低出生体重児の有病率を30パーセント削減するという2025年世界保健総会の目標は達成できなくなるだろうと勧告しました。


Original source: The National

Image credit: FAO/Manan Vatsyayana, UN News

Filed under: 
貧困と飢餓