• English
  • 日本語
  • France
  • Deutschland
  • Italy
  • España
  • Slovenia

ガザ:人権擁護責任者が苦しみの終結を要求、止まらない死者数

Guest content
2024年4月19日

「戦争開始から6か月で、ガザでは1万人のパレスチナ人女性が殺害され、その中には推定6,000人の母親が含まれており、1万9,000人の子供たちが孤児になった」とUN Women(国連女性機関)は新しい報告書で述べています。

「ガザでは100万人以上の女性と少女がほとんど食べ物がなく、安全な水、トイレ、洗面所、生理用ナプキンにもアクセスできず、非人道的な生活環境の中で病気が蔓延している」

こうした懸念を反映して、国連世界保健機関(WHO)は、最近のイスラエルの侵攻により「おおむね破壊」されたアル・シファを含む病院の再建を支援するため、ガザに人道援助がもたらされるよう、新たな停戦呼びかけを行いました。

「経営陣は救急部門を清掃しようとしているが、物資を調達することはおろか、清掃だけでも大変な作業だ」とWHOのタリク・ジャサレビッチ報道官は、 月曜日にガザ市の荒廃した医療施設への国連保健機関の新たな任務を終えて語りました。

ガザにある36の病院のうち機能を保っているのはわずか3分の1だけであるということは、ガザの医療システムの「残されたものを維持する」ことが不可欠であるとジャサレビッチ氏は主張しました。

しかし、地元当局によると、負傷者は7万6,000人を超え、ニーズは依然として膨大であり、いくつかの国連機関は、切断や帝王切開による出産が麻酔なしで行われていると繰り返し警告しています。

「私たちは衝突回避メカニズムが効果的で、透明性があり、実行可能であることを改めて求めている」とジャサレビッチ報道官は、支援物資トラックはターゲットにならないことを確実にするために人道主義者が紛争当事国と協力して使用している承認システムについて言及しました。

4月1日のイスラエル空爆でNGO「ワールド・セントラル・キッチン」の援助活動家7人が死亡したことを受け、衝突回避の手順をめぐる懸念は依然として残っています。

しかし、昨年10月から3月末までに予定されていたWHOミッションの「半分以上」が「拒否されたり遅れたり、他の障害に直面して延期せざるを得なかったため、アクセスが本当に必要だ」とジャサレビッチ氏は主張しました。人道主義者らは、ガザでの飢饉が差し迫っていることについて、繰り返し緊急警告を発しました。

負傷者の救済はなし

国連児童基金(ユニセフ)のコミュニケーション専門家、テス・イングラム氏は、スタッフ、針、縫合糸、その他の必要な医療器具が不足しているため、「負傷した子どもたちは病院や仮設の避難所で痛みに耐え苦しんでいることが多い」と指摘しました。

イングラム氏は、国連車両が攻撃を受けたガザ北部への最近の任務を終えたカイロから記者団に対し、10月7日イスラエル南部でのハマス主導のテロ攻撃に対抗して開始されたイスラエルによる激しい砲撃で、どれほど多くの若者が負傷したかは注目に値すると語りました。

「ちょっと想像してみてください。全裸で検身され、何時間も尋問され、よいと言われて立ち去るところを想像してみてください。あなたは無事であることを祈りながら急いで通りを歩きます。しかしその後、あなたは撃たれ、父親は殺され、裸の骨盤を弾丸が貫通し、内外に重傷を負い、再建手術が必要になります。野戦病院で、ユニスはこれが自分の身に起こったことだと私に語りました。彼は14歳です」

イングラム氏はまた、重傷を負った患者や病気の患者をガザの外に医療のために避難させることが依然としていかに難しいかを強調しました。すべての「救援」要請のうち承認されたのは半分未満であり、これは「ほとんどが子供」である約4,500人だけが、1日あたり20人未満の割合でガザを離れることができたことを意味します。

フォルカー・テュルク国連人権高等弁務官は月曜、ガザ地区の人々の窮状を強調し、「影響力を持つすべての国」に対し、ガザ地区で展開している「ますます恐ろしい人権と人道危機」を止めるよう訴えました。

「イスラエルは人道支援の入国と配布に不法な制限を課し続け、民間インフラの広範な破壊を行っている」と人権高等弁務官は主張し、即時停戦と残りの人質全員の解放を繰り返し要求しました。

ヨルダン川西岸のスパイラル

人権高等弁務官はまた、ヨルダン川西岸のパレスチナ人に対する「数百人のイスラエル人入植者(多くの場合イスラエル治安部隊(ISF)の同行または支援)による」暴力の増大と「波状攻撃」についても深い懸念を表明しました。

入植者の家族の14歳のイスラエル人少年が殺害された後、報復攻撃で子供を含むパレスチナ人4人が殺害され、パレスチナ人の家や所有物が破壊されたとテュルク氏は声明で述べました。

同氏は、自身の事務所OHCHRが受け取った情報を引用し、武装入植者とイスラエル軍がアル・ムガイエル、ラマラのベイティン村、ナブルスのドゥマとクスラ、ベツレヘムとヘブロン県を含む「多くの町」に入ったと報告しました。

報告によると、その後の暴力で数十人のパレスチナ人が負傷し、「数百の家屋やその他の建物、車が放火された」と高等弁務官は述べ、その後「パレスチナ人もイスラエル人も、自らの手で報復を行うべきではない」と主張しました。

ジュネーブでのこれに関連した展開で、パレスチナ占領地に対する国連が任命した独立権利調査のハイレベル責任者は、イスラエルとイランの間の軍事エスカレーションの可能性と地域紛争を引き起こすリスクについて「深刻な警戒」を表明しました。

イランがイスラエルに対して大規模な無人機とミサイルによる攻撃を開始した数日後のアラブ連盟諸国への会見で、ナビ・ピレー氏は、イスラエルが維持する「前例のない」戦争規模を浮き彫りにしました。

ガザ保健当局によると、これまでに3万3200人以上が死亡し、学校の約40%が攻撃の直撃を受け、ガザ地区内で170万人が避難しているとピレイ氏は述べました。

「2023年10月以来ガザに課された完全な包囲は、住民にとって飢饉と飢餓が今や現実となっている想像を絶する人道的大惨事をもたらした」と東エルサレムを含むパレスチナ被占領地とイスラエルに関する独立国際調査委員会の委員長は述べました。道路やインフラの破壊により、人道支援活動家が住民に援助を届ける能力が著しく損なわれています。


Original source: UN News

Image credit: UN News / Infogram.com