• English
  • 日本語
  • France
  • Deutschland
  • Italy
  • España
  • Slovenia

「空腹の人々よりも飢える人々を優先させるべきか」:不可能な選択に迫られる国連

Guest content
2022年3月18日

支援金がウクライナに投入されると同時に、高まるニーズにもかかわらず、国連機関はイエメン、アフガニスタン、南スーダン、エチオピアへの支援を削減することを余儀なくされています。


ロシアのウクライナ侵攻は、すでに縮小している外国援助の資金源に大きな圧力をかけています。

イエメン、アフガニスタン、南スーダン、エチオピアなど、最も差し迫った緊急事態が発生している国で活動している支援機関は、資金の使い方について難しい決定に直面しています。

最近のイエメンについてのコメントで、国連世界食糧計画(WFP)事務局長であるデイビッド・ビーズリー氏は、次のように述べています。

イエメン

イエメンでのニーズは、7年間の戦争、それに伴う経済危機によって多くの人々が債務を負っているだけでなく、サバクトビバッタが作物を破壊するという脅威が加わって、増加しています。

イエメンの戦争の犠牲者や紛争や気候災害によって引き起こされた他の人道的危機の犠牲者は、パンデミックの間も苦しみ続けていますが、国際的なドナーからの支援は削減されています。これにより、人道主義者は食料配給を含め、彼らが提供するものを縮小することを余儀なくされており、さらに状況は悪化することが懸念されています。

援助を必要とする人々の数は、今年すでに100万人以上増加して1740万人に達し、2022年末までにさらに100万人以上増加すると推定されています。WFPは食料援助の資金ギャップが9億ドルであると述べましたが、資金調達目標の11%しか達成されていません。

先日ドナーはイエメンに13億ドルを約束しましたが、これは国連が必要とする43億ドルを30億ドル下回るものでした。

人道主義者が使用するIPCスケールによると、推定31,000人が壊滅的なレベルの飢餓に直面していますが、その数は6月までに161,000に増加する可能性があります。

国連食糧機関はすでに800万人の食糧を削減していますが、最も切実に必要としている人々の数は依然として増え続けているにもかかわらず、援助はまだ不足しているため、さらなる削減を警告しています。

アフガニスタン

昨年のタリバン権力掌握以来、アフガニスタンへの開発援助の凍結は、すでに援助に依存している経済を絶望的な人道的危機に陥れました。 人口の半分は食糧不安に直面しており、そのうち870万人が「飢饉のような」状態のリスクにさらされています。

しかし、国連による44.4億ドルの人道アピールは、1月の開始以来、13%しか資金提供されていません。WFPだけでも、今後6か月間の飢餓のニーズを満たすために緊急に必要な資金が5億2500万ドル不足しています。 

国連によると、アフガニスタンの大部分は借金を抱えており、家族の95%は十分に食べていません。およそすべての女性が世帯主の世帯には十分な食料がありません。

エチオピア

エチオピア北部のティグライ州とその周辺での戦闘により、200万人以上が避難しました。国連は、9億5700万ドルの資金目標を3億ドル以上下回っています。

国連は毎週87万人に到達したいと考えていますが、10月中旬以降は74万人にしか達していません。

継続する戦闘のために支援機関が難民キャンプにアクセスする際に直面する困難により、状況は複雑になっています。

国連によると、ティグライ州のほとんどの家族は十分な食料がなく、食事を減らしたり、借金を返済するために作物を売ったり、物乞いをしたりして急場を凌いでいます。この地域には454,000人の栄養失調の子供がおり、その4分の1以上が重度であり、妊娠中または授乳中の12万人の栄養失調の女性がいます。

南スーダン

国連によると、南スーダンは史上最悪の飢餓危機に直面しています。物資が底を突くにつれて、70%の人々が次の収穫の少ない期間を乗り切るのに苦闘するだろうと警告しています。人口1140万人のうち推定890万人がすでに援助を必要としていますが、南スーダンへの資金は5億2900万ドル不足しています。

収穫の少ない時期の後には洪水の季節が続きますが、これは近年極端で長くなってきており、コミュニティや人道支援機関の動きを制限しています。この状況は国内の紛争によって悪化しています。コミュニティは、援助物資の略奪や救援活動従事者への攻撃などによって、自らを養うしかありません


Original source: The Guardian

Image credit: Claire Nevill, WFP