• English
  • 日本語
  • France
  • Deutschland
  • Italy
  • España
  • Slovenia

西側諸国は民間の貸し手にアフリカの壊滅的な債務負担を緩和するように強制しなければならない

Guest content
2022年7月13日

キャンペーナーによると、西側諸国政府は、債務危機に対処するために低所得国からのローン返済を緩和するよう民間の貸し手を「強制」する必要があります。

Debt Justice(債務正義、以前のジュビリー債務キャンペーン)は、アフリカ政府は中国よりも西側の銀行、資産運用会社、石油トレーダーに3倍の債務を負っており、2倍の利子を請求されていると述べました。中国は、債務リストラの進展に失敗したことで、西側の指導者から「誤って」非難されてきました。

Debt Justiceの政策責任者であるティム・ジョーンズ氏は、ほとんどの国際的な民間債務契約は英国または米国の法律に基づいて行われているため、英国と米国が西側の貸し手を抑制するために特に重要であると述べました。

Debt Justiceは、アフリカ政府は対外債務の12%を中国の貸し手に負っているのに対し、西側の民間の貸し手には35%を負っていると計算しています。

債務が最も多い22のアフリカ諸国の半分は民間の貸し手に30%以上の債務を負っていますが、中国に同じレベルの債務を負っているのはわずか6か国です。

しかし、主にインフラストラクチャーに焦点を当てた中国の融資の一部は、厳しい契約条件のため批判されています。エンテベ空港をアップグレードするためのローンのケースでは、ウガンダ政府は債務を返済するために中国に最初の20年間の収入を提供する必要があります。

ジョーンズ氏は、西側諸国政府は、中国とは異なり、パンデミックの際に債務返済を停止しなかった自国の企業に対処することができなかったと述べました。 「西側の指導者たちは、アフリカでの債務危機について中国を非難しているが、これは注意を逸らすためのものだ。真実は、彼らの銀行、資産運用会社、石油トレーダーにはるかに責任があるということだが、G7は彼らを見逃している」

「民間の貸し手が協力しなければ、効果的な債務解決はあり得ない。 英国と米国は、民間の貸し手に債務救済への参加を強制する法律を導入する必要がある」

世界銀行によると、このパンデミックにより、低所得国の対外債務は50年間で最高レベルにまで押し上げられ、国のほぼ3分の2がローンの債務不履行などの債務困難に苦しんでいるか、そのリスクにさらされています。ロシアのウクライナ侵攻は、食料と商品の価格を混乱させることにより、さらなる懸念を引き起こしました。

先週の報告書で、国連は、世界的な生活費の危機に苦しんでいる開発途上国も、高額の債務、外貨準備の枯渇、金利の上昇に悩まされていると述べました。

G7は先月の会議で、債務再編の必要性を認めました。首脳らは、「パリクラブ以外の国(中国など)や民間債権者を含むすべての関連債権者に、債務再編にもっと関与するよう促すつもりだ」と述べました。また、G20の債務処理のための共通枠組みを「首尾よく」実施することを約束しました。これは、持続不可能な債務を抱える低所得国に救済を提供するために2020年に合意されました。

国際通貨基金のマネージングディレクターであるクリスタリナ・ゲオルギエバ氏は、今週インドネシアで財務大臣らが会合する中国や他のG20諸国が債務救済をより迅速に進めない限り、危機の可能性について警告しました

「債務と開発に関するアフリカ・フォーラムとネットワーク」のユンゴング・テオフィルス・ジョング氏は、西側政府は民間の貸し手に債務を取り消させるべきだと述べました。「多国間及び民間債権者は、依然としてアフリカ政府にとって最大の債権者だ。中国からの融資はアフリカの債務を増やしたが、西側の貸し手に比べはるかに少ない。すべての貸し手は債務救済に参加しなければならない」


Original source: The Guradian

Image credit: CAFOD

Filed under: 
財政と債務