• English
  • 日本語
  • France
  • Deutschland
  • Italy
  • España
  • Slovenia

アフリカ、一世代に一度の最悪の債務危機

Guest content
2024年5月23日

国際援助機関クリスチャン・エイドデット・ジャスティス新しい報告書によると、アフリカ大陸は一世代に一度の最悪の債務危機を経験しており、昨年、アフリカ諸国の大多数は医療や教育、場合によってはその両方よりも対外債務の返済に多くを費やしました。

研究者らの試算によると、アフリカ諸国の政府は2023年に英国の対アフリカ援助予算全体の50倍以上を対外債務返済に費やしました。アフリカ32の政府は医療よりも債務に、25の政府は教育よりも債務に多く支出しました。その結果、何百万人もの子供たちが学校に通えず、妊婦は病院で出産することも、助産師の助けを得ることさえできません。

ゴードン・ブラウン元英国首相の支持を受けた報告書「Between Life and Debt(生命と債務の間で)」では、低所得国の債務がその発展を妨げており、生活が満たされないか、(寿命が)短くなっていることが明らかになっています。

債務危機に取り組まなければ、持続可能な開発目標は決して達成できないと報告書は警告しています。クリスチャン・エイドとデット・ジャスティスは、低所得国の債務を帳消しにするため英国政府に緊急の措置を求めており、報告書と同時に発表された新しい世論調査によると、英国人の半数近く(45%)がこの動きに同意しています。

元英国首相ゴードン・ブラウン氏は、「アフリカは、急速な改善にもかかわらず、2050年までに平均寿命が世界の他の地域より遅れをとっている唯一の地域である。アフリカ人と世界の他の地域との間のこの不平等の規模は非常に大きく、緊急の債務再編を実現できなかったことをはたして世界が許してくれるかどうかはわからない」と述べました。

「アフリカの多くの国では、医療や教育よりも債務返済に多くの資金が費やされており、債務再編は死活問題となっている」

この調査はまた、内戦の影響を受けた南スーダン(数百万人が深刻な飢餓に直面している)では、医療費の10倍以上を対外債務返済に費やしていることも明らかにしました。一方、マラウイでは中等学校を修了する子どもの割合がわずか15%で、教育費の2倍が借金に費やされています。

クリスチャン・エイドの委託によるサヴァンタの世論調査では、アフリカ諸国の半数以上が医療、教育、気候危機対策よりも対外債務に多くの資金を費やしているのは間違いだと大多数(62%)の英国人が考えていることが明らかになりました。

同様の数(57%)が、アフリカ諸国が2023年にイギリスの対アフリカ援助予算全体の50倍以上を対外債務返済に費やしたことは「ばかげている」と考えています。

低所得国が民間債権者に負っている債務の約90%は英国法に準拠しているため、クリスチャン・エイドとデット・ジャスティスは政府に対し、次のような法案を導入することを提案しています。

  • 低所得国が危機に陥った場合、民間金融機関が債務帳消しの役割を果たすことを保証する;英国人のほぼ半数 (48%) が同意しています。
  • 無謀に融資し、最高金利を請求する搾取的な民間債権者に対処する。6.2%は中国の金融機関(3.2%)のほぼ2倍であり、多国間(1%)や相対型(1.3%)の金融機関よりもはるかに高い。

「これは、より公平なシステムを構築し、将来の危機を防ぎ、何百万もの人々の生活を改善するのに役立つだろう」と、報告書の著者でクリスチャン・エイドの英国擁護・キャンペーン責任者のジェニファー・ラービー氏は述べました。

先月、ゴードン・ブラウン氏は65人の著名な世界的指導者や公人らとともに、ニューヨーク州議会に公的債務安定法を可決するよう求めました。このニューヨーク法は、英国のクリスチャン・エイドによって提案された法案に似ています。どちらも民間金融業者が以前の国際債務救済制度に参加することを保証した2010年の英国議会法に基づいていています。ニューヨーク州は英国と並んで政府債務のもう一つの主要な管轄区域です。

ラービー氏はさらに、「独立から何十年も経った今も、多くのアフリカ諸国は自国が招いたものではない、出口のない債務危機に陥っている。病院や学校を建設し、医師や教師を訓練するのではなく、搾取的な民間債権者の私腹を肥やす以外に選択肢を持たない」

「英国政府は旧宗主国として、何百万人もの人々が貧困から立ち上がれるよう、低所得国の緊急債務救済を支援する道義的責任を負っている。それは経済的および社会的正義の問題だ」

同報告書の主任研究員でデット・ジャスティスの政策責任者ティム・ジョーンズ氏は次のように付け加えました:「私たちの新たな分析は、アフリカ諸国がいかに重要な公共サービスからの資金を外部債権者への支払いのために流用せざるを得なくなっているかを、明瞭にしている」。この数字は、アフリカ大陸が一世代に一度の最悪の債務危機に直面しており、何百万人もの人々が貧困生活に陥り、世界が持続可能な開発目標を達成できないことを確実にしていることを裏付けている」

現在の債務危機は、低成長と停滞する貧困レベルを引き起こした2008年の金融危機に根ざしています。こうした状況は、新型コロナウイルス感染症、進行中の気候危機、食料価格の高騰と金利の急速な上昇につながったロシア・ウクライナ戦争など、その後のショックによってさらに悪化しました。

研究者らによると、アフリカ政府の対外債務支払いは2024年には予算歳入の少なくとも18.5%となり、1998年以来最高となります。これは2010年のほぼ4倍であり、世界のどの地域よりも高くなります。

重要な事実: 

  • アフリカ政府は昨年、英国の対アフリカ援助予算全体の50倍以上を対外債務支払いに費やした。34カ国は医療や教育よりも対外債務の支払いに多く支出している。
  • 元英国首相のゴードン・ブラウン氏は、「債務再編は生死にかかわる問題」であり、報告書は「緊急の行動の必要性」を明らかにしているとして、クリスチャン・エイドとデット・ジャスティスの調査結果を支持している。
  • 世論調査によると、英国人の50%近くが、英国は低所得国の債務を免除し、その資金を医療、教育、気候危機への取り組みに使えるようにすべきだと考えている。
  • クリスチャン・エイドとデット・ジャスティスは、低所得国が危機に陥った際に民間金融業者が債務帳消しの役割を果たすことを保証し、無謀に貸し付けて最高金利を請求する搾取的な民間債権者に対抗するための新たな法律の制定を求めている。

Original source: Debt Justice

Image credit: Some rights reserved by AMSOM Public Information, flickr creative commons 

Filed under: