• English
  • 日本語
  • France
  • Deutschland
  • Italy
  • España
  • Slovenia

パンデミック勃発以来、飢饉のような状況に苦しむ人々 6倍の増加

Guest content
2021年7月13日

毎分11人が飢餓で死亡している可能性があり、現在COVID-19の死亡者数を上回っている、とオックスファムは警告しています。


新しいオックスファムの最新報告書によると、毎分11人もの人々が飢餓と栄養失調で亡くなっている可能性があります。これは、COVID-19の現在の世界的な死亡率である1分あたり約7人を上回っています。

報告書「The Hunger Virus Multiplies’」(飢餓ウイルスの増加)によると、パンデミック以来、紛争は依然として飢餓の主な原因であり、50万人以上が飢饉のような状況に追い込まれています。これは2020年から6倍の増加です。

全体として、世界中で1億5500万人が現在、危機的なレベルの食料不安に苦しんでいます。これは、昨年より2,000万人多くなっています。これらの人々の3人に2人は、主にこれらの人々の国が戦争と紛争にあるために飢えています。

報告書はまた、特に新型コロナウイルスのパンデミックによって悪化した経済的ショックが、気候危機の悪化とともに、数千万人以上の人々を飢餓に追いやったという大きな影響についても説明しています。大量失業と食料生産の深刻な混乱により、世界の食料価格は40%急騰しました。これは、10年以上で最も高い上昇です。

オックスファムのガブリエラ・ブッチャー事務局長は、次のように述べています:「パンデミックと戦う代わりに、いがみ合う政党は互いに争い、気象災害と経済的ショックによってすでに打撃を受けた何百万人もの人々にとどめの一撃を与えることが多すぎた」

パンデミックにもかかわらず、世界の軍事費は510億ドル増加しました。これは、人々が飢えるのを防ぐために必要だと国連が言っているものの6.5倍をカバーします。一方、紛争と暴力により、これまでで最も多くの国内避難民が発生し、2020年末には4,800万人が家を追われました。

「飢餓は戦争の武器として使用され続け、民間人から食料と水を奪い、人道的救済を妨げている。市場が爆撃され、作物や家畜が全滅させられると、人々は安全に生活したり、食べ物を見つけたりすることができない」

イエメンのハッジャ県出身の8人の母親で、何度も逃げなければならなかったバージャは、オックスファムに次のように語りました:「子供たちを送って、人々に食べ物をくれるように頼んだり、レストランの残り物を集めたりするしかなかった。子供たちが何とか集めた食べ物でさえ十分ではなかった」

ブッチャー氏は、次のように述べています:昨年、最も裕福な10人(うち9人は男性)の富は4,130億ドル増加しました。これは、国連が世界的な人道支援全体に必要だと言っているものの11倍です」

アフガニスタン、エチオピア、南スーダン、シリア、イエメンなど、世界で最悪の飢餓のホットスポットのいくつかは、紛争によって引き続き打撃を受けており、昨年以来、極端なレベルの飢餓が急増しています。

最近のIPC分析によると、エチオピアのティグライ地域では35万人以上が飢饉のような状況にあります。これは、2011年に25万人のソマリア人が亡くなったソマリア以来の最大数です。イエメンの人口の半数以上が、今年、危機的なレベルの食料不安に直面するか、さらに悪化すると予想されています。

飢餓はまた、飢餓の新たな震源地であるインド、南アフリカ、ブラジルなどの中所得国でも激化しており、COVID-19感染の急増も見られました。

報告書の飢餓のホットスポットの例は次のとおりです:

  • ブラジル:ウイルスの蔓延を抑制するための措置により、中小企業は閉鎖を余儀なくされ、働くブラジル人の半数以上が職を失うことになりました。極度の貧困は4.5%から12.8%へとほぼ3倍になり、ほぼ2,000万人が飢餓に追いやられました。連邦政府は3800万の脆弱な家族にのみ支援を確保し、最低収入のない数百万人をとり残しました。
  • インド:急増し続けるCOVID-19感染は、特に農作物を腐敗させるために畑に残さざるを得なかった移民労働者や農民にとって、公衆衛生と収入を破壊しました。12の州で調査された人々の70%以上が、食べ物にお金を払う余裕がなかったために食事を格下げしました。学校の閉鎖により、1億2000万人の子供たちの主要な食事も奪われました。
  • イエメン:封鎖、紛争、燃料危機により、2016年以降、主食の価格は2倍以上になりました。人道援助は半分に削減され、人道機関の対応が縮小され、500万人の食料援助が削減されました。飢饉のような状態を経験している人々の数は、2021年7月までにほぼ3倍の47,000人になると予想されています。
  • サヘル:ブルキナファソのように紛争で最も引き裂かれた国では、2019年から2020年の間に飢餓が200%以上増加し、687,000人から210万人になりました。サヘル中心部とチャド盆地での暴力の悪化により、530万人が避難を余儀なくされ、食料インフレが5年ぶりの高水準にまで上昇しました。気候危機は状況を悪化させました:洪水は2015年以来180%増加し、作物を壊滅させ、170万人の収入に打撃を与えました。
  • 南スーダン:独立から10年が経ち、現在10万人以上が飢饉のような状況に直面しています。過去1年間、継続的な暴力と洪水により農業が混乱し、200万人が家を追われました。国連人道支援アピールの20%に満たない16億8000万ドルがこれまでに南スーダンに対して資金提供されています。

妊娠9か月の間にエチオピアのティグライの故郷から逃げなければならなかったムル・ゲブレさん(26歳)は、オックスファムに次のように語っています:「乳幼児に食べ物や牛乳が提供されていると聞いたので、メケレに来た。ここに着いたとき、自分の食べ物が見つからなかった。特に、今はたった4か月の、すでに低体重で生まれている子供のために食べ物が必要だ」

ブッチャーは次のように付け加えました:「非公式労働者、女性、避難民、その他の社会的に排除されたグループは、紛争と飢餓によって最も大きな打撃を受けてる。特に影響を受ける女性と女児は、ほとんどの場合、食べるのは最後で、最も少ない量を食べる。彼女たちは、市場に行くことによって身体的または性的暴行を受ける危険を冒すか、家族が飢えるのを見るかの、不可能な選択に直面している」

「政府は、紛争が壊滅的な飢餓を煽り続けるのを阻止し、代わりに援助機関が困窮している人々に確実に到達できるようにしなければならない。ドナー政府は、今の生命を救うために、国連の人道支援アピールに即座にそして完全に資金を提供しなければならない。安全保障理事会のメンバーはまた、飢餓を戦争の武器として使用するすべての人々に責任を問わなければならない」

「不必要な死と何百万人もの人々が極度の貧困と飢餓に追いやられるのを防ぐために、政府はこの致命的な病気を止めなければならない;人々のワクチンへの必要性はかつてないほど切迫している。政府は同時に、より公平で持続可能な食品システムを構築し、社会的保護プログラムを支援しなければならない」

​パンデミック勃発以来、オックスファムは、食料、現金援助、きれいな水、そして農民を支援するプロジェクトで、世界で最も脆弱な人々の約1,500万人に達しました。私たちは68ヶ国の694以上のパートナーと協力しています。

オックスファムは、今後数ヶ月で数百万人に達することを目指しており、世界中のプログラムを支援するための資金を緊急に求めています。
 

編集者へのメモ

  • TheHungerVirus Multiples」(飢餓ウイルスの増加):コロナウイルスが飢えた世界でどのように飢餓を煽っているのか」をダウンロードしてください。
  • 観察された1日のCOVID-19の世界的死亡率は、2021年6月14日までの1週間で1日あたり約9,967人に達しました。これは、ジョンズホプキンス大学とオックスフォード大学の「Our World in Data」(データで見る私たちの世界)のデータベースのデータによると1分あたり7人の死亡に相当します。
  • マダガスカルを除いて、飢饉のような状況に直面しているすべての国は紛争によって引き裂かれています。IPCフェーズ4に直面しているほとんどの国(アフガニスタン、ブルキナファソ、シリア、ナイジェリアを含む)も紛争に見舞われています。
  • この報告書で言及されている25ヶ国のうち20ヶ国は、飢餓の集合的な3つの要因である、新型コロナウイルス、紛争、気候の影響を受けました。
  • インドの食事データは、2020年4月と5月に12州の4,879人を対象にアジムプレムジ大学の持続可能な雇用センターCenterアジムプレジム大学の持続可能な雇用センターが実施した調査に基づいています。
  • 西アフリカのサヘル諸国の飢餓の数値は、2020年の同時期と比較した2019年6月から8月の食料安全保障についての分析(CadreHarmonise)IPC3+の記録に基づいています。
  • 国内避難民監視センターIDMCのグローバルレポート2020によると、2020年12月31日の時点で、59の国と地域で紛争と暴力の結果として4,800万人が国内避難民として生活していました。この数字は過去最高です。
  • 紛争、新型コロナウイルス、気候が世界中の飢餓に与える影響を浮き彫りにしたストーリー、写真、ビデオは、リクエストに応じて入手できます。

Original source / Image credit: Oxfam