• English
  • 日本語
  • France
  • Deutschland
  • Italy
  • España
  • Slovenia

アーティクル

Article / 2008年5月19日

土地、水、エネルギーという3つの不可欠な資源は、民営化と企業支配の拡大によって引き起こされる同じ不平等の危機によって結びついています。普遍的供給は依然として極めて現実的な目標ですが、そのためには世界的な優先順位の変更と、効果的かつ代表的な国連が監督する国際的な分かち合いのシステムを通じた大規模な再分配が必要です。

Article / 2008年5月16日

絶え間なく続く商業化と過剰な消費に煽られた気候変動と地球温暖化の脅威は、政策立案者と懸念する市民の両方にとって闘争の場となりました。今後10年間は、二酸化炭素排出量削減に対する共同対応だけでなく、国際開発と世界的な正義運動の全体的な方向性を決定することになるでしょう。

Article / 2007年7月6日

再びG8(カナダ、フランス、ドイツ、イタリア、日本、ロシア、イギリス、アメリカ)が年次サミットを開始しました。 今年は北ドイツの小さな海辺のリゾートであるハイリゲンダムで行われ、12 kmの有刺鉄線フェンスに囲まれ…

Article / 2006年11月25日

すべての生物、すべての植物、すべての動物、そしてすべての人間は、生存のために水を必要とします。この大切な資源に対するすべての人の権利が認められていた故、何世紀にもわたって、おそらく数千年にわたって、世界中で水が共有されていました。何千年もの間、流水は所有できないことを法律制度が受け入れてきました。