• English
  • 日本語
  • France
  • Deutschland
  • Italy
  • España
  • Slovenia

STWRからの最新ポスト

エディトリアル、アーティクル、ブック、イベントなどSTWRの英語サイトから日本語に翻訳された最新ポストを読もう。追加的なゲスト・コンテンツは上記のメインメニューの「最新ポスト」をクリックすることによって閲覧できます。ニュースレター登録はここをクリックしてください。

Blog / 2020年7月22日

STWRは、今後数か月にわたって実施されるポスター・キャンペーンを開始しました。これらのポスターはロンドン中心部全体に掲示され、ロンドンの地下鉄駅での広告から始まります。

Report / 2020年7月20日

2019年のSTWRの活動は、飢餓と貧困を根絶するための世界規模の大規模な市民運動のビジョンを促進するという主要な目標に焦点を当て続けました。 2019年の活動と今後の計画の詳細をご覧ください。

Blog / 2020年6月5日

地球規模での平和的な大衆運動を通じて、最も貧しい人々のニーズを最優先にすることにより、ようやく、私たちはより平等で持続可能な包括的未来への道を歩むことになるだろうと、ソニア・シャーンドルは述べています。

Article / 2020年4月9日

問題は、コーヴィッド19が、良心の呵責のない世間が長い間無視してきた人類の多数派の貧困化をさらに激化させる新たな原因となるのか、それとも世界の深刻な不平等に対して私たちを目覚めさせるのかどうかということです。

News / 2020年3月25日

私たちは、要望に応えて、ユニバーサル・ベーシックインカム(UBI)に対するSTWRの展望についての本(英語版)を出版しました。

News / 2019年11月17日

今回STWRは、モハメッド・ソフィアン・メスバヒとの人気の対談記事「気候危機への取り組みにおける政治と霊性の交差点」(英語版)を書籍出版しました。

Blog / 2019年9月19日

最近STWRは、ソーシャルメディアにおいてキーとなるキャンペーンメッセージを要約した短いプロモーション・ビデオをSeven Billion Todayのチームと共同製作しました。

Blog / 2019年8月15日

現在STWRは、アメリカでポストカード・キャンペーンを実施しています。最小限の労力と費用を負担することにより、私たちのキャンペーンに参加しませんか。

Blog / 2019年2月9日

万人のための「より良い生活基」の国連の長期のビジョンについて概説するために、STWRはケンブリッジ大学アムネスティ・インターナショナルおよびケンブリッジ・ホームレス・アウトリーチ・プログラムとチームを組みました。 

Article / 2018年10月9日

再びグローバル金融危機が起こる時、私たち自身が政治的リーダーシップの役割を担わねばなりません。それは、世界中で万人のための救済措置への統一した要求に集中した下方からの大規模な市民動員を必要とするでしょう。

Article / 2018年5月17日

万人のための十分な生活水準への確立された人権を充足することの政治的意味合いはなんでしょうか。要するにそれは、前例のない世界規模の富と資源の再分配が必要とされるということであり、従ってその達成のためには、世界人権宣言第25条の国連の躍進的なビジョンが運動家によって復活されねばならないということです。

News / 2018年4月27日

イギリスの私たちのキャンペーングループ、シェア・ザ・ワールズ・リゾースィズ(STWR)は、世界人権宣言第25条のムーブメントを明示することによって、経済および社会正義のための抗議デモに参加します。長年、世界人権宣言に謳われてきた経済および社会権利に関連する国内デモに、私たちと共に参加してください。

Article / 2018年3月19日

今回STWRはイギリス・ボーンマスで開催された春の緑の党コンファレンスへの参加を通してオーガナイゼーションとしてのキャンペーン・ビジョンを参加者に紹介するイベントを主催しました。

Report / 2018年2月1日

真に普遍的で無条件のベーシックインカムは、それが国連の後援のもと調整されるなら、最終的にすべての国で実行可能です。しかしながらまず最初にこれは、世界資源のより公平な分かち合いに基づいて、飢餓と不必要な貧困を根絶するという目標への比類のない一般人の支持に依存します。

Article / 2017年12月23日

非商業的な分かち合い主導型の世界を特徴付けるべき新意識を表現するためのユニークな機会を、このクリスマス休暇期間は提供します。派手な消費に時間を費やす代わりに、貧困者を助け環境を癒すための大規模な会合を計画することによってクリスマスを祝いませんか?

Article / 2017年10月19日

以下は、今年9月25日から27日までの間、ポルトガルで開催された第17回ベーシックインカム・アースネットワーク(BIEN)会議に平行して、ビクトリア・ゲイターとソニア・シャーンドルによって提出された報告概要である。

Report / 2017年10月2日

人類全体の共益を受け入れるために、平均的人間の意識が拡大されるところの心理的変革の必要性を第一に考察しない限り、地球の共有資源管理のための新経済パラダイムを真剣に見通すことはできないでしょう。なぜなら人類もまた、惑星的および霊的視点からコモンズの不可欠な一部だからです。

Article / 2017年5月6日

この21世紀に重度の栄養失調と基本的資源へのアクセスの欠如からいまだ非常に多くの人々が死ぬということがどうして起こり得るのでしょうか。2011年からのオキュパイ抗議デモに生命を与えた情熱の大規模な復活の時が来ましたが、今こそ、豊かさの真っ只中で激化する大量飢餓の現実に集中する時です。

Article / 2017年4月7日

ヴァンサン・ラッサールは現在、脱工業化への移行に関する疑問に焦点を合わせた9ヶ月間の研究に着手しています。最近、彼はイギリスのロンドンに滞在中、世界変革プロセスの中心としての国際経済の分かち合いに関するSTWRの取り組みと展望についてさらに知るために訪れました。

Report / 2017年1月31日

真の分かち合いの経済が利益や競争的な自己権益の追求によって特徴付けられる古いやり方の終焉を象徴する一方で、金融資本と資源が大変豊富な世界での飢餓根絶を通してのみ、政府間の分かち合いと協力の新時代が幕開けるのです。