• English
  • 日本語
  • France
  • Deutschland
  • Italy
  • España
  • Slovenia

Corporate power

ドイツ、英国、カナダ、その他の先進国が、インドと南アフリカが提案したコロナウイルスワクチン特許を一時放棄するという、一般的に支持されている対策を最初に阻止してから約9ヶ月で、世界中で300万人以上がCovid-19で死亡しました。 - ジェイク・ジョンソンがCommon Dreamsに書いています。 英国に本拠を置くアドボカシー・グループ、Global Justice Nowが発表した分析によると、世界貿易機関のメンバーがパンデミックの死亡者数が100万人をわずかに超えていた10月に特許放棄を検討し始めて以来、308万人がコロナウイルスにより亡くなりました。今月初め、世界の死者数は400万人を超えました。...
小規模食料生産者、研究者、先住民の300以上のグローバル市民社会組織がオンラインで集まり(7月25~28日)、国連食料システムプレサミットに抗議します。  The People’s Counter-Mobilization to Transform Corporate Food Systems(企業の食料システムを変革するための人々の反対動員)は、ボイコットするために請願した科学者の同盟を含む、国連食料システムサミット(UNFSS)を拒否したものの中で最新の動きです。 The People’s Autonomous Response to the UNFSS(UNFSSに対する人々の自主的な対応)は、...
新型コロナパンデミックの勃発以来、少なくとも9人が新しい億万長者になりました。これは、COVID-19ワクチンを独占している製薬会社が生み出している過剰な利益のためであると、「民衆のワクチン連盟」`(People’s Vaccine Alliance)はG20リーダーのグローバル・ヘルス・サミットに先立って明らかにしました。 英国とドイツを含むG20の主要メンバーは、COVID-19がインドやネパールのような人口のごく一部しかワクチン接種を受けていない国での生活を荒廃させ続けると同時に、ワクチン生産の企業による独占的支配を終わらせることによって供給を増やす動きを阻止しています。...
軍事費に費やされるお金のほんの一部が世界基金に備蓄され、飢餓を終わらせ、公衆衛生システムへの大規模な投資に向けられたなら何が達成できるかを想像してみてください。 国々がもし国民投票を行い、既存の兵器よりも殺戮に効率的な軍事兵器に彼らの税金を費やすか、それとも医療、社会サービス、教育、およびその他の重要な公共のニーズに投資するかのどちらを希望するかと国民に尋ねたなら、反応はどのようなものになるでしょうか? 多くの人の人生が終わりのない苦闘になっていることから、おそらく大多数の人々はそれほど考える必要はないでしょう。富裕国においてさえ、最も基本的な社会権はもはや当然のこととは言えません。社会福祉はますます商品化されており、...
英国を含む裕福な国々は、発展途上国がワクチン製造能力を高めるのを助けるための提案を阻止している、という文書がBBCニュースナイト・ショーに漏らされました。 一部の貧困国は、世界保健機関に助けを求めました。しかし、富裕国は、これを達成することを可能にする国際法の規定を押し戻しています。 これは、この問題に関するWHOの決議の交渉テキストの漏洩したコピーに基づくもので、それらの富裕国の中には、英国、米国、そして欧州連合が含まれます。 「各国が自国でより多くのワクチンや医薬品をより簡単に生産できるようにする言葉がそこにあるとすれば、それには資金を提供し、...
世界貿易機関(WTO)での重要な会議に先立ち、市民社会とグローバル・サウスの労働組合は、新型コロナワクチンやその他の医療製品に関する特定の知的財産権を放棄する提案を阻止することをやめるよう先進国の指導者に呼びかけています。 WTOの知的所有権の貿易関連の側面に関する協定(TRIPS協定)に基づく特定の知的財産権の義務の適用と施行を一時的に停止するというこの画期的な提案、または「TRIPS放棄案」は、COVID-19の効果的な防止、封じ込め、および治療を促進するものです。 発展途上国は、「TRIPS放棄案」が、世界的パンデミックに対処するために必要な治療薬、ワクチン、その他の医療製品の生産を増やし、...
Tipping Point North Southによるプロジェクトは、21世紀の外交、防衛、安全保障、国際開発政策立案の中心に持続可能な人間の安全を置くために取り組んでいます。 Tipping Point North Southは、さまざまな軍事費の要素を1つの新しい旗の下にまとめました:「持続可能な人間の安全のための防衛の変革」は、5パーセント提案や、軍事費が緊急の国際開発問題であるケース;気候変動と人間の非安全と気候変動への世界の軍事の影響;世界的な軍隊の炭素排出量報告の国連プロセスの欠如;そしてグリーン・ディール・プラスなど、さまざまな要素で構成されるプロジェクトです。 「持続可能な人間の安全のための防衛の変革」...
Center for Economic and Social Rights(CESR)とクリスチャン・エイドの共同報告書は、根本的な疑問を投げかけています:経済が人権に基づいていたとしたらどうなっているでしょうか。 世界がCOVID-19のパンデミックに取り組んでいると同時に、人と経済のどちらを選択するかは、政治的議論において根強いテーマとなっています。英国の政治家は、経済を「破壊」し、「依存」を高めるため、無料の学校給食計画を拒否しています。南アフリカの大統領は、COVID-19が所得支援助成金を延長する政府の能力を「要求している」として、「財政上の課題」を引用しました。コロンビアの副大統領は、...
最近の報告書によると、土地不平等は世界の最も貧しい人々の14億人を直接脅かしています。 新しい推定では、土地への権利とアクセスの格差が以前に考えられていたよりも40%以上大きいことがわかりました。現在、世界最大の農場のわずか1%が、全農地の70%以上を運営しています。 アクセスと所有権の欠如は、農村部と先住民族のコミュニティを土地から追い出しています。それはまた、推定25億人の生計を危険にさらしていることを、International Land Coalition(ILC)&Oxfamの報告書が明らかにしました。 「不平等の拡大は、貧困撲滅の最大の障害です。グアテマラのような国では、極端な不平等は命を奪います」と、...
シェア・ザ・ワールズ・リゾースィズ(STWR)は、モハメッド・ソフィアン・メスバヒによる人気のアーティクルをまとめた本「分かち合いの原理についての考察」を出版しました。 これらのアーティクルはもともと、世界的な金融危機に続く重大な革命期の2011年から2014年にわたってsharing.orgで発表されたものです。その多くは、公衆の蜂起と大衆の占拠運動が世界舞台で変革の著しい勢力となったあの時期における社会のあの突然の民主的目覚めについて物語っています。 しかし、この本に含まれている基本的なビジョンは、あの一つの歴史的瞬間を遥かに越えており、今日さらに大きな関連性と緊急性を持っています。 本(英語版)の購入...
アフリカ緑の革命のための同盟は、過去の失敗した政策を繰り返しており、飢餓との闘いをさらに押しのけるリスクがあると、IATPにティモシー·ワイズ氏は説明しています。 フランシス·ムア·ラッペ氏が「小さな惑星の緑の食卓」という彼女の重要な著書で、飢えは食料の不足によって引き起こされるのではなく、権力の不足によって引き起こされるという認識をもたらせてから50年近く経ちます。飢饉が食糧不足によって引き起こされることはめったにないことを示したエコノミストのアマルティア·セン氏は、20年以上前にノーベル賞を受賞しました。しかし、この2020年には、飢餓と栄養失調の2つの危険性が世界でよく認識されており、アフリカ緑の革命のための同盟(...
民間企業がCOVID-19ワクチンの独占権を持つべきではありません。これは、世界保健機関の技術アクセス·プールに寄付され、すべての人の利益のために分かち合われるべき公共資源であるとヘレン·クラーク氏とウィニー· ビアニマ氏は書いています。 パンデミックを終息させるために、世界はワクチンを必要としています。オックスフォード大学によって開発されたワクチンの有望な初期の試験結果は、私たちがワクチン発見により近づいていることを示唆しています。 ランセットで最近発表されたデータは、オックスフォードのワクチンが抗体とT細胞を約1,000人の患者で生み出したことを示しています。製薬会社のアストラゼネカは、...
STWRのエディトリアル、アーティクル、本およびイベントに関する最新ポストを読もう。STWRの活動の情報を提供する月刊ニュースレターのメール無料配信にホームページで登録しよう。 イベント:STWRケント大学講演 - 世界人権宣言第25条について イベント: キングストン大学 STWR講演:万人のために世界人権宣言第25条を取り戻す アーティクル:迫り来る経済危機における万人のための救済処置 アーティクル:世界人権宣言70周年を機に、グローバルな分かち合いと正義のビジョンを復活させる レポート:STWRアニュアルレポート2018 ニュース:世界人権宣言第25条のためにSTWRと共にマーチに参加しよう アーティクル:...
再びグローバル金融危機が起こる時、私たち自身が政治的リーダーシップの役割を担わねばなりません。それは、世界中で万人のための救済措置への統一した要求に集中した下方からの大規模な市民動員を必要とするでしょう。 2008年の大経済危機以来まる10年が経過し、最近多くの革新的思想家が、戦後最悪の国際金融危機の前兆となった投資銀行リーマン・ブラザーズ破綻のあの宿命的な日の結果について内省しました。誰から見ても明らかなことは、その教訓が習得されておらず、現在金融セクターは今までになく巨大で支配的であり、そしてさらに大きな経済危機がいつでも起こり得る軌道にあるということです。しかし真の問題は、今度それが起こったら、...
コンテンツ 概要 リサーチ、出版およびウエブサイト・コンテント キャンペーンおよびアウトリーチ活動 2018年の計画およびプロジェクト 概要 2017年を通してSTWRは、特に組織として中核となるアドボカシーの立場上の関連から、グローバルな経済的分かち合いの正当性のための論議を強化し、促進し続けました。私たちの取り組みのすべては、世界中で極貧の防止を何よりも優先し、貧困者のために発言する結束した人々の声の必要性に関係しました。これは、世界人権宣言第25条実現への目標を中心とする私たちの発表文献、ウエブサイト・コンテンツおよび草の根活動に反映されました。今年、私たちの取り組みの殆どはまた、万人の基本的な社会的、...