• English
  • 日本語
  • France
  • Deutschland
  • Italy
  • España
  • Slovenia

Corporate power

もし分かち合いの経済のムーブメントが優勢的な経済パラダイムから社会を転換させる役割を担うべきであるなら、それが政治的になることは不可避です。そしてこれは、 世界全体を通して、– 明確にであろうと黙示的にであろうと − 経済的分かち合いのより変革的および基本的形態を長い間要求してきた活動家のより大きな組織と一致協力する一方で、企業セクターによる吸収から分かち合いを守ることを意味します。 分かち合いの経済への公衆の関心が高まるなかで、その潜在的有益性と欠点に関しての意見の分極化が早くも明らかになっています。主流メディアの多くが、富をもたらしさらなる億万長者を生む分かち合いの経済の力に集中し続ける一方で、...
21世紀における人類にとっての主要な霊的レッスンは、富、技術、技能、そして知識のより公平な分かち合いが公正で平和な世界秩序の根本的基盤であるというこの明らかな真実を、国際関係の構造の中で実現することがこれまでどのように困難であったにしても、これ以上シンプルで緊急なものはあり得ないということです。アダム・パーソンズ2015年5月12日ほとんどの霊的、宗教的伝統における共通の主題は人類はひとつのいのち(ワン・ライフ)または意識の本質的部分であり、人間の生気(スピリット)または魂はその性質において本質的に神聖であるという事実です。この永永無窮の知恵は全てのいのちの相互関連性 ー ...
活気に満ちた討論が、私たちの時代の大きな問題との関係から分かち合いの意味について問い始めています。STIR magazineに最近掲載されたアーティクルのなかでSTWRは、この出現する経済の概念が単なる個人的、消費者主導型または商業化された協力形態に恩義を受けるべきでなく、国内および国際レベルでの政府の政策に、最終的に反映されねばならないことの正当性を議論します。 近年、古来の分かち合いの営みに基付いた新しい種類の経済が、北アメリカおよびヨーロッパ全体で花開いており、そして現在、中東および他の世界の地域を通してその人気が迅速に広がっています。大昔から人類は分かち合ってきたかもしれませんが、情報技術やピアツーピア・...
シェアリング・スプリングが始まると同時に、政府と大企業の失敗への対応として、ますます多くの人々が分かち合いの地方化された形態に参加しています。これが正しく極めて重要である一方、国家およびグローバルレベルで分かち合いの原理を政府の政策に融合させることを、市民が政治的代表者に要求することが同様に重要です。 春満開になり始めると同時に、分かち合いの経済ムーブメントは、異なった都市および世界の地域で計画されている一連のイベントを持ってその活動を強化しています。OuiShare、the New Economy Coalition、the New American Dream、Peers、 The People Who...
不平等が拡大し、国々が世界的な炭素排出を削減できずにいる現在、気候変動および経済的、社会的排除の根本原因である政府の政策を改革するために分かち合いの経済運動が動員しない限り、それにどのような将来があるのでしょうか?殆どの分かち合いの経済の活動が主に白人の中流階級を惹きつけることを証拠は暗示していますが、それは「排除されたコミュニティ」が、分かち合いの経済のサービスからもっと直接的に利益を得ることを、どのように保証するかについての重要な疑問を提起します。そしてこれらの懸念が分かち合いムーブメントの将来そのものの基盤を形成することが可能です:もし共同消費および分かち合いのためのプラットフォームが、...
世界の問題を解決するためのさらなる公衆参加および行動主義を奨励するために分かち合いの経済を促進する人々にとって、経済的利益などの完全に個人的利益よりむしろ分かち合いの環境的および社会的利益を一層重視することは不可欠です。 現代の生活様式がどのように持続不可能となり、地球が生産または再生できるより遥かに迅速に天然資源を人類が既にどのように消費しているかを説明するおびただしい統計に痛いほど私たちは慣れ親しんでいます。これらの動向を覆すことを目指してますます多くの人々が消費を減らし、ゴミを削減し、常にリサイクルしようと試みています。近年、分かち合いの経済の急速な成長は、...
コミュニティ内または地方自治体全体で、資源の分かち合いの有益な側面に異議を唱える人は僅かですが、分かち合いの経済の現在の形態は不公正なパワー構造に挑戦し、より良い世界への道を整えることができるムーブメントを代表するのでしょうか。このブログは もともとShareableに掲載された以下のアーティクルに基づいています:分かち合いの経済:その政治的進化へのイントロダクション分かち合いの経済がメディアと公衆からの増大する注目を浴びると同時に、価値ある論議がその総体的な重要性および未来の方向性の周りに出現し始めています。特に、断続する経済的落ち込み、緊縮財政政策および環境的懸念に直面し、今後、...
分かち合いへの呼びかけが既に活動的市民と革新的な組織の(多くの場合認識されていないながらも)根本的要求であることを考慮すると、私たち皆を結束させるこの共通理念を受け入れない理由はありません。 これはレポート「私たちの共通目標としての分かち合い」のエグゼクティブ・サマリー(概要)の日本語版です。完全レポートは以下をクリックしてください:私たちの共通目標としての分かち合い エグゼクティブ・サマリー (概要)  全世界の政府がより公正で持続可能な未来への希望をもたらせないかたわら、何百万人ものキャンペーナーおよび活動家は世界危機の激化をなにもせずただ傍観していることを拒否します。いくつかの不吉な前兆があります:気候の混乱、...
分かち合いの経済ムーブメントは、世界の収束する危機の根本的原因に取り組むことが出来るのでしょうか?この論議がゆっくり正しい方向に動いている多くの明るい兆候があるにもかかわらず、資源の分かち合いが人権、公平性、民主主義および持続可能性についての懸念との関連の中で促進されない限り、そのような主張は実質を伴っていないのです。 近年、資源の分かち合いのコンセプトおよび実践は、北アメリカ、西ヨーロパおよび世界の他の地域全体を通して迅速に主流の驚異となっています。インターネットは、車や自転車から住居、仕事場、食べ物、家庭用品、そして時間や専門技術までのすべてにおいて、...
21世紀の画期的なチャレンジに取り組むために、私たちはキリストの簡素なメッセージをかつてないほど心に留め、そして最終的には、世界の富と資源を万人の間でより公平に分かち合わねばならないでしょう。アダム・パーソンズ2015年1月8日キリスト教で分かち合うことの必要はイエスの教えの中心であり、新約聖書を通して主要なテーマです。ルカによると最初期のキリスト教徒は、彼らの所有物を分かち合うことによりイエスの教えの実践を試み、それによって貧困者が養われたのです。病人、貧困者、未亡人、そして社会の最も恵まれない人たちの世話をすることのイエスの教えを明確にする聖書からの多くの引用と寓話があります。ヘブライ人への最後の説教に書かれているように、...
下記は、今後5年間に渡るSTWRの「分かち合いのグローバル・コール」のキャンペーン戦略の概説であり、キャンペーンが狙いとする重要な個人や組織についての要約だけでなく、私たちの主な目的と活動についての概要も含んでいます。 コンテンツ: 概説 STWRのビジョン キャンペーンゴール キャンペーンの目的 アプローチと活動 私たちのターゲット層を参加させる 概説 シェア・ザ・ワールズ・リゾースィズ(STWR)による「分かち合いのためのグローバル・コール」は、共通の目標において世界中で市民と革新的組織を結ぶ上で、分かち合いのためのためのグローバル・コールが果たすことができる役割を促進することを狙いとします...
STWRの創始者・モハメッド・ソフィアン・メスバヒは、現在進行中のこのエッセイ・シリーズにおいて、社会的、経済的、政治的な観点からだけでなく、霊的、心理的な観点からも分かち合いの意味と重要性を探求します。 全人類のためのベーシックインカムに向けて 国連の後援のもと組織立てられた、真に普遍的そして無条件のベーシックインカムが最終的に各国で実行可能でありながらも、これはまず最初に、世界資源のより公平な分かち合いに基づき飢餓と不必要な貧困を根絶するという目標への比類のない一般人の支持にかかっているのです。それが、ベーシックインカム政策がすべての人の根本的な人権を支持する唯一の道だと、モハメッド・ソフィアン・メスバヒは記します。...
過去2、3年間に渡って分かち合いの経済は、北アメリカ、西ヨーロッパ、そして世界の他の地域を通して迅速な発展を遂げました。緊急なグローバル問題の解決法として、現在多くの個人や団体が古来からの分かち合いの実践を開拓している一方で、多くの批評家が、急成長する様々な形態の分かち合いの運動の目標、意味、そして未来の方向性について問い始めています。 分かち合いの経済の現在の発展について、用心かつ楽観すべき両方の理由があります。断続する経済危機、そして崩壊する、負債に煽られた過度な消費モデルの結果特に、分かち合いの倫理は今後もますます必要不可欠となり一般化するだろうことを斬新的な政治的発展が暗示する一方で、...
世界中で何百万人という人々が、慈悲、 ビジョン、良識を持ってひとつになるとき、 それは地上において、 神性の啓示を招くだろう。 * * *   この経済混迷期において、分かち合いの原理を世界の問題の解決策として認識するのは一般的に難しく、特に多くの知識人にとってそうだと言えます。社会の何が間違っているのかを分析する大量の本や報告書の大多数は、不可能を達成しようとしています - つまり、政治、経済、社会構造の悲惨な商業化を代表し支持する政府に新たな代替策を提案するというものです。 私たちの分析が知的で完全であればあるほど、私たちは商業化とその悲惨な影響についての果てしなく続く考察にさらに絡まって行きます。...
前衛的ウエブサイトCo.Existに最近発表された意見記事は、繰り返されるべき重要な疑問を突きつけます:分かち合いの経済は世界飢餓を根絶できるのでしょうか? これは重要な疑問です。それは、飢餓問題が深刻だというだけでなく、− 記事が認識するように − グローバルな課題が、おおよそ常に地方に限定された、現在分かち合いの背後にあるアイデアの領域であることは稀です。分かち合いの経済を促進している僅かな数の思想家や実践家しか、国際的不平等、地政学的不安定、グローバル・ガバナンス、またはこの場合、世界飢餓などこの時代の最も差し迫ったチャレンジに、この多方面にわたったコンセプトを適応することを考慮していません。 これは、...