• English
  • 日本語
  • France
  • Deutschland
  • Italy
  • España
  • Slovenia

Environment

十分性に焦点を当て、すべての人に惑星資源の公平なシェアを保証するなら、人類の普遍的なニーズを満たし、世界を住むのに適した環境に保つことが可能である、とスタン・コックスはYES! magazineに書いています。 現在の気候緊急事態と近い将来に迫るより広範な生態学的崩壊を考えると、それが終止符(「行き渡るだけ十分な量があると思います」)、疑問符(「良い生活をするにはどれくらいが十分ですか?」)、または感嘆符(「やめてください!」「十分です!」「バスタ!」)で使われているかどうかにかかわらず、「十分」という一言で表現されたものほど差し迫った問題はほとんどありません。 地球は、過去30年間、人類に毎年大声で「もう十分でしょう...
世界的調査によると、世界で最も裕福な国の4分の3の人々は、人類が地球を危険な転換点に向かって押し進めていると信じており、経済的利益の優先順位からの転換を支持しています。 Global Commons Alliance(GCA)のイプソス・モリの調査でも、過半数(58%)が地球の状態について非常に懸念しているか非常に懸念していることがわかりました。 回答者の5人に4人は、グローバル・コモンズを再生するためにステップアップしてさらに多くのことを行う用意があると述べました。 報告書の筆頭著者であるGCAのオーウェン・ガフニー氏は、...
人類は、地球が2021年に持続可能な方法で供給できるすべての天然資源を、今日までにすでに消費しました。つまり、5ヶ月でオーバーシュートしました。 「アース・オーバーシュート・デー」は、コロナパンデミックで2020年には一時的に遅らされましたが、今年は7月29日に始まります。 このオーバーシュートの時点から年末まで、世界経済は「生態学的赤字」で運営される、とキャンペーン参加者は言っています。人類は現在、地球の生態系が毎年再生できるよりも、74%多くの資源、つまり地球1.7個分を使用しています。 2020年のオーバー・シュート・デーは、コロナウイルスパンデミックの中で世界中の国々が封鎖されたために炭素排出量が減少した後、...
小規模食料生産者、研究者、先住民の300以上のグローバル市民社会組織がオンラインで集まり(7月25~28日)、国連食料システムプレサミットに抗議します。  The People’s Counter-Mobilization to Transform Corporate Food Systems(企業の食料システムを変革するための人々の反対動員)は、ボイコットするために請願した科学者の同盟を含む、国連食料システムサミット(UNFSS)を拒否したものの中で最新の動きです。 The People’s Autonomous Response to the UNFSS(UNFSSに対する人々の自主的な対応)は、...
800以上の国際機関、NGO、農業団体、専門家が、今年の国連食料システムサミットで、農業生態学、有機農業、再生農業を最重要課題にすることを望んでいます。 6大陸からの声は、政府と企業に、世界の農業における「破壊的」現状について、決定的な行動を取るよう呼びかけています。 「この国連サミットに向けて、特定の団体は持続可能性の意味をいいかげんに扱ってきました」と、IPES-Foodのエミール・フリゾン、そしてこの呼びかけの共同創設者は警告しました。「化学物質の投入に大きく依存している従来の農業は、何百万人もの人々を失望させました。それは土壌を劣化させ、生物多様性を損ない、気候変動を引き起こし、そして生計を破壊し続けます。...
米国、日本、韓国の主要な宇宙飛行士らが、今週末、英国のコーンウォールで会合を開くG7のリーダーたちを対象とした新しいショートフィルムで力を合わせます。   「世界への呼びかけ: G7」と題された彼らの新しい映画は、世界が COVID-19と気候変動の二重の脅威に取り組み世代を決定づける瞬間に直面している中で、宇宙飛行士らの国際協力のメッセージを伝えています。 NASAのベテランであるニコール・ストット、ロン・ガラン、ラスティ・シュウェイカートに加えて、山崎直子 (日本/JAXA) と李素妍 (韓国) の全員が、宇宙から地球を見るというユニークな立場を体験し、希望のメッセージを伝えました。ここで、唯一の重要な境界線は、...
ノーベル賞受賞者やその他の専門家は、「私たちの惑星、私たちの未来」サミットの後に緊急の行動を呼びかけます。この声明は、運営委員会が公表し、ノーベル賞受賞者と専門家が共同署名した2021年のノーベル賞サミットでの議論に触発されました。 序言 ノーベル賞は、「人類にとって最大の利益」の進歩を称えるために創設されました。それは、安全で繁栄し、平和な世界を構築することを促進したことにおける成功を祝います。その基盤は科学的な理由です。 「科学は、生活の負担を軽減し、その苦しみを軽減するすべての進歩の根底にあります」マリー・キュリー(ノーベル賞受賞者1903年と1911年) 科学は、より良い生活に向けた真実、知識、...
緊急的な支援の拡大がなければ今後数か月で、急性の飢餓が20ヵ国以上で急増すると国連食料農業機関(FAO)とWFP世界国連食料計画(国連WFP)が本日発表の報告書で警告しました。   イエメン、南スーダン、ナイジェリア北部は最も壊滅的なレベルの急性の飢餓に直面しており、南スーダンとイエメンの一部ではすでに餓死やその危険がある状態にあると報告書(Hunger Hotspots report)は述べています。 飢餓の危機にある国のほとんどはアフリカにあるものの、急性の飢餓は、アフガニスタン、シリア、レバノン、ハイチなどアジア、中東、中南米・カリブ海諸国といった世界中の地域で急増すると予測されています。...
2030年までに食品廃棄物を半減させる世界的な取り組みを支援する新しい国連の研究によると、毎年、世界の生産量の5分の1にあたる10億トン近くの食品が捨てられています。 イラクへの歴史的な訪問をしている教皇フランシスコはかつて、「食べ物を捨てることは、それを貧しくて空腹の人々の食卓から盗むようなものだ」と言いました。この声明は、特に2019年に販売された9億3000万トン以上の食品が廃棄されたとする国連の報告に照らして、真剣に考える必要があります。 これは本当に憂慮すべきことです。世界中の何百万人もの人々、特に貧しい国々の人々が食糧を持たないとき、これは、...
市民社会団体は、新しいバイデン政権が炭素排出削減義務の公正な分担を行うことを約束し、気候資金を含むグローバル・サウスの国々への支援を尊重するよう彼らの要求を強めています。US Climate Fair Shareによる。 米国のパリ協定への復帰が公式になる数日前に、環境団体が米国で5万人以上の署名を提出しました。署名は、バイデン政権が、炭素排出削減義務の公正な分担にコミットすること、そして気候ファイナンスを含むグローバル・サウスの国々が受けて然るべき支援を尊重するということを要求する呼びかけの最近の拡大です。この請願書は、12月に気候行動ネットワークUS (USCAN) から発表された、...
気候変動に関するこれまでで最大の世論調査によると、64%の人がこの問題は「世界的な緊急事態」であると考えています。 今年11月にCOP26気候サミットを主催する英国の懸念度は、調査対象国でも最も高い81%でした。高所得国の中では、ジョー・バイデン大統領が気候変動を最優先事項の1つにしている米国においてこの数字は最も低く65%です。低所得国の平均は58%ですが、小島嶼開発途上国では74%に上昇し、その多くは海面上昇の危険にさらされています。 世界レベルでは、森林と土地の保全が排出量に取り組むための一般人が最も支持する方法であり、54%が18の政策オプションからそれを選択しました。国連開発計画から委託された「みんなの気候調査」...
「フットプリント正義」のキャンペーンは、国連加盟国に「フェア・アース・シェア」を人権として定めることの法的意味を調査することを呼びかけることによって、勢いを増しています。ダッチ・プラットフォーム・フェア・アンド・グリーン・エコノミーのヤン・ジャフェーマンズが、最近の進展について説明します。 さまざまな計算や報告から、先進国は地球を不均衡な割合で使用しており、大きな社会的および生態学的問題を引き起こしていることがわかっています。これはすでに植民地時代に始まり、国際貿易の成長によりますます手に負えなくなってきました。長い間、原材料が使用されていました:地球の人口の20%、特に先進国が、年間で取引される(化石)エネルギー、土地、...
主要な科学者らによると、生物多様性の損失、気候変動、過剰消費の加速は、飢餓の増大、政治的分裂、社会崩壊の「恐ろしい未来」に向けて人間社会を急速に押し進めています。 長年の警告にもかかわらず、これらの脅威は過小評価されており、広く理解されておらず、多くの政府が、自分たちの短期的な利益を保護する裕福なエリートに捕らえられているため、脅威を阻止する努力は妨げられていると彼らは付け加えました。 「生物圏とその生命体(人類を含む)への脅威の規模は非常に大きいため、十分な知識のある専門家でさえ把握するのは困難だ」と、17人の科学者はジャーナルFrontiers in ConservationScienceの記事に書いています。...
コロナウイルスのパンデミックの間に富が急激に増大した億万長者は、飢餓に直面している記録的な数の人々に緊急援助を提供するために資金を出すべきである、と世界食糧計画を支援する米国の慈善団体の責任者は言っています。 パンデミックとそれに続く経済危機は、世界中で飢餓の危機に瀕している人々の数の急増の一因となっています。緊急救援を提供する国連機関であるWFPは、2019年の約1億人から、昨年は1億3800万もの人々が必要としました。 世界食糧計画USAプレジデント兼最高経営責任者(CEO)バロン・シーガー氏によると、この数字は今年も増加し、約2億3500万人が「飢餓に向かって進んでいる」と予想されています。「間違いなく、...
Tipping Point North Southによるプロジェクトは、21世紀の外交、防衛、安全保障、国際開発政策立案の中心に持続可能な人間の安全を置くために取り組んでいます。 Tipping Point North Southは、さまざまな軍事費の要素を1つの新しい旗の下にまとめました:「持続可能な人間の安全のための防衛の変革」は、5パーセント提案や、軍事費が緊急の国際開発問題であるケース;気候変動と人間の非安全と気候変動への世界の軍事の影響;世界的な軍隊の炭素排出量報告の国連プロセスの欠如;そしてグリーン・ディール・プラスなど、さまざまな要素で構成されるプロジェクトです。 「持続可能な人間の安全のための防衛の変革」...