• English
  • 日本語
  • France
  • Deutschland
  • Italy
  • España
  • Slovenia

Environment

米国、日本、韓国の主要な宇宙飛行士らが、今週末、英国のコーンウォールで会合を開くG7のリーダーたちを対象とした新しいショートフィルムで力を合わせます。   「世界への呼びかけ: G7」と題された彼らの新しい映画は、世界が COVID-19と気候変動の二重の脅威に取り組み世代を決定づける瞬間に直面している中で、宇宙飛行士らの国際協力のメッセージを伝えています。 NASAのベテランであるニコール・ストット、ロン・ガラン、ラスティ・シュウェイカートに加えて、山崎直子 (日本/JAXA) と李素妍 (韓国) の全員が、宇宙から地球を見るというユニークな立場を体験し、希望のメッセージを伝えました。ここで、唯一の重要な境界線は、...
ノーベル賞受賞者やその他の専門家は、「私たちの惑星、私たちの未来」サミットの後に緊急の行動を呼びかけます。この声明は、運営委員会が公表し、ノーベル賞受賞者と専門家が共同署名した2021年のノーベル賞サミットでの議論に触発されました。 序言 ノーベル賞は、「人類にとって最大の利益」の進歩を称えるために創設されました。それは、安全で繁栄し、平和な世界を構築することを促進したことにおける成功を祝います。その基盤は科学的な理由です。 「科学は、生活の負担を軽減し、その苦しみを軽減するすべての進歩の根底にあります」マリー・キュリー(ノーベル賞受賞者1903年と1911年) 科学は、より良い生活に向けた真実、知識、...
緊急的な支援の拡大がなければ今後数か月で、急性の飢餓が20ヵ国以上で急増すると国連食料農業機関(FAO)とWFP世界国連食料計画(国連WFP)が本日発表の報告書で警告しました。   イエメン、南スーダン、ナイジェリア北部は最も壊滅的なレベルの急性の飢餓に直面しており、南スーダンとイエメンの一部ではすでに餓死やその危険がある状態にあると報告書(Hunger Hotspots report)は述べています。 飢餓の危機にある国のほとんどはアフリカにあるものの、急性の飢餓は、アフガニスタン、シリア、レバノン、ハイチなどアジア、中東、中南米・カリブ海諸国といった世界中の地域で急増すると予測されています。...
2030年までに食品廃棄物を半減させる世界的な取り組みを支援する新しい国連の研究によると、毎年、世界の生産量の5分の1にあたる10億トン近くの食品が捨てられています。 イラクへの歴史的な訪問をしている教皇フランシスコはかつて、「食べ物を捨てることは、それを貧しくて空腹の人々の食卓から盗むようなものだ」と言いました。この声明は、特に2019年に販売された9億3000万トン以上の食品が廃棄されたとする国連の報告に照らして、真剣に考える必要があります。 これは本当に憂慮すべきことです。世界中の何百万人もの人々、特に貧しい国々の人々が食糧を持たないとき、これは、...
市民社会団体は、新しいバイデン政権が炭素排出削減義務の公正な分担を行うことを約束し、気候資金を含むグローバル・サウスの国々への支援を尊重するよう彼らの要求を強めています。US Climate Fair Shareによる。 米国のパリ協定への復帰が公式になる数日前に、環境団体が米国で5万人以上の署名を提出しました。署名は、バイデン政権が、炭素排出削減義務の公正な分担にコミットすること、そして気候ファイナンスを含むグローバル・サウスの国々が受けて然るべき支援を尊重するということを要求する呼びかけの最近の拡大です。この請願書は、12月に気候行動ネットワークUS (USCAN) から発表された、...
気候変動に関するこれまでで最大の世論調査によると、64%の人がこの問題は「世界的な緊急事態」であると考えています。 今年11月にCOP26気候サミットを主催する英国の懸念度は、調査対象国でも最も高い81%でした。高所得国の中では、ジョー・バイデン大統領が気候変動を最優先事項の1つにしている米国においてこの数字は最も低く65%です。低所得国の平均は58%ですが、小島嶼開発途上国では74%に上昇し、その多くは海面上昇の危険にさらされています。 世界レベルでは、森林と土地の保全が排出量に取り組むための一般人が最も支持する方法であり、54%が18の政策オプションからそれを選択しました。国連開発計画から委託された「みんなの気候調査」...
「フットプリント正義」のキャンペーンは、国連加盟国に「フェア・アース・シェア」を人権として定めることの法的意味を調査することを呼びかけることによって、勢いを増しています。ダッチ・プラットフォーム・フェアとグリーン・エコノミーのヤン・ジャフェーマンズが、最近の進展について説明します。 さまざまな計算や報告から、先進国は地球を不均衡な割合で使用しており、大きな社会的および生態学的問題を引き起こしていることがわかっています。これはすでに植民地時代に始まり、国際貿易の成長によりますます手に負えなくなってきました。長い間、原材料が使用されていました:地球の人口の20%、特に先進国が、年間で取引される(化石)エネルギー、土地、...
主要な科学者らによると、生物多様性の損失、気候変動、過剰消費の加速は、飢餓の増大、政治的分裂、社会崩壊の「恐ろしい未来」に向けて人間社会を急速に押し進めています。 長年の警告にもかかわらず、これらの脅威は過小評価されており、広く理解されておらず、多くの政府が、自分たちの短期的な利益を保護する裕福なエリートに捕らえられているため、脅威を阻止する努力は妨げられていると彼らは付け加えました。 「生物圏とその生命体(人類を含む)への脅威の規模は非常に大きいため、十分な知識のある専門家でさえ把握するのは困難だ」と、17人の科学者はジャーナルFrontiers in ConservationScienceの記事に書いています。...
コロナウイルスのパンデミックの間に富が急激に増大した億万長者は、飢餓に直面している記録的な数の人々に緊急援助を提供するために資金を出すべきである、と世界食糧計画を支援する米国の慈善団体の責任者は言っています。 パンデミックとそれに続く経済危機は、世界中で飢餓の危機に瀕している人々の数の急増の一因となっています。緊急救援を提供する国連機関であるWFPは、2019年の約1億人から、昨年は1億3800万もの人々が必要としました。 世界食糧計画USAプレジデント兼最高経営責任者(CEO)バロン・シーガー氏によると、この数字は今年も増加し、約2億3500万人が「飢餓に向かって進んでいる」と予想されています。「間違いなく、...
Tipping Point North Southによるプロジェクトは、21世紀の外交、防衛、安全保障、国際開発政策立案の中心に持続可能な人間の安全を置くために取り組んでいます。 Tipping Point North Southは、さまざまな軍事費の要素を1つの新しい旗の下にまとめました:「持続可能な人間の安全のための防衛の変革」は、5パーセント提案や、軍事費が緊急の国際開発問題であるケース;気候変動と人間の非安全と気候変動への世界の軍事の影響;世界的な軍隊の炭素排出量報告の国連プロセスの欠如;そしてグリーン・ディール・プラスなど、さまざまな要素で構成されるプロジェクトです。 「持続可能な人間の安全のための防衛の変革」...
最近の報告書によると、土地不平等は世界の最も貧しい人々の14億人を直接脅かしています。 新しい推定では、土地への権利とアクセスの格差が以前に考えられていたよりも40%以上大きいことがわかりました。現在、世界最大の農場のわずか1%が、全農地の70%以上を運営しています。 アクセスと所有権の欠如は、農村部と先住民族のコミュニティを土地から追い出しています。それはまた、推定25億人の生計を危険にさらしていることを、International Land Coalition(ILC)&Oxfamの報告書が明らかにしました。 「不平等の拡大は、貧困撲滅の最大の障害です。グアテマラのような国では、極端な不平等は命を奪います」と、...
500以上の世界有数の慈善団体、社会団体、学者が国際通貨基金に手紙を送り、COVID-19に対処するために強化されるべきだった支援プログラムが、何年もの緊縮財政を多くの国に強いていると警告しています。 署名者である私たちは、IMFに対し、世界中で緊縮財政を推進することを直ちにやめ、代わりに、ジェンダー正義を推進し、不平等を削減し、人と地球を断固として最優先する政策を提唱するよう呼びかけます。 人権を実現し、持続可能な開発目標に向けて前進する政府の能力を懸念する者として、私たちは、現在の危機が収束に向かったら緊縮財政に戻るよう各国に求めるIMFのアドバイスに最大限の警戒を表明します。このパンデミックは、健康、教育、...
私たちが世界の資源を分かち合い尊重するとき、各国が恩恵を受けると Catholic Outlookにアンドリュー・ハミルトン神父は説明しています。 教皇フランシスコはコロナウイルスが広がる前に、2020年の毎月の意向を発表しました。しかし、彼の就任当初からの環境への懸念を総括した9月の意向は、彼の回勅「ラウダート・シ」に非常に力強く表されており、現在コロナウイルスと共存している私たちにとってこれ以上適切であり得ません。ウイルスがどれほど速く広がり、その結果がどれほど壊滅的であるかを目撃してから、私たちは今、人間の生活がいかに危険な状況にあるかを知っています。感染の小さな波でさえ、...
国際シンクタンクが水曜日に発表した分析は、世界人口は2050年までに100億人を超え、生態学的災害と武力紛争により、人類の約10%、つまり約12億人が移住を余儀なくされる可能性があると警告しています。Common Dreamsのジェシカ・コーベットによる報告です。 第1回生態系への脅威登録(ETR)が、世界平和度指数と世界テロリズム指数の作成で知られる豪シドニーに本拠を置く経済平和研究所(IEP)によって発表されました。 新しい報告書(pdf)は、人口増加、水ストレス、食料不安、干ばつ、洪水、サイクロン、気温上昇、および海面上昇のリスクと、...
人類が地球のバイオキャパシティを超えるアース·オーバーシュート·デーは今年、2019年より3週間遅れた8月22日に起こります。この変化はパンデミックによるものですが、これがこの思いがけない不幸な出来事からではなく、私たちの意図を持って起こりえないのでしょうか? 1970年にさかのぼると、地球のバイオキャパシティーは、資源に対する人の年間需要を満たすのに十二分でした。しかし、その後半世紀で、私たちには着実に地球一つでは足りなくなってしましました。人類は現在、地球が1年間に生み出すことができるよりも約60%多く消費しています。つまり、私たちを維持するには1.6コの惑星が必要なのです。 2019年には、...