• English
  • 日本語
  • France
  • Deutschland
  • Italy
  • España
  • Slovenia

Inequality

ボリス・ジョンソンが「世界に予防接種」する計画をコーンウォール・サミットの目標としているにもかかわらず、G7のリーダーたちは、貧困国でのコビッド・ジャブの不足を終わらせるために数十億ポンドを調達することを求める嘆願を拒否しました。 援助団体によると、最も裕福な国々は、資金調達パッケージについて話し合うことすらしなかったため、「正念場」において失敗しました - 代わりに、予想では、必要なワクチンの数の10%未満を寄付するだけです。 サミットの前夜、ゴードン・ブラウンやトニー・ブレアを含む100人以上の世界の元リーダーたちが、G7に真にグローバルなプログラムの660億ドル(468億ポンド)の費用の3分の2を支払うよう求めました...
米国、日本、韓国の主要な宇宙飛行士らが、今週末、英国のコーンウォールで会合を開くG7のリーダーたちを対象とした新しいショートフィルムで力を合わせます。   「世界への呼びかけ: G7」と題された彼らの新しい映画は、世界が COVID-19と気候変動の二重の脅威に取り組み世代を決定づける瞬間に直面している中で、宇宙飛行士らの国際協力のメッセージを伝えています。 NASAのベテランであるニコール・ストット、ロン・ガラン、ラスティ・シュウェイカートに加えて、山崎直子 (日本/JAXA) と李素妍 (韓国) の全員が、宇宙から地球を見るというユニークな立場を体験し、希望のメッセージを伝えました。ここで、唯一の重要な境界線は、...
新型コロナパンデミックの勃発以来、少なくとも9人が新しい億万長者になりました。これは、COVID-19ワクチンを独占している製薬会社が生み出している過剰な利益のためであると、「民衆のワクチン連盟」`(People’s Vaccine Alliance)はG20リーダーのグローバル・ヘルス・サミットに先立って明らかにしました。 英国とドイツを含むG20の主要メンバーは、COVID-19がインドやネパールのような人口のごく一部しかワクチン接種を受けていない国での生活を荒廃させ続けると同時に、ワクチン生産の企業による独占的支配を終わらせることによって供給を増やす動きを阻止しています。...
ノーベル賞受賞者やその他の専門家は、「私たちの惑星、私たちの未来」サミットの後に緊急の行動を呼びかけます。この声明は、運営委員会が公表し、ノーベル賞受賞者と専門家が共同署名した2021年のノーベル賞サミットでの議論に触発されました。 序言 ノーベル賞は、「人類にとって最大の利益」の進歩を称えるために創設されました。それは、安全で繁栄し、平和な世界を構築することを促進したことにおける成功を祝います。その基盤は科学的な理由です。 「科学は、生活の負担を軽減し、その苦しみを軽減するすべての進歩の根底にあります」マリー・キュリー(ノーベル賞受賞者1903年と1911年) 科学は、より良い生活に向けた真実、知識、...
個人であろうと公的であろうと、過剰な債務によって引き起こされる人間の尊厳への損傷は、人権を侵害する不当な政策の結果です。権利の保護は、債務正義のコアとなる原則でなければなりません。プログレッシヴ·インターナショナルのDebt Justice Collectiveのためのアリソン·コーケリー、イグナシオ·サイズ、フアン·パブロ·ボホスラフスキーは記しています。 過剰な債務とそれを助長する政策動向は、人々の生活に壊滅的な影響を及ぼします。このエッセイは、家計負債および公的債務の急増と世界中の人権の体系的な剥奪との間に相互強化関係があることを主張しています。そのため、人権を保護することが債務正義の基本原則でなければなりません...
パンデミックは、世界的な不正義と不平等についての受け入れ難い真実を露呈しました。ローワン・ウィリアムズは、私たちが健康を、特権のある少数の人々が手に入れることができる利益ではなく、普遍的な共通善と見なすよう課題を突きつけれていると書いています。 19世紀後半まで、今日私たちが公衆衛生の基本と見なしているものについてはほとんど知られていませんでした。都市部のきれいな水と公衆衛生システム、出産時の女性のための専門家による基本的なサポートへのアクセス、病院や手術室での衛生 - これらすべての供給やその他の多くの供給がヨーロッパや北米に到着するまでには時間がかかり、改革者と政府に必要な措置を講じるように駆り立てるには、...
英国を含む裕福な国々は、発展途上国がワクチン製造能力を高めるのを助けるための提案を阻止している、という文書がBBCニュースナイト・ショーに漏らされました。 一部の貧困国は、世界保健機関に助けを求めました。しかし、富裕国は、これを達成することを可能にする国際法の規定を押し戻しています。 これは、この問題に関するWHOの決議の交渉テキストの漏洩したコピーに基づくもので、それらの富裕国の中には、英国、米国、そして欧州連合が含まれます。 「各国が自国でより多くのワクチンや医薬品をより簡単に生産できるようにする言葉がそこにあるとすれば、それには資金を提供し、...
「フットプリント正義」のキャンペーンは、国連加盟国に「フェア・アース・シェア」を人権として定めることの法的意味を調査することを呼びかけることによって、勢いを増しています。ダッチ・プラットフォーム・フェアとグリーン・エコノミーのヤン・ジャフェーマンズが、最近の進展について説明します。 さまざまな計算や報告から、先進国は地球を不均衡な割合で使用しており、大きな社会的および生態学的問題を引き起こしていることがわかっています。これはすでに植民地時代に始まり、国際貿易の成長によりますます手に負えなくなってきました。長い間、原材料が使用されていました:地球の人口の20%、特に先進国が、年間で取引される(化石)エネルギー、土地、...
Center for Economic and Social Rights(CESR)とクリスチャン・エイドの共同報告書は、根本的な疑問を投げかけています:経済が人権に基づいていたとしたらどうなっているでしょうか。 世界がCOVID-19のパンデミックに取り組んでいると同時に、人と経済のどちらを選択するかは、政治的議論において根強いテーマとなっています。英国の政治家は、経済を「破壊」し、「依存」を高めるため、無料の学校給食計画を拒否しています。南アフリカの大統領は、COVID-19が所得支援助成金を延長する政府の能力を「要求している」として、「財政上の課題」を引用しました。コロンビアの副大統領は、...
最近の報告書によると、土地不平等は世界の最も貧しい人々の14億人を直接脅かしています。 新しい推定では、土地への権利とアクセスの格差が以前に考えられていたよりも40%以上大きいことがわかりました。現在、世界最大の農場のわずか1%が、全農地の70%以上を運営しています。 アクセスと所有権の欠如は、農村部と先住民族のコミュニティを土地から追い出しています。それはまた、推定25億人の生計を危険にさらしていることを、International Land Coalition(ILC)&Oxfamの報告書が明らかにしました。 「不平等の拡大は、貧困撲滅の最大の障害です。グアテマラのような国では、極端な不平等は命を奪います」と、...
国連人道問題調整事務所によると、今年はCOVID-19により、支援の必要性が前例のないレベルにまで膨れ上がっており、2021年には驚異的な2億3500万人が支援を必要とすると予測しています。 これは、新型コロナウイルスのパンデミックと、紛争、強制移住、地球温暖化の影響などの地球規模の問題の結果です。 国連人道問題調整事務所(OCHA)は、2021年に支援を必要とする人々の数が今年と比較して40%増加すると予想しています - これは、コロナウイルスの発生などによってもたらされた痛み、苦難、苦悩、そしてその他の問題が、ワクチンへの期待が高まる中でも、さらに悪化する可能性がある兆候です。 OCHAは、...
グレート・トランジション・イニシアチブによるフォーラムディスカッションでは、2つのパネルが討論します:UBIは変革のための戦略の中心的要素であるべきでしょうか?STWRは、以下のタイトルで貢献します:グローバルな分かち合いに向けて。  ガイ・スタンディングの幕開けの言葉は、ユニバーサル・ベーシックインカム(UBI)の説得力のある論議を提示しています。パンデミックが始まって以来、これは、ハイレベルな政治的注目を適切に受けている政策提案です - (少なくとも3月に議会で議論された英国など)個々の国においてだけでなく、国連によっても国際レベルで承認されました。...
シェア・ザ・ワールズ・リゾースィズ(STWR)は、モハメッド・ソフィアン・メスバヒによる人気のアーティクルをまとめた本「分かち合いの原理についての考察」を出版しました。 これらのアーティクルはもともと、世界的な金融危機に続く重大な革命期の2011年から2014年にわたってsharing.orgで発表されたものです。その多くは、公衆の蜂起と大衆の占拠運動が世界舞台で変革の著しい勢力となったあの時期における社会のあの突然の民主的目覚めについて物語っています。 しかし、この本に含まれている基本的なビジョンは、あの一つの歴史的瞬間を遥かに越えており、今日さらに大きな関連性と緊急性を持っています。 本(英語版)の購入...
500以上の世界有数の慈善団体、社会団体、学者が国際通貨基金に手紙を送り、COVID-19に対処するために強化されるべきだった支援プログラムが、何年もの緊縮財政を多くの国に強いていると警告しています。 署名者である私たちは、IMFに対し、世界中で緊縮財政を推進することを直ちにやめ、代わりに、ジェンダー正義を推進し、不平等を削減し、人と地球を断固として最優先する政策を提唱するよう呼びかけます。 人権を実現し、持続可能な開発目標に向けて前進する政府の能力を懸念する者として、私たちは、現在の危機が収束に向かったら緊縮財政に戻るよう各国に求めるIMFのアドバイスに最大限の警戒を表明します。このパンデミックは、健康、教育、...
私たちが世界の資源を分かち合い尊重するとき、各国が恩恵を受けると Catholic Outlookにアンドリュー・ハミルトン神父は説明しています。 教皇フランシスコはコロナウイルスが広がる前に、2020年の毎月の意向を発表しました。しかし、彼の就任当初からの環境への懸念を総括した9月の意向は、彼の回勅「ラウダート・シ」に非常に力強く表されており、現在コロナウイルスと共存している私たちにとってこれ以上適切であり得ません。ウイルスがどれほど速く広がり、その結果がどれほど壊滅的であるかを目撃してから、私たちは今、人間の生活がいかに危険な状況にあるかを知っています。感染の小さな波でさえ、...