• English
  • 日本語
  • France
  • Deutschland
  • Italy
  • España
  • Slovenia

International trade

分かち合いへの呼びかけが既に活動的市民と革新的な組織の(多くの場合認識されていないながらも)根本的要求であることを考慮すると、私たち皆を結束させるこの共通理念を受け入れない理由はありません。 これはレポート「私たちの共通目標としての分かち合い」のエグゼクティブ・サマリー(概要)の日本語版です。完全レポートは以下をクリックしてください:私たちの共通目標としての分かち合い エグゼクティブ・サマリー (概要)  全世界の政府がより公正で持続可能な未来への希望をもたらせないかたわら、何百万人ものキャンペーナーおよび活動家は世界危機の激化をなにもせずただ傍観していることを拒否します。いくつかの不吉な前兆があります:気候の混乱、...
分かち合いの経済ムーブメントは、世界の収束する危機の根本的原因に取り組むことが出来るのでしょうか?この論議がゆっくり正しい方向に動いている多くの明るい兆候があるにもかかわらず、資源の分かち合いが人権、公平性、民主主義および持続可能性についての懸念との関連の中で促進されない限り、そのような主張は実質を伴っていないのです。 近年、資源の分かち合いのコンセプトおよび実践は、北アメリカ、西ヨーロパおよび世界の他の地域全体を通して迅速に主流の驚異となっています。インターネットは、車や自転車から住居、仕事場、食べ物、家庭用品、そして時間や専門技術までのすべてにおいて、...
21世紀の画期的なチャレンジに取り組むために、私たちはキリストの簡素なメッセージをかつてないほど心に留め、そして最終的には、世界の富と資源を万人の間でより公平に分かち合わねばならないでしょう。アダム・パーソンズ2015年1月8日キリスト教で分かち合うことの必要はイエスの教えの中心であり、新約聖書を通して主要なテーマです。ルカによると最初期のキリスト教徒は、彼らの所有物を分かち合うことによりイエスの教えの実践を試み、それによって貧困者が養われたのです。病人、貧困者、未亡人、そして社会の最も恵まれない人たちの世話をすることのイエスの教えを明確にする聖書からの多くの引用と寓話があります。ヘブライ人への最後の説教に書かれているように、...
STWRの創始者・モハメッド・ソフィアン・メスバヒは、現在進行中のこのエッセイ・シリーズにおいて、社会的、経済的、政治的な観点からだけでなく、霊的、心理的な観点からも分かち合いの意味と重要性を探求します。 全人類のためのベーシックインカムに向けて 国連の後援のもと組織立てられた、真に普遍的そして無条件のベーシックインカムが最終的に各国で実行可能でありながらも、これはまず最初に、世界資源のより公平な分かち合いに基づき飢餓と不必要な貧困を根絶するという目標への比類のない一般人の支持にかかっているのです。それが、ベーシックインカム政策がすべての人の根本的な人権を支持する唯一の道だと、モハメッド・ソフィアン・メスバヒは記します。...
過去2、3年間に渡って分かち合いの経済は、北アメリカ、西ヨーロッパ、そして世界の他の地域を通して迅速な発展を遂げました。緊急なグローバル問題の解決法として、現在多くの個人や団体が古来からの分かち合いの実践を開拓している一方で、多くの批評家が、急成長する様々な形態の分かち合いの運動の目標、意味、そして未来の方向性について問い始めています。 分かち合いの経済の現在の発展について、用心かつ楽観すべき両方の理由があります。断続する経済危機、そして崩壊する、負債に煽られた過度な消費モデルの結果特に、分かち合いの倫理は今後もますます必要不可欠となり一般化するだろうことを斬新的な政治的発展が暗示する一方で、...
今日の世界で最大の危険は、商業化自体にあるのではなく、人類の叡智が自然や霊的進化とは逆方向に導かれるところの、その内外の表れへの私たちの絶え間ない自己投影なのです。 「分かち合いは、世界の問題を解決するための鍵です」。このような発言は、余りに単純すぎてアピールに欠けるかもしれません。ですから、これが何を意味するのか理解したいなら、この主題をさらに掘り下げていく必要があります。分かち合いが正義、平和、正しい人間関係への最も確かな導き手であることを理解するために、私たちはその意味と重要性を、心理的及び霊的、さらには社会的、経済的、政治的な観点など多くの角度から突き詰めていく必要があります。分かち合いに関しては無数の考え方があります...
分かち合いの経済への拡大する支持は、私たちが直面する多くのチャレンジを理解し取り組む方法を変革する可能性を持っています。しかし、分かち合いが貧困、持続可能性、世界平和との関係から真に変革的なインパクトを与えることができるのは、国家的およびグローバルなレベルにおいてなのです。 分かち合いの実践に目新しいところはなにもありません;毎日人々はそれを行なっており、文明の幕開け以来ずっと行なってきました。しかし、グローバル・シェアリング・デーには147カ国におよぶ組織的ネットワークの何百万人もの人々が、世界中の分かち合いのワークショップおよび活動に参加することによって「分かち合い経済」を支持する声を発しました。 以下に注目してください:...
キーポイント: 関税下げは政府の歳入を大幅に削減します。それは特に、国家予算への資金の大部分を関税から調達している貧困国にとってそうです。 もしドーハ・ラウンドの世界貿易会議が達成されたなら、貧困国は関税削減を通して634億ドルを失うことが可能です。 2カ国間および地域自由貿易(FTAs)は関税収入のさらに大きな損失をもたらすことが予期されます。例えば、欧州連合とのFTAはサブサハラ経済に年間26億ドルの損失をもたらし得ます。  貿易の自由化のより幅広い影響は、主に国内の農業および工業生産へのその破壊的影響のため、発展途上国のための国家収入のさらに大きい損失をもたらします。...
21世紀に適応した持続可能な国際経済は、人類の相互依存関係を支える新しい倫理的枠組みに基づかなければなりません。『世界資源を分かち合う(STWR)』の新しい報告によると、経済的分かち合いの過程は、世界の必須資源や必需品、必需サービスを万人が利用できるよう保障することができます。 人類はまさに崖っぷちに立っています。国連設立以来、継続して行われる開発努力にもかかわらず、国際社会は地球規模の貧困や環境の劣化に終止符を打てずにいます。世界の半分以上が未だに必要最低限の食糧、きれいな水、必須医薬品を十分入手できずに苦しんでいます。国際経済を動かす政策は、貧富の差を明らかにし、地球上の天然資源をめぐる紛争を引き起こし、...
貧困と社会的状況は、発展途上国における病気の主な原因であることが広く認められています。この報告書は、国際経済の分かち合いを拡大することが、すべての人の医療という長年の目標を達成するための最初のステップであることを説明しています。 コンテンツ イントロダクション Part 1  貧困は健康不安をもたらす  基本的な医療へのアクセス きれいな水へのアクセス 教育と知識へのアクセス Part 2  貧困と病気の構造的原因 債務と構造調整 不公平な貿易ルール 多国籍企業の力 Part 3 分かち合いの原則を実現する必要性 アネックス 発展途上国の病気...
スマトラ島沖地震が原因で起こった津波以降、世界の世論は変化しました。人々は被災地の人々の窮状に心を打たれ、アフリカなど世界の他の地域の貧困や不正について話し始めています。ブラント委員会報告書の推奨事項を再検討するときがきました。モハメッド·ソフィアン·メスバヒは書いています。 2004年12月26日の津波災害に対する世界の人々の反応は、心からの共感であり、困っている同胞を助けたいという本能的な願望であり、現在もそうであり続けます。これほど多くの国々から、これほど多くの人々がこれほど多くの援助を災害の犠牲者に与えたことはかつてありませんでした。世界の政府は、公衆の寛大さの驚くべき規模により、恥ずべきことに、...