• English
  • 日本語
  • France
  • Deutschland
  • Italy
  • España
  • Slovenia

New economic paradigms

「フットプリント正義」のキャンペーンは、国連加盟国に「フェア・アース・シェア」を人権として定めることの法的意味を調査することを呼びかけることによって、勢いを増しています。ダッチ・プラットフォーム・フェア・アンド・グリーン・エコノミーのヤン・ジャフェーマンズが、最近の進展について説明します。 さまざまな計算や報告から、先進国は地球を不均衡な割合で使用しており、大きな社会的および生態学的問題を引き起こしていることがわかっています。これはすでに植民地時代に始まり、国際貿易の成長によりますます手に負えなくなってきました。長い間、原材料が使用されていました:地球の人口の20%、特に先進国が、年間で取引される(化石)エネルギー、土地、...
Center for Economic and Social Rights(CESR)とクリスチャン・エイドの共同報告書は、根本的な疑問を投げかけています:経済が人権に基づいていたとしたらどうなっているでしょうか。 世界がCOVID-19のパンデミックに取り組んでいると同時に、人と経済のどちらを選択するかは、政治的議論において根強いテーマとなっています。英国の政治家は、経済を「破壊」し、「依存」を高めるため、無料の学校給食計画を拒否しています。南アフリカの大統領は、COVID-19が所得支援助成金を延長する政府の能力を「要求している」として、「財政上の課題」を引用しました。コロンビアの副大統領は、...
グレート・トランジション・イニシアチブによるフォーラムディスカッションでは、2つのパネルが討論します:UBIは変革のための戦略の中心的要素であるべきでしょうか?STWRは、以下のタイトルで貢献します:グローバルな分かち合いに向けて。  ガイ・スタンディングの幕開けの言葉は、ユニバーサル・ベーシックインカム(UBI)の説得力のある論議を提示しています。パンデミックが始まって以来、これは、ハイレベルな政治的注目を適切に受けている政策提案です - (少なくとも3月に議会で議論された英国など)個々の国においてだけでなく、国連によっても国際レベルで承認されました。...
シェア・ザ・ワールズ・リゾースィズ(STWR)は、モハメッド・ソフィアン・メスバヒによる人気のアーティクルをまとめた本「分かち合いの原理についての考察」を出版しました。 これらのアーティクルはもともと、世界的な金融危機に続く重大な革命期の2011年から2014年にわたってsharing.orgで発表されたものです。その多くは、公衆の蜂起と大衆の占拠運動が世界舞台で変革の著しい勢力となったあの時期における社会のあの突然の民主的目覚めについて物語っています。 しかし、この本に含まれている基本的なビジョンは、あの一つの歴史的瞬間を遥かに越えており、今日さらに大きな関連性と緊急性を持っています。 本(英語版)の購入...
国連開発計画の新しい報告書によると、世界で最も貧しい人々のための臨時ベーシックインカムの即時の導入は、COVID-19の現在の急増を抑制し、30億人近くの人々が家にとどまることを可能にするでしょう。 臨時ベーシックインカム:開発途上国の貧困·脆弱層を守るためにの見積もりによると、UNDPが「一定期間保証されたベーシックインカム」として述べるものを、132の発展途上国で貧困ライン以下、またはギリギリ貧困ライン上で生活している27億人に提供するため」には、月額1,900億ドル以上の費用が政府にかかります。 特に、10人に7人の労働者がインフォーマル·マーケットを通じて生計を立て、...
コンテンツ 2019年における私たちの活動とインパクト リサーチ、執筆、出版本 キャンペーン、活動、イベント 今後のプランとプロジェクト 2019年における私たちの活動とインパクト  世界資源を分かち合うための呼びかけは、2019年の国際的なイベントの中心であり続けました。飢餓の範囲は、主に紛争と気候変動に牽引され、3年連続で増加している一方で、世界の人道的ニーズは数十年で最高レベルに達しました。世界の強制移動の危機もまた、政治的怠慢と資金不足のために悪化し続けました。世界の最貧国による債務返済は2010年以降2倍になりましたが、国際援助目標の達成は後退しました。...
ヨーロッパが第二次世界大戦以来の最大の社会的課題に直面するとともに、スペイン、イタリア、ポルトガルの大臣たちは、EU共通の最低限所得保障へのアプローチを求めています。 それは20年以上にわたって提案され、徹底的に調査され、EUの末端に押しやられました。 現在、ヨーロッパは何万人ものコロナウイルスによる死と数百万人もの失業から数世代にわたる最悪の不況によろめいていると同時に、スペイン、イタリア、ポルトガルの大臣は、EU全体の最低限所得保証という急進的アイデアを復活させる時がきたと言っています。 「社会的保護について議論する時がきた」とスペインの社会的人権担当の第2副首相でありポデモスの指導者であるパブロ・...
地球規模での平和的な大衆運動を通じて、最も貧しい人々のニーズを最優先にすることにより、ようやく、私たちはより平等で持続可能な包括的未来への道を歩むことになるだろうと、ソニア・シャーンドルは述べています。 私たちの人類家族は着実に拡大していると同時に、人口過多は大きな懸念事項です。世界的に、私たちは複数の相互関連する危機に直面しています。飢饉、戦争、致命的なパンデミック、洪水、火災、地震などの生態学的混乱が増加しています。都市は地上、空中、水中の息の詰まるような汚染レベルのなかで人口が膨らんでいます。私たちの交通システムは過負荷であり、人口の増加に追いつくのに必死です。急速に変化する地球に明らかに適応できなくなったため、...
私たちは、要望に応えて、ユニバーサル・ベーシックインカム(UBI)に対するSTWRの展望についての本(英語版)を出版しました。 この本のリリースは、世界中の多くの政府がコロナウィルスの危機において国民に直接的な現金給付を行うなど、UBI政策への関心の急増を考慮するとタイムリーです。 アメリカやイギリスなどの富裕国では、国家のUBI制度を導入する可能性が突如再び注目を集めています。しかし、モハメッド・ソフィアン・メスバヒがこのテーマへのユニークな探究のなかで目指しているように − 真に「ユニバーサル(普遍的)」な意味でのベーシックインカムの明確なビジョンについて考察する提唱者は僅かです。 彼は、...
真に普遍的で無条件のベーシックインカムは、それが国連の後援のもと調整されるなら、最終的にすべての国で実行可能です。しかしながらまず最初にこれは、世界資源のより公平な分かち合いに基づいて、飢餓と不必要な貧困を根絶するという目標への比類のない一般人の支持に依存します。それが、すべての人のための基本的人権をベーシックインカム政策が支持する唯一の道だとモハメッド・ソフィアン・メスバヒは記します。そして、この動機のもと追求されるならそれは、「すべての国を超えて人類がある」ということを本質的に意味する高潔で開拓的道なのです。 コンテンツ: 編集者の序文 イントロダクション:「誰もが生きる権利を持っている」 パートl:...
以下は、今年9月25日から27日までの間、ポルトガルで開催された第17回ベーシックインカム・アースネットワーク(BIEN)会議に平行して、ビクトリア・ゲイターとソニア・シャーンドルによって提出された報告概要である。 STWRはモハメッド・メスバヒによって2003年に創始された、国連経済社会理事会(ECOSOC)の協議資格を持つロンドン・ベースの市民社会グループです。私たちは、リサーチと活動を通して、現在政府が対処出来ていない広範に渡る相互連結した危機 − 飢餓、貧困、気候変動、環境劣化及び世界の天然資源を巡る紛争など − への実際的な解決策として、分かち合いの原理を世界情勢に融合させることの正当性を主張します。また、...
人類全体の共益を受け入れるために、平均的人間の意識が拡大されるところの心理的変革の必要性を第一に考察しない限り、地球の共有資源管理のための新経済パラダイムを真剣に見通すことはできないでしょう。なぜなら人類もまた、惑星的および霊的視点からコモンズの不可欠な一部だからです – それは、豊かな世界のなかで餓死していく人々が、私たちのコモンズが悲惨にも見捨てられているというひとつの甚だしい例であることを意味しています - モハメッド・ソフィアン・メスバヒ コンテンツ: 編集者の序文 イントロダクション:より広い知覚のレンズ l. 認識の障害 ll. 世界人権宣言第25条のために立ち上がる lll. 歓喜の霊的特質を解放する...
分かち合いへの呼びかけが既に活動的市民と革新的な組織の(多くの場合認識されていないながらも)根本的要求であることを考慮すると、私たち皆を結束させるこの共通理念を受け入れない理由はありません。 これはレポート「私たちの共通目標としての分かち合い」のエグゼクティブ・サマリー(概要)の日本語版です。完全レポートは以下をクリックしてください:私たちの共通目標としての分かち合い エグゼクティブ・サマリー (概要)  全世界の政府がより公正で持続可能な未来への希望をもたらせないかたわら、何百万人ものキャンペーナーおよび活動家は世界危機の激化をなにもせずただ傍観していることを拒否します。いくつかの不吉な前兆があります:気候の混乱、...
この報告書は、分かち合いへの呼びかけが、社会正義、環境管理、真の民主主義、世界平和のための多くの既存のイニシアチブをどのように支持しているかを示しています。これに基づいて、STWRは、市民社会組織と社会運動を統一された変革への呼びかけの下で結び付けるのに役立つ共通の目標として、分かち合いをより広く促進すべきであると主張します。 コンテンツ ​エグゼクティブサマリー(概要) パートl:危機に陥った過渡期の世界 パートll:分かち合いへのグローバル・コールのマッピング ◦ 社会正義 ◦ 環境管理 ◦ 世界平和 ◦ 参加型民主主義 ◦ ​多争点型運動 パートlll:...
アメリカ人活動家への手紙 アメリカ合衆国が今日の低迷と混乱の深みに沈んでしまった原因は何でしょうか。この国は、自由、正義、民主主義の理想に基づいて設立されましたが、ますます道を踏み外し、これらの崇高な概念を劣化させてきました。「世界を啓発する自由の女神」は頭を下げて、壊れた足鎖を組み直し、燃え立つトーチを手放す必要が本当にあるのでしょうか? おそらく、それらの足鎖は、奴隷制と抑圧の終わりではなく、非常に唯物論的で分裂的な社会にはっきり表れたアメリカンドリームの醜く幻惑的なアイデアを象徴しているのかもしれません。 私たちのほとんどがアメリカンドリームの追求に内在する危険性を認識しないのはなぜでしょうか?...