• English
  • 日本語
  • France
  • Deutschland
  • Italy
  • España
  • Slovenia

People's movements

小規模食料生産者、研究者、先住民の300以上のグローバル市民社会組織がオンラインで集まり(7月25~28日)、国連食料システムプレサミットに抗議します。  The People’s Counter-Mobilization to Transform Corporate Food Systems(企業の食料システムを変革するための人々の反対動員)は、ボイコットするために請願した科学者の同盟を含む、国連食料システムサミット(UNFSS)を拒否したものの中で最新の動きです。 The People’s Autonomous Response to the UNFSS(UNFSSに対する人々の自主的な対応)は、...
コンテンツ 2020年の活動とインパクト STWRのリサーチと執筆 キャンペーンとイベント 将来のプランとプロジェクト ​2020年の活動とインパクト 2020年の初めから、戦争、気候緊急事態、経済的絶望の予期された下方スパイラルについて、国連から厳しい警告が発せられました。アフリカでは前例のない飢餓レベルで警鐘が鳴りました。地球の人口の半分の富を合わせたものと同じだけの富を所有する162人の億万長者をもって、ほとんどの国で所得の格差が拡大していることについての慣例の注意喚起のメッセージが発せられました。しかし、これはすべて、コロナウイルスの危機が世界中に広がり、...
米国、日本、韓国の主要な宇宙飛行士らが、今週末、英国のコーンウォールで会合を開くG7のリーダーたちを対象とした新しいショートフィルムで力を合わせます。   「世界への呼びかけ: G7」と題された彼らの新しい映画は、世界が COVID-19と気候変動の二重の脅威に取り組み世代を決定づける瞬間に直面している中で、宇宙飛行士らの国際協力のメッセージを伝えています。 NASAのベテランであるニコール・ストット、ロン・ガラン、ラスティ・シュウェイカートに加えて、山崎直子 (日本/JAXA) と李素妍 (韓国) の全員が、宇宙から地球を見るというユニークな立場を体験し、希望のメッセージを伝えました。ここで、唯一の重要な境界線は、...
新型コロナウイルスのパンデミックが続くことで不平等の深刻化と雇用危機が悪化する中、抗議運動は世界中で増加しています。 2020年には、広範囲にわたる新型コロナウイルスに伴うロックダウンにより、世界中の国々で抗議デモが引き起こされ、何百万人もの人々が、仕事、民主的自由、社会正義、腐敗の終焉を求めて通りを行進しています。 しかし、経済状況の悪化と人々が直面している問題に対処するための政府の行動の欠如は、より多くの抗議を引き起こす可能性があるでしょう。 ここでは、世界中で最大の抗議運動のいくつかを見てみましょう。 米国外の抗議デモを追跡するデータ・プロジェクトは、...
世界貿易機関(WTO)での重要な会議に先立ち、市民社会とグローバル・サウスの労働組合は、新型コロナワクチンやその他の医療製品に関する特定の知的財産権を放棄する提案を阻止することをやめるよう先進国の指導者に呼びかけています。 WTOの知的所有権の貿易関連の側面に関する協定(TRIPS協定)に基づく特定の知的財産権の義務の適用と施行を一時的に停止するというこの画期的な提案、または「TRIPS放棄案」は、COVID-19の効果的な防止、封じ込め、および治療を促進するものです。 発展途上国は、「TRIPS放棄案」が、世界的パンデミックに対処するために必要な治療薬、ワクチン、その他の医療製品の生産を増やし、...
Center for Economic and Social Rights(CESR)とクリスチャン・エイドの共同報告書は、根本的な疑問を投げかけています:経済が人権に基づいていたとしたらどうなっているでしょうか。 世界がCOVID-19のパンデミックに取り組んでいると同時に、人と経済のどちらを選択するかは、政治的議論において根強いテーマとなっています。英国の政治家は、経済を「破壊」し、「依存」を高めるため、無料の学校給食計画を拒否しています。南アフリカの大統領は、COVID-19が所得支援助成金を延長する政府の能力を「要求している」として、「財政上の課題」を引用しました。コロンビアの副大統領は、...
グレート・トランジション・イニシアチブによるフォーラムディスカッションでは、2つのパネルが討論します:UBIは変革のための戦略の中心的要素であるべきでしょうか?STWRは、以下のタイトルで貢献します:グローバルな分かち合いに向けて。  ガイ・スタンディングの幕開けの言葉は、ユニバーサル・ベーシックインカム(UBI)の説得力のある論議を提示しています。パンデミックが始まって以来、これは、ハイレベルな政治的注目を適切に受けている政策提案です - (少なくとも3月に議会で議論された英国など)個々の国においてだけでなく、国連によっても国際レベルで承認されました。...
シェア・ザ・ワールズ・リゾースィズ(STWR)は、モハメッド・ソフィアン・メスバヒによる人気のアーティクルをまとめた本「分かち合いの原理についての考察」を出版しました。 これらのアーティクルはもともと、世界的な金融危機に続く重大な革命期の2011年から2014年にわたってsharing.orgで発表されたものです。その多くは、公衆の蜂起と大衆の占拠運動が世界舞台で変革の著しい勢力となったあの時期における社会のあの突然の民主的目覚めについて物語っています。 しかし、この本に含まれている基本的なビジョンは、あの一つの歴史的瞬間を遥かに越えており、今日さらに大きな関連性と緊急性を持っています。 本(英語版)の購入...
STWRは、今後数か月にわたって実施されるポスター・キャンペーンを開始しました。これらのポスターはロンドン中心部全体に掲示され、ロンドンの地下鉄駅での広告から始まります。 目的は、世界のすべての人のための十分な食糧、住居、医療および社会保障を支持する世界人権宣言第25条の実施を求める私たちの呼びかけに、より多くの人々を招くことです。 第25条に関する公の議論は、緊急に政治分野に取り入れられる必要があり、人々の認識とパワーのみがそれを達成することができるでしょう。 ポスター・キャンペーンは、第25条の重要性と世界資源を分かち合うというビジョンにに対する認識をさらに高めることを促進します。今、これまで以上に、社会的・...
コンテンツ 2019年における私たちの活動とインパクト リサーチ、執筆、出版本 キャンペーン、活動、イベント 今後のプランとプロジェクト 2019年における私たちの活動とインパクト  世界資源を分かち合うための呼びかけは、2019年の国際的なイベントの中心であり続けました。飢餓の範囲は、主に紛争と気候変動に牽引され、3年連続で増加している一方で、世界の人道的ニーズは数十年で最高レベルに達しました。世界の強制移動の危機もまた、政治的怠慢と資金不足のために悪化し続けました。世界の最貧国による債務返済は2010年以降2倍になりましたが、国際援助目標の達成は後退しました。...
コロナウイルスのパンデミックにもかかわらず、世界中で激しい怒りと街頭での抗議デモが高まり続けています。 政府は、社会的、経済的権利、および公民権の拒否に合法的に抗議する市民の要求に耳を傾ける必要があります。IPS newsに、イザベル·オルティス、サラ·バーク、ヘルナン·コルテス·センツが書いています。 Covid-19による強制的沈黙の隔離期間後、世界中の市民はコロナウイルスによる制限に逆らい、真の民主主義、仕事、生活賃金、公共サービス、人権のために、そして汚職、不平等および不正と闘うために街頭を埋めつくしています。 私たちは、現状に逆らうさまざまな種類の人々によって引き起こされる世界中での抗議の波が高まると予測しています。...
地球規模での平和的な大衆運動を通じて、最も貧しい人々のニーズを最優先にすることにより、ようやく、私たちはより平等で持続可能な包括的未来への道を歩むことになるだろうと、ソニア・シャーンドルは述べています。 私たちの人類家族は着実に拡大していると同時に、人口過多は大きな懸念事項です。世界的に、私たちは複数の相互関連する危機に直面しています。飢饉、戦争、致命的なパンデミック、洪水、火災、地震などの生態学的混乱が増加しています。都市は地上、空中、水中の息の詰まるような汚染レベルのなかで人口が膨らんでいます。私たちの交通システムは過負荷であり、人口の増加に追いつくのに必死です。急速に変化する地球に明らかに適応できなくなったため、...
問題は、コーヴィッド19が、良心の呵責のない世間が長い間無視してきた人類の多数派の貧困化をさらに激化させる新たな原因となるのか、それとも世界の深刻な不平等に対して私たちを目覚めさせるのかどうかということです。 2020年初頭から、私たちは並外れた新時代に突入しました。この先のことについては、依然としてかなりの恐怖と不確実性があり、ほとんどの国は、戦後において前例のない一種の社会的および政治的革命を経験しています。しかし、コーヴィッド19の被害者の悲劇と苦しみのなかで、この画期的時期の将来の可能性への希望が再び湧いています。あらゆるタイプの政治運動家は、...
医療と社会的ニーズの充足を優先するために軍事費を大幅に削減するよう求める国際平和ビューロー(IPB)の請願書に署名しよう。 この声明に基づいた国連総会への請願書に署名しよう。 下に署名した私たちは、国連総会に集う世界の指導者たちに対し、軍事支出 を大幅に削減して、医療とあらゆる社会保障と環境保護のニーズに資金を回すよう呼びかけます。 *署名は 2020 年 9 月 15 日に開会する国連総会の初日に提出されます。 医療の圧迫 世界最古の平和団体でノーベル平和賞を受賞した国際平和ビューローととも に、私たちは医療への支出を劇的に引き下げた無責任な政策決定の結果を目の 当たりにしています。...
私たちは、要望に応えて、ユニバーサル・ベーシックインカム(UBI)に対するSTWRの展望についての本(英語版)を出版しました。 この本のリリースは、世界中の多くの政府がコロナウィルスの危機において国民に直接的な現金給付を行うなど、UBI政策への関心の急増を考慮するとタイムリーです。 アメリカやイギリスなどの富裕国では、国家のUBI制度を導入する可能性が突如再び注目を集めています。しかし、モハメッド・ソフィアン・メスバヒがこのテーマへのユニークな探究のなかで目指しているように − 真に「ユニバーサル(普遍的)」な意味でのベーシックインカムの明確なビジョンについて考察する提唱者は僅かです。 彼は、...