• English
  • 日本語
  • France
  • Deutschland
  • Italy
  • España
  • Slovenia

Poverty and hunger

イングランドおよびウェールズの市民社会全体から70以上の組織が、英国の人権記録に関する国連への新しい報告書の証拠を提出した、とEach Otherにエマ・ガイ氏は書いています。 Just Fairの報告書は、英国における権利 (食料、住居、社会保障、仕事、労働組合、健康、教育などの日常的な権利を含む) が危機に瀕していると結論づけています。 英国の人権状況を示す衝撃的な統計 この報告書は、英国では4人に1人の子供が貧困の中で育っているという事実を含む、衝撃的な統計をいくつか明らかにしています。 この報告書は、2021/22年に、Trussell Trust ネットワークのフードバンクによって、...
緊縮財政が撤廃されない限り、開発途上国の人々は、最も必要なときに、社会的保護と公共サービスを失うことになります。しかし、そうである必要はないのです。Project Syndicateにイザベル·オルティツ氏とマシュー·カミンズ氏は書いています。 世界は、COVID-19、エネルギー、インフレ、債務、気候ショックから生活費危機や政情不安に至るまで、複数の複合的な危機に直面しています。野心的な行動の必要性はこれまで以上に大きくなっています。しかし、現在では「金融引き締め」または「財政健全化 」と呼ばれる緊縮財政などの失敗した政策の復活、および効果的な課税と債務削減の取り組みの欠如は、...
一年のこの時期、私たちは凄まじい過剰消費とクリスマスの祝祭に共に没頭すると同時に、危機的な世界情勢の現実を忘れがちです。しかし、環境破壊、貧困レベルの増大、世界的な緊張の高まりの中で、クリスマスの本当の意味とは何でしょうか? この問いについてのモハメド・ソフィアン・メスバヒの講話は、地球と恵まれない人々に関係して、謙虚で真に愛情のある方法でクリスマスを祝うことができるかどうかを問いかけています。キリストの誕生を祝うにあたり、世界中の飢餓と貧困の撲滅のために、自由と正義の旗の下結束し、平和的なデモを行うことより良い方法はないと彼は主張しています。 メスバヒは次のように書いています:「...
新しい報告書、End Austerity: A global report on budget cuts and harmful social reforms (反緊縮: 予算削減と有害な社会改革に関するグローバル報告書)は、2023年までに世界人口の85%が緊縮財政政策の中での生活を強いられるであろうことを示しています。 この傾向は少なくとも2025年まで続く可能性が高く、その時点で世界人口の75% (129か国) が依然としてこれらの条件下で生活している可能性があります。 緊縮策には、女性、子供、高齢者、その他の脆弱な人々のための社会的保護プログラムの規模の縮小が含まれ、...
世界の超富裕層人口が記録的に急増したことが新しい分析で明らかになり、慈善団体同盟は火曜日、世界中で何億人もの人々が飢えており、4秒に1人が餓死していると発表しました。 75か国の少なくとも238の国際および地域の慈善団体が公開書簡に署名し、「現在、3億4,500万人という驚異的な数の人々が深刻な飢餓に苦しんでおり、その数は2019年から2倍以上になっている」と述べています。 「21世紀に再び飢饉を起こさせないという世界の指導者たちの約束にもかかわらず、ソマリアでは飢饉が再び差し迫っている」と署名者は述べました。「世界では、45か国で5000万人が飢餓の危機に瀕している」...
コンテンツ 2021年の活動とインパクト 印刷出版物とウエブサイト キャンペーン活動とイベント 将来のプランとプロジェクト 2021年の活動とインパクト 2021年が幕開けると同時に、地球資源を分かちあう必要性は前例のないものでした。深刻な食料不安はにまで急上昇し、世界の飢餓の取り組みは逆行しました。新型コロナウイルスのパンデミックの間、世界のほぼ3分の1が十分な食べ物を食すことができず、世界中で4,000万人以上が飢餓の危機に瀕していました。同時に、統計開始以来、私たちは不平等の最大の拡大を目の当たりにしましたが、すでに裕福な大企業がパンデミック中の公的救済基金の主な受益者でした。国家間の貧富の差も拡大し、...
ロシア·ウクライナ戦争は、世界の商品市場に大混乱をもたらし、エネルギーおよび食料価格を押し上げ、世界中の飢餓の緊急事態を悪化させている、とCommon Dreamsのジェイク·ジョンソン氏は報告しています。 しかし、何百万人もの人々が飢餓の瀬戸際に生きている世界の貧困層にとっては悲惨な状況ですが、世界の100の大手銀行が商品取引利益の記録を打ち砕くペースで進んでいることを示す新しいデータによると、この混乱はウォール街の最大手企業にとって大きな利益となっています。 ブルームバーグは金曜日に、ロンドンを拠点とする会社 Vali Analytics の数字を引用して、「売上高上位100の銀行は、2022年に商品取引で ...
国連人道問題調整事務所(OCHA)のスポークスパーソンによると、国連の人道支援プロジェクトは今年、記録的な資金不足に直面しています。世界的なニーズがドナーの約束をしのぐと同時に、必要な487億ドルの3分の1しか確保されていません。 ウクライナでの戦争やアフリカの角での干ばつなどを含んだ武力紛争や気候変動が、コミュニティ全体の生活を脅かす「巨大危機」の主な要因として浮上しているため、世界中で約2億400万人を支援するために資金が必要です。 OCHAのスポークスパーソンであるJens Laerke氏は、メディアブリーフィングで、「すでに今年後半に入っているが、資金不足は336億ドルに達し、これまでで最大の資金不足だ」と述べました...
3,700万人以上の人々が深刻な飢餓に直面しており、この地域では5歳未満の約700万人の子供たちが深刻な栄養不良に陥っています。   食料と安全な水を見つけることが絶対的な優先事項ですが、WHOは、予防可能な病気や死亡を回避するために、強力な医療緊急対応を確保することが必要であると述べました。 国連機関は、高まる健康ニーズに対応し、食料危機が健康危機に発展するのを防ぐために、1億2,370万ドルを要求しています。 「状況はすでに壊滅的であり、私たちは今すぐ行動する必要がある」と、WHOの緊急対応担当事務局長補佐のイブラヒマ・ソセ・フォール氏は述べています。「この資金不足の危機を断続させることはできない」 ...
6月30日、マドリードでの北大西洋条約機構(NATO)サミットが、武器への支出を2倍にし、ヨーロッパの軍隊の数を8倍に増やすという最終の約束を持って終了したと同時に、世界中の飢えた人々の総数は今や前例のない記録を打ち立てていると、IPSニュースのバヘール・カメル氏は書いています。 IPSがすでに取り上げたように(NATO Summit Set to Further Militarise Europe, Expand in Africa?/NATO首脳会合 ヨーロッパをさらに軍事化、アフリカに拡大か?)、西側軍事同盟宣言は、加盟国が「すべての戦略的方向」から明確な脅威に直面し続けていると述べています。 「ロシア連邦は、...
東アフリカでは、48秒ごとに1人が飢餓で亡くなっています。openDemocracy.orgのギャレス・オーウェン氏は、世界を駆り立てる取り組みが緊急に必要であると述べています。 気候変動、COVID-19、ウクライナ戦争の複合的な影響は、世界的大惨事の兆候を示していますが、大部分の人々、特に、世界のリーダーたちは、そのことについて話しもしません。 わずか2年間で、深刻な食料不安に瀕している人々の数は1億3500万人から2億7600万人に倍増し、ほぼ5000万人が飢饉の危機に瀕しています。世界の食料品と燃料価格は、ウクライナでの紛争により高騰しています。 ウクライナは、ロシアとともに、ソマリア、イエメン、...
世界が地球上のすべての人間を養うのに十分な食料を生産していることに気付かなかった人はいるのでしょうか。一方、欧州連合の人口のほぼ2倍の人々が、毎晩空腹で床についています。 そして、最も裕福な国に住むすべての人間の20%が、購入した食料の約35%を無駄にし、ゴミとして捨てていることを知らなかったふりをしないでください。 貧困国での食料廃棄(はるかに少ない量ですが)はまた、貧困、武力紛争、汚職のせいですが、十分な貯蔵インフラも不足しています。 つまり、国連環境計画(UNEP)の食品廃棄物報告2021によると、毎年5億7000万トンの食品が家庭レベルで浪費されています。 この食品廃棄量は、...
世界の地政学的様相の大きな変化を認めることは重要ですが、何百万もの人々が、彼らが関与していない世界的な紛争の代償を払って飢えていることを忘れるべきではありません。 国際ニュースの見出しは主にウクライナでの戦争に焦点を当てていますが、世界中の多くの地域で感じられている戦争の酷い影響にはほとんど注意が払われていません。これらの余波について論じられた場合でも、ロシアのエネルギー源に大きく依存しているドイツやオーストリアなどのヨーロッパ諸国に不均衡な報道範囲が割り当てられています。 しかし、恐ろしいシナリオが、ドイツとは異なり、ロシアの原材料を最終的にどこからも代替することができないグローバル・サウスの国々を待っています。チュニジア...
COVID-19、世界的な不平等の拡大、ウクライナでの戦争による食料価格の高騰の衝撃により、2022年には25億人以上の人々が極度の貧困に陥る可能性があることを、新しいオックスファムの報告書が明らかにしました。 ワシントンDCでの世界銀行とIMFの春の会議に先立って発表された“First Crisis, Then Catastrophe”(「危機に続く大惨事」)は、今年末までに8億6000万人が極度の貧困(1日1.90ドル未満)で生活する可能性があることを示しています。これは世界的な飢餓に反映されています。栄養不足の人々の数は2022年に8億2700万人に達する可能性があります。 世界銀行は、...
アフガニスタンの人々は今日、「例を見ない規模」の食料不安と栄養失調の危機に直面している、と常駐・人道調整官は火曜日に言いました。 副特別代表を兼務するラミズ・アラクバロフは、 同国の深刻な飢餓が7月の1,400万人から3月には2,300万人に増加し、世帯が食料を食卓に出すために「窮余の策」に訴えることを余儀なくされたと述べました。 「容認できないトレードオフは、計り知れない苦しみを引き起こし、利用可能な食品の質、量、多様性を低下させ、子供たちの高度の消耗症、および女性、男性、子供たちの心身の健康に他の有害な影響をもたらしている」彼は説明しました。 「厳しい現実」...