• English
  • 日本語
  • France
  • Deutschland
  • Italy
  • España
  • Slovenia

Poverty and hunger

ボリス・ジョンソンが「世界に予防接種」する計画をコーンウォール・サミットの目標としているにもかかわらず、G7のリーダーたちは、貧困国でのコビッド・ジャブの不足を終わらせるために数十億ポンドを調達することを求める嘆願を拒否しました。 援助団体によると、最も裕福な国々は、資金調達パッケージについて話し合うことすらしなかったため、「正念場」において失敗しました - 代わりに、予想では、必要なワクチンの数の10%未満を寄付するだけです。 サミットの前夜、ゴードン・ブラウンやトニー・ブレアを含む100人以上の世界の元リーダーたちが、G7に真にグローバルなプログラムの660億ドル(468億ポンド)の費用の3分の2を支払うよう求めました...
新型コロナパンデミックの勃発以来、少なくとも9人が新しい億万長者になりました。これは、COVID-19ワクチンを独占している製薬会社が生み出している過剰な利益のためであると、「民衆のワクチン連盟」`(People’s Vaccine Alliance)はG20リーダーのグローバル・ヘルス・サミットに先立って明らかにしました。 英国とドイツを含むG20の主要メンバーは、COVID-19がインドやネパールのような人口のごく一部しかワクチン接種を受けていない国での生活を荒廃させ続けると同時に、ワクチン生産の企業による独占的支配を終わらせることによって供給を増やす動きを阻止しています。...
個人であろうと公的であろうと、過剰な債務によって引き起こされる人間の尊厳への損傷は、人権を侵害する不当な政策の結果です。権利の保護は、債務正義のコアとなる原則でなければなりません。プログレッシヴ·インターナショナルのDebt Justice Collectiveのためのアリソン·コーケリー、イグナシオ·サイズ、フアン·パブロ·ボホスラフスキーは記しています。 過剰な債務とそれを助長する政策動向は、人々の生活に壊滅的な影響を及ぼします。このエッセイは、家計負債および公的債務の急増と世界中の人権の体系的な剥奪との間に相互強化関係があることを主張しています。そのため、人権を保護することが債務正義の基本原則でなければなりません...
食料危機に対するグローバルネットワーク(GNAFC)の年次報告書によると、深刻な食料不安に直面し、緊急の生命と生計を救うための援助を必要とする人々の数は、食料危機に悩まされている国々で2020年に5年ぶりの高水準に達しました。 紛争、そしてCOVID-19、異常気象による原因を含む、経済的ショックは、2020年に少なくとも1億5500万人を深刻な食料不安に追いやりました。2021年の食料危機に関するグローバル報告書からの厳しい警告は、紛争、または異常気象とともにCOVID-19にしばしば関連する経済的ショックが、何百万人もの人々を深刻な食料不安に追い込み続けていいることを明らかにしています。 報告書によると、...
援助団体は、政府に飢餓と戦うために1日分の軍事費を提供するよう求めています。世界の軍事費はわずか26時間分で、最も危険にさらされている人々を支援するために必要な55億ドルを賄うのに十分です。 国連が「大規模な飢饉」について警告してから1年後、裕福なドナーは2021年の国連の78億ドルの食料安全保障の呼びかけのわずか5%に当たる資金を提供したのみです。 200を超えるNGOが、すべての政府に対し、今年3,400万人を超える人々が飢餓の危機に瀕するのを防ぐために緊急に援助を増やすよう求める公開書簡 を発表しました。 国連WFPとFAOが最近呼びかけた55億ドルの追加資金は、...
軍事費に費やされるお金のほんの一部が世界基金に備蓄され、飢餓を終わらせ、公衆衛生システムへの大規模な投資に向けられたなら何が達成できるかを想像してみてください。 国々がもし国民投票を行い、既存の兵器よりも殺戮に効率的な軍事兵器に彼らの税金を費やすか、それとも医療、社会サービス、教育、およびその他の重要な公共のニーズに投資するかのどちらを希望するかと国民に尋ねたなら、反応はどのようなものになるでしょうか? 多くの人の人生が終わりのない苦闘になっていることから、おそらく大多数の人々はそれほど考える必要はないでしょう。富裕国においてさえ、最も基本的な社会権はもはや当然のこととは言えません。社会福祉はますます商品化されており、...
緊急的な支援の拡大がなければ今後数か月で、急性の飢餓が20ヵ国以上で急増すると国連食料農業機関(FAO)とWFP世界国連食料計画(国連WFP)が本日発表の報告書で警告しました。   イエメン、南スーダン、ナイジェリア北部は最も壊滅的なレベルの急性の飢餓に直面しており、南スーダンとイエメンの一部ではすでに餓死やその危険がある状態にあると報告書(Hunger Hotspots report)は述べています。 飢餓の危機にある国のほとんどはアフリカにあるものの、急性の飢餓は、アフガニスタン、シリア、レバノン、ハイチなどアジア、中東、中南米・カリブ海諸国といった世界中の地域で急増すると予測されています。...
イエメンの人々は、世界が即座に行動を起こさない限り飢饉に直面していると、世界食糧計画(WFP)は警告しています。 イエメンではすでに5万人近くがほとんど飢饉の状況で暮らしており、さらに500万人がすでに瀬戸際に立っています。 WFPのデイビッド・ビーズリー事務局長は、国連がスイスとスウェーデンの政府とともに主催する資金調達のためのハイレベル会議で、イエメンに対するWFPの懸念を徹底的に主張するつもりです。 国連は、イエメンの6年間の戦争の間に25万人近くが亡くなったと推定しています。これには、食糧、医療サービス、インフラの欠如など、紛争の間接的な原因による131,000人以上の死者が含まれます。国の状況は、...
2030年までに食品廃棄物を半減させる世界的な取り組みを支援する新しい国連の研究によると、毎年、世界の生産量の5分の1にあたる10億トン近くの食品が捨てられています。 イラクへの歴史的な訪問をしている教皇フランシスコはかつて、「食べ物を捨てることは、それを貧しくて空腹の人々の食卓から盗むようなものだ」と言いました。この声明は、特に2019年に販売された9億3000万トン以上の食品が廃棄されたとする国連の報告に照らして、真剣に考える必要があります。 これは本当に憂慮すべきことです。世界中の何百万人もの人々、特に貧しい国々の人々が食糧を持たないとき、これは、...
飢饉が宣言されているかどうかではなく、人命の損失に焦点を当て、緊急にそれを防ごうとしなければならない。ダニエル・マクスウェルとその他が The New Humanitarianに書いています。 飢饉が南スーダンのある地域で発生している可能性が「あるらしい」中、国連が多くの警告をしているにもかかわらず、イエメンでこれまで飢饉は発見されていないことから、最近、主要な人道主義者は「エフ・ワード」を口にしがちです。 しかし、飢饉の宣言のあるなしがすべてを物語っているわけではありません:何年にもわたる激しい紛争の後、イエメンと南スーダンの両方で、飢餓と栄養失調に関連する原因で日々命が失われている可能性があります。...
「フットプリント正義」のキャンペーンは、国連加盟国に「フェア・アース・シェア」を人権として定めることの法的意味を調査することを呼びかけることによって、勢いを増しています。ダッチ・プラットフォーム・フェアとグリーン・エコノミーのヤン・ジャフェーマンズが、最近の進展について説明します。 さまざまな計算や報告から、先進国は地球を不均衡な割合で使用しており、大きな社会的および生態学的問題を引き起こしていることがわかっています。これはすでに植民地時代に始まり、国際貿易の成長によりますます手に負えなくなってきました。長い間、原材料が使用されていました:地球の人口の20%、特に先進国が、年間で取引される(化石)エネルギー、土地、...
主要な科学者らによると、生物多様性の損失、気候変動、過剰消費の加速は、飢餓の増大、政治的分裂、社会崩壊の「恐ろしい未来」に向けて人間社会を急速に押し進めています。 長年の警告にもかかわらず、これらの脅威は過小評価されており、広く理解されておらず、多くの政府が、自分たちの短期的な利益を保護する裕福なエリートに捕らえられているため、脅威を阻止する努力は妨げられていると彼らは付け加えました。 「生物圏とその生命体(人類を含む)への脅威の規模は非常に大きいため、十分な知識のある専門家でさえ把握するのは困難だ」と、17人の科学者はジャーナルFrontiers in ConservationScienceの記事に書いています。...
コロナウイルスのパンデミックの間に富が急激に増大した億万長者は、飢餓に直面している記録的な数の人々に緊急援助を提供するために資金を出すべきである、と世界食糧計画を支援する米国の慈善団体の責任者は言っています。 パンデミックとそれに続く経済危機は、世界中で飢餓の危機に瀕している人々の数の急増の一因となっています。緊急救援を提供する国連機関であるWFPは、2019年の約1億人から、昨年は1億3800万もの人々が必要としました。 世界食糧計画USAプレジデント兼最高経営責任者(CEO)バロン・シーガー氏によると、この数字は今年も増加し、約2億3500万人が「飢餓に向かって進んでいる」と予想されています。「間違いなく、...
Center for Economic and Social Rights(CESR)とクリスチャン・エイドの共同報告書は、根本的な疑問を投げかけています:経済が人権に基づいていたとしたらどうなっているでしょうか。 世界がCOVID-19のパンデミックに取り組んでいると同時に、人と経済のどちらを選択するかは、政治的議論において根強いテーマとなっています。英国の政治家は、経済を「破壊」し、「依存」を高めるため、無料の学校給食計画を拒否しています。南アフリカの大統領は、COVID-19が所得支援助成金を延長する政府の能力を「要求している」として、「財政上の課題」を引用しました。コロンビアの副大統領は、...
最近の報告書によると、土地不平等は世界の最も貧しい人々の14億人を直接脅かしています。 新しい推定では、土地への権利とアクセスの格差が以前に考えられていたよりも40%以上大きいことがわかりました。現在、世界最大の農場のわずか1%が、全農地の70%以上を運営しています。 アクセスと所有権の欠如は、農村部と先住民族のコミュニティを土地から追い出しています。それはまた、推定25億人の生計を危険にさらしていることを、International Land Coalition(ILC)&Oxfamの報告書が明らかにしました。 「不平等の拡大は、貧困撲滅の最大の障害です。グアテマラのような国では、極端な不平等は命を奪います」と、...