• English
  • 日本語
  • France
  • Deutschland
  • Italy
  • España
  • Slovenia

Finance and debt

Report / 12th October 2023

アクションエイドの最新報告書「失敗の50年:IMF、債務、アフリカの緊縮財政」は、国際通貨基金(IMF)の緊縮政策によってアフリカ諸国が直面し続けている継続的な課題に光を当てている、とウィンストン・ムウェール氏は書いています。

Blog / 6th October 2023

国連加盟国193カ国が、2030年までの極度の貧困と飢餓の撲滅を含む17の持続可能な開発目標(SDGs)の現状を検討したところ、そのほとんどが失敗であるという意見であり、成功であるという意見はほとんど、あるいはまったくありませんでした。

Blog / 2nd October 2023

When the UN’s 193 member states reviewed the current status of the 17 Sustainable Development Goals (SDGs), including the eradication of extreme poverty and hunger by 2030, the verdict was mostly failures—and with little or no successes.

News / 7th September 2023

気候変動活動家や反貧困運動家らは、来月ニューヨークでの国連総会において、世界の指導者による世界的な食料危機に関する緊急会議を開催するよう呼びかけています。

News / 7th September 2023

Climate activists and anti-poverty campaigners are calling for an emergency meeting of world leaders on the global food crisis at the United Nations General Assembly in New York next month.

Article / 1st September 2023

グローバル・サウス諸国は現在、富裕国の利益が話し合いで優位を占める、IMFやG20などのフォーラムで債務救済を求めています。低所得国には、救済を求めるのではなく、緊急の問題を解決するために協力できるフォーラムが必要だと、Jacobinにラムヤ・ヴィジャヤ氏とプージャ・ランガプラサド氏は書いています。

Article / 29th August 2023

Global South countries need a forum where they can collaborate to solve urgent problems on debt rather than begging the IMF and G20 for relief, writes Ramya Vijaya and Pooja Rangaprasad.

Blog / 10th August 2023

まともな栄養価の高い食事は現在、地球上の半分近くの人にとって手の届かないところにあります。飢餓に対処し、各国が必要とする食料を生産する能力を再構築するには、まったく新しいレシピが必要である、とオリヴィエ・デ・シュッター氏はIPSニュースに書いています。

Blog / 9th August 2023

A decent nutritious diet is now out of reach for nearly half the planet. We need a completely new recipe to address hunger and rebuild countries’ capacity to produce the food they require, writes Olivier De Schutter for IPS news.

News / 21st July 2023

アントニオ・グテーレス国連事務総長は、「世界の半分が、壊滅的な債務危機に煽られて開発災害に陥っている」と警告し、緊急の財政救済を求めました。