• English
  • 日本語
  • France
  • Deutschland
  • Italy
  • España
  • Slovenia

人類のコモンズ

Mohammed Sofiane Mesbahi
2017年10月2日

全体としての人類の共益を受け入れるよう平均的な人の意識が拡大されるところの、世界全体の心理的変革の必要性を第一に考えることなしに、地球の共有資源を管理するための新たな経済パラダイムを真剣に心に描くことはできないでしょう。 - モハメッド・ソフィアン・メスバヒ

コンテンツ:

編集者の序文
イントロダクション:より広い知覚のレンズ
l. 認識への障害
ll. 世界人権宣言第25条のために立ち上がる
lll. 歓喜の霊的特質を解き放つ
一覧図:世界変革の内なる側面と外なる側面
lV. 「主義」と知性の危険性
V. コモンズ志向型教育
Vl. 内なるコモンズを探求する
結論
注釈
 


編集者の序文


この本は、モハメッド・ソフィアン・メスバヒが「分かち合いの原理についての考察」シリーズの一部として執筆した、コモンズの全体論的意味へのユニークな探求です。この本のアプローチがこのテーマを扱った他の書物と比べて異なることを考えると、それについて手短に説明することは役立つかもしれません。ここで提供するものは共有資源を管理する社会的慣習としてのコモンズの学術的な解説ではありません。それに関して興味のある読者は、拡大し続ける素晴らしい文献の宝庫をどこか他で参考にすることができるでしょう。もっと明確に言うなら、新しい社会運動として、あるいは新しい知的枠組みや政治哲学として、ここで述べられているコモンズに注意が払われることはほとんどありません。

明らかになるであろうように、この本の試みは、コモンズが人類の進歩のために最終的に何を意味するかについてのさらに拡大された理解を詳説することですが、それは、著者と真剣な探求者の間のこの主題への共同探求の精神を必要とします。しかし、ここで強調されるべきことは - メスバヒ自身が本文で述べているように - 彼の意図は、現代のコモンズの概念の限界を認めながらも、それと相反するものでは決してないということを強調しておく必要があります。むしろ彼は、「各個人に潜在するある霊的認識」を必要とするコモンズの「内なるまたは包括的知覚」として彼が述べるものに関係して、それらの分析と提案の多くに欠けた部分を探求しようと試みています。この目的のために、読者自身の自覚的な理解と直感を誘発するよう意図された繰り返される特定のテーマに特別な熟慮が払われるべきです。

メスバヒのこれまでのすべての発表文献の例に漏れず、主要なテーマは、国連の支援のもと資源再分配の国際緊急プログラムを通じて、あらゆる形態の貧困と飢餓を根絶することに関係しています。これは、彼が論理的に説明しているように、全世界の人々によって維持されることができるコモンズの認識をもたらすために備えるべき基盤です。しかし、コモンズの最高の霊的意味を理解する上で必要とされる内なる知覚能力を探求する一方で、不朽の知恵の教えを取り入れたこれらの方向性に沿った新しい教育の形態の必要性をさらに提案することによってさらに追求が進みます。

したがって、あなたがこれから読もうとしているものは、政治や哲学に関する講話、または霊的教えそのものとしてさえ分類することが困難ですが、これらすべての要素を、コモンズの最も深い意味を「永遠の聖なる現実」として述べる試みの中で融合させます。それによってこの本は、私たちの現在の社会組織と人間関係の様式を根本から変革することのできる、さらに霊的な方法を世界が強く求めるこの不確実で危険に満ちた時代において、私たち全員に利益をもたらすかもしれない探求の方法を紹介します。

2017年、ロンドン

 


イントロダクション:より広い知覚のレンズ


「コモンズは、遥か太古の昔から
人間の意識の中に
息づいてきました。
そしてそれはワンライフに対する初期の認識、
進化の霊的ビジョン、そして何よりも、
万物への慈悲から生まれました…。
したがって真の問題は、外なるコモンズを
維持できる新たな経済的及び社会的取り決めを
どのようにもたらすかということではなく;
むしろ問題は、永続するコモンズへの内なる知覚を
どうもたらすかということですが、
それは、次の古訓を
常によりどころと
してきました:汝自身を知れ」


コモンズについての伝統的なアイデアは、共同牧草地の古い概念を遥かに超える新たに見い出された意味を通して、21世紀、大きな復活を遂げています。今日コモンズは、環境、社会、文化、知識、デジタルの各分野に及んで、あらゆる側面と現代生活を網羅する資源の分かち合いの新しい理論及び実践として通常促進されています。市場と国家の両方を超える社会の「第三部門」として、そしてレッセ・フェール(自由放任主義経済)の支配的イデオロギーに挑戦する代替的政治哲学として、さらにはガバナンスの自己組織化した形態に基づく大規模な制度変革へのアプローチとしてコモンズは、革新的な思想家の間で現在大変ふんだんに話し合われています。これらすべての論考や提案は、世界の問題への対応として極めて重要な関連性を持ち、持続可能な未来を共同で構築する方法を求める人々によって最大限検討される価値があります。

しかし、学術文献の研究による従来の分析が無益な、内なる探求を必要とするところの、コモンズの意味と重要性の理解を試みる別の方法があります。したがって、不朽の分かち合いの原理と密接に結びついた聖なる起源をコモンズが持つと想定することから始めましょう。しかしこの本質的な真実を理解するためには、従来の思考と行動様式を超えた広い知覚のレンズが求められます。私たちは信条に対する信条を通じてでなく、むしろ内なる認識及び内省を通じてコモンズのより大きな重要性を自己で捉えなければなりません。なぜなら、私たちが発見するであろうように、コモンズの存在は単に物質的であるだけでなく、その性質は霊的でもあるからです。そして、その最も深い性質の普遍的真価は、社会環境及び自然環境の両方に畏敬の念を持った包括的な態度で奉仕するよう個人が動機づけられる分断のない公正な社会に向けて、成熟性、ビジョン、コモンセンスを基盤に人類を結束させる性質なのです。

この幅広い解釈に基づいて、私たちはコモンズの永遠の現実と自己知識との間の本質的な繋がりをもまた知覚するかもしれず、そしてその最高の意味を全体の利益を包含する天与の教育あるいは霊的教育として説明できます。したがって、これらのより包括的な意味でコモンズを理解するかどうかは意識の問題です。なぜならそれは、個々から全体へ、そして全体から個々へと生じる愛のある認識と善意の表現に関係するからです。この定義により、コモンズを擁護するという課題は、個人的及び集団的な意識の問題として実際は考慮されるべきです。なぜなら人類は、所有物などというものは存在せず、地球のすべての産物はすべての人によって協力的に分かち合われ保護されるべきなのだという理解から程遠いように見えるからです。実際コモンズは、私たちが分かち合うすべてのものとしてしばしば述べられますが、今日それは人類が分かち合わないすべてのものとして定義づけられるほうがより的確かもしれません。なぜなら真実は、コモンズの重要性は共有財産を分かち合うことや共有遺産を守ること、あるいは共益を促進するということより遥かに大きいからです;それは、人類が最終的に各国の主権の中で、そして自然界のすべての王国の運命に則して進歩し進化するための道なのです。この地球でコモンズを真に擁護し賛美することは詰まるところ、一つの目標のために人類が存在することを意味するでしょう。そしてその目標とは霊的進化なのです。

私たちの探求の目的はこれ以降、このなくてはならないコモンズへの霊的認識を妨げているものを発見し、何がそのような認識を地球規模でもたらすことができるのかを私たち自身で知覚するよう試みることです。また、コモンズの意味と分かち合いの原理の間にある関係を多くの角度から詳しく検討する必要があります。なぜなら両者が非常に多様性に富み相互に関連していることから、それらは容易に取り違えられるか、または同一であるかのように見えるからです。問題の多くは私たちの教育にあります。私たちは幼少時から、個々から全体へ、また逆に全体から個々へという観点から人生を見ることを教えられません。たとえば、ヨーロッパの子供がアジアやアフリカの国々について学ぶとき、彼らはそれらの大陸の人々と世界全体との間に存在する心理的関係について学ぶ代わりに、決まって、人文社会科学を自国と自国の人々の血統や文化に関連した個々の視点からしか学習しません。私たちの学校教育と、それに続く成人生活の過程を通じて、私たちの社会環境は、自己の現実と世界中の人々、特に自分より恵まれない人々の生活との間の心理的関係を認識するよう助長しません。これは、相互依存し霊的に不可分で、本質的に平等な人類の観点から世界情勢に反応することの滅多にない、公共の討論や政治的言説にあからさまに反映されています。

私たちの社会的条件付けと不適切な教育様式の結果として、遠方の国々で絶望的な貧困の中生活する人々のことを耳にするとき、私たちには慈悲心を持って反応する傾向がありません。それでも、人類もまた、土地、海、森、大気と同じようにコモンズなのです。したがって、人を餓死させるということもまた、私たちのコモンズの一部が粗末に扱われ悲惨にも見捨てられるのを許しているということなのです。最も広大な霊的レンズを通して見るなら、人類は神のコモンズであるとさえ言えます。その場合、人類に対しての犯罪も、同じように永存するコモンズに対する犯罪です。明らかに、豊かな世界の中の貧困の存在自体が、私たちの共通財産への義務に対する悲惨な過失を表しています。このような理解は常識的であり、それは表面上の理解、または完全に知的な理解からだけでなく、心理的及び内省的に自己の内からもこの問題を詳しく考察することを必要とします。私たちの意識が、私たち自身の家族、コミュニティ、文化、信仰、国家との心理的関係だけに限られるなら、私たちはどのように善意と共感的懸念を持ってひとつの人類の共益を支持できるのでしょうか。

無限の霊的進化の観点から、コモンズが、肌の色や社会的地位または出生国に関係なく、あなたと私が共にあるということ、そして私たちがお互いと周りの環境を自然に包み込む畏敬と愛を持って生きとし生けるものすべてに配慮を配り大切にするということを意味しさえするなら、それは意味のあるアイデアなのです。したがってコモンズは、分かち合いと協力についての知的概念化よりさらに大きな何かに関連するのです。なぜならそれは、活力に満ちた超越的な愛の表現でもあるからです。そしてその愛は、驚異的な宇宙の中で、「あるがままのすべて」と一体化するために人間の意識が拡大するまで、すべての人、すべての領域、そして自然界の生きとし生けるものすべてを包み込むために、国境を越えて拡張されねばなりません。これによって私たちは、人類が霊的に開花し、そしてその中でコモンズがその栄光のすべてを顕現できるようになるまでどれだけかかるのか、直感的に予見することができるでしょうか?

したがって、基本的な心理的観点から、コモンズは無害性、愛のある配慮及び全体への認識として定義できます。そして最高の霊的観点から、コモンズへの認識は進化するすべての生命体との同一性または自然の全存在との同一性を意味します。それは、一本の木を見ることはその木になるということであり、そしてそのことは単なる便利さや完全な物質的利益のためにその木を破壊することを冒涜行為に成らしめます。また、そのような意識と同一性を持って一枚の葉を見るということは、その単一の葉が創造におけるすべての生命の神聖さをどのように象徴しているかを知覚することをも意味するのです。それは言うまでもなく、環境的懸念に対応できる範囲としてしばしば人々が信じるところの、食品廃棄物や製品包装の単なるリサイクルによってコモンズが守られるという意味ではありません。気候変動や世界的な生態学的問題を取り巻く多くの運動に弱々しく反映されているように - ひとつの人類の共通善とその霊的進化や、全人類のコモンズの観点から考える人は比較的少数です。コモンズ関連の問題を考えたとしても、はるかに多くの人々の意識はいまだ世帯レベルに限られています。この点においてさえ、人間の意識が自己の小さな関心事をより大きな全体に関連づけるよう劇的に拡大するまで、コモンズが決して世界規模で支持され得ないことを再び認識せざるを得ません - なぜなら、コモンズを擁護するという課題は基本的に、私たちの個人的及び集合的意識レベルに関係する問題だからです。

したがってコモンズは、私たちの霊的アイデンティティ及び惑星的相互依存の広げられた感覚を人々に与える正しい教育からもたらされるときにのみ、繁栄できると結論づけられるかもしれません。そしてこの理由から、権力、階級及び特権のレンズを通して社会の進歩を詳細に分析する文化や歴史の国家中心的な見解に制約されない、あるいはもはや記憶力や知性に制限されない完全に新しい種類の教育が必要です。内なる自己の認識について子供に説き聞かせ、そして競争と追従、さらには富及び成功の個人主義的追求によって特徴づけられる現代社会の支配的な価値観を遠ざける、今日一般的に存在するものより遥かに包括的な学習形態が必要とされます。このようにして、私たちの未来の文明の土台としてのコモンズのビジョンには、人類の霊的進化について意識的な教育が含まれる必要があります。そしてそれは現在主流の科学より遥かに進んだ知識を必要とします。私たちがこれからより詳しく探求していくように、これらの路線に沿った新たな教育の差し迫った必要性は、公正で持続可能な社会を実現する上で極めて重要です。なぜならそれが、無害性、簡素さ、正しい関係の中で、そして「あるがままのすべて」との同一性に基づいた前述の自然への畏敬を持って、皆が共存することの利益を人類が理解できる唯一の方法だからです。

私たちの追求が終わるまでに、専門や学問の分野としてだけでなく何よりもまた、個人を知恵に近づけることのできる聖なる概念としても、コモンズが取り組まれるべきだと読者が確信することを願います。コモンズについて、地球規模及び霊的観点から考え始めることは瞬時に知恵の現れです。なぜなら、特定の人種、文化、国家について条件づけられた偏見のすべてを放棄し始めないことには、全体のためになることを考えることはできないからです。コモンズの最高の意味を真に理解するには、鉱物、植物、動物及び人間王国だけでなく、霊王国をも含んだ自然のすべての王国と人類との間の関係をよく理解することも必要です。[1] この全体論的及び包括的境地からのみ、天与の教育としてコモンズを述べることができるのです。なぜなら、その意味を理解することは、自然及び進化との私たちの一体性に対して意識的になるということであり、そしてそのこと自体が、自己知識及び知恵の真の定義であるからです。


l. 認識への障害



コモンズを再生及び擁護する展望についてどれほど情熱的であろうと、間も無く、私たちはそのような意識を他の人々へ拡げる道に立ち塞がる障害で埋め尽くされた迷路に直面します。私たちの問題は、財産権や自己利益に基づいた社会の深く定着した対立的な考え方に根差しています。これは、コモンズの霊的または神聖な概念を実現することへの最大の障害として理解できます - 実際、全体論的に理解されるように、まさに「利益」という言葉自体が、コモンズにとってまったく受け入れがたいものです。利益に基づく経済システムがどれほど巧妙にその目的を達成してきたか、そしてそれがどのように生まれ何世紀にも渡って広がって来たかを観察してください。それ程昔ではありませんが、課税と法律上の決定という名目の下、まだ自然に存在していたコモンズを分割し、それ以後、以前の居住者から事実上盗んだ土地を、裕福な貴族たちは私有財産として宣言してきました。世界の他の場所では、多くの先住民族が自然及び生命体のすべてと調和して暮らしていましたが、その後いわゆる開拓者たちがやって来て、かつて境界線のなかった土地を先住民から剥奪、支配、分割しました。人類の歴史を通して、およそすべての文化と世界の宗教において、個人やグループの利己主義、暴力的取り押さえや合法化された窃盗、そして何よりも、物質的利益と商業的利益の追求によってコモンズは打ちひしがれてきました。

そして今日でも同じ分割が、合法的窃盗や不法占領によって社会的基盤で常に存続しています。個人、グループ、または国家が、特定の土地や資源が彼らのものだと宣言し障害となる居住者は追い払おうとします。たとえ聖書がある土地が特定の人種のものだと述べているとしても、彼らはどのように衝突や流血の暴力なしにそれを自分たちのものだと主張するつもりなのでしょうか。何世紀にも渡る社会的条件づけと不十分な教育を通してどれだけ深く真実が抑えられてきたとしても、私たちは皆、心の中でその真実を知っています: 全人類が協力的に分かち合って保護するために、自然の摂理によって奔放に与えられた石油やその他の天然資源を含むすべては誰の所有物でもないのです。したがって、傲慢な一団が出現し、「これは我々の私有財産であり、我々が所有すべき法的権利だ」と宣言することができるのでしょうか。彼らが所有する莫大な富は神によって独占的に彼らに委ねられたのであり、母なる自然や先住民からかつて暴力や法令によって取り押さえたのではないと証明できる一族や組織がいるのでしょうか。

さらに、物質的豊かさが、神の法令によって起こるべきして起こったか賜ったのであって、遠方の土地の資源の強奪や搾取によって獲得したのではないと証明できる先進国はあるのでしょうか。少なくとも、ここで私たちが探求しようとしている霊的及び包括的な観点から観察するとき、植民地獲得という考え方そのものが、領域主権の概念と同様に、コモンズの存在からかけ離れたものです。可能な限り包括的な意味で知覚されるとき、たとえば、国際水域の意味を国連が概念化せねばならないということでさえ、人類全体への的確な考慮なしに一国が、その国境内の水を乱用できるということを黙示しているため馬鹿げています。本当は何も、誰のものでないということは、利益と身勝手な物質的関心を追求し自然(と勿論、お互い)を所有、支配及び搾取することによって人類が誤った方向に進んでしまったことを認識しない限り、コモンズの最も深い意味を理解することを不可能にします。この長く悲しい人類の自虐的分割及び破壊の物語はすべての歴史の本が証言するでしょう。そしてそれは、グローバル・コモンズの現代の対極とも考えられるべき攻撃的外交政策を装って宿命的に断続します。これらの帝国構築及び資源強奪のパワーゲームが世界情勢の軌道を決定し続ける限り、地球の霊的進化に則して顕現するコモンズの展望がまったくないことは明らかです。

商業化はここ数十年の間、コモンズの発展に最後の一息まで全力を尽くして抵抗するだろう有害なエレメントであり闇の勢力となってきました。すべてに浸透する商業化勢力は、多くの法律や規則が特権的エリートの利益のために複雑に施されるところの、窃盗と不正義の上に成り立つ古めかしい経済システムに非常によく適合しています。それでも、コモンズの繁栄を阻止する大規模な防衛体制を持つ分割的社会の規則に追従せざるを得ない私たち全員が、多くの面で商業化の子供です。今日、無数の古めかしい法律と何倍にも増え続ける所有権によって権限を与えられた商業化は、あらゆる場所を這い回りコモンズが存在するところはどこでも、それを滅ぼす操縦者のいないタンクのようです。観察可能なこの事実を説明するために、取り壊しと高家賃の高層マンションの建築の権利を不動産開発者が与えられるまで、何百年もの間コミュニティによって自由に使用及び管理されてきた美しい土地を想像するだけで十分です。

利益拡大の思考設定に心酔する社会状況の中で、横行する商業化が象徴する危険に比較的少数の人しか気づいていないこのとき、どのようにコモンズを取り戻せるのでしょうか。利益及び商業の価値観が社会の全側面に浸透し、グローバル化された市場を通して無限の生産品とサービスを消費するよう私たちを急き立てている間は間違いなく、私たちがそれを達成できることは決してありません。コモンズはより広範な大衆の教育及び認識の欠如によって抑えられているだけでなく、枯渇する地球の天然資源の最後の部分からなんとしても利益を抽出するだろう多国籍企業の活動によってもそのすべてが徐々に滅ぼされています。その結果、環境を守るための戦いは、私たちの自己破壊のための聖戦を激化させている全体的プロセスに人類の大多数が進んで参加している限り、矛盾の混乱として残ります。

この危険な道を4、50年間進んできた後、自然と生きとし生けるものすべてに愛のある配慮を持って霊的に進化することから人類を妨げるものすべてを総合したふたつの要因 - すなわち、私たち集団としての自己満足的な無頓着さと商業化勢力 - のコンビネーションを通して、私たちは自己を罠に嵌めてきました。支配的な国々の国益と特権的エリートの貪欲さが原因で、伝統的なコモンズは本来消滅したかもしれませんが、商業化勢力の犯罪が一般大衆の意図しない共同犯罪によって促進されてきた今、コモンズを基盤とした社会組織様式を新規に確立する展望はかつてないほど窮地に立たされています。私たち全員が種々の自然王国の破壊に関わっており、そしてあらゆるところで豊かな社会があからさまに誇示する途方もない富と贅沢にもかかわらず、毎年何百万人もの人々が極貧の中不必要に死んでいく状況を、私たちの全般的な無関心がもたらしてきたことを忘れないでおきましょう。

世界問題の内なる原因または心理的原因を観察するとき、利益、権力、富への外なる追求と同等に、「偉い人(成功者)」となり社会的認識を達成するという根底にある動機にコモンズの荒廃の非があります。決定的に重要な現時点において、人類が苦しむさらに幅広い霊的危機への認識をしばしば持たず、不十分な教育様式と無数の商業化形態からの影響の受け易さを通して、個人としての自分と物質主義的な欲望だけを考えるよう私たちは簡単に条件づけられます。したがって、新しい生活及び社会組織の形式としてコモンズを復活させるという展望に関してだけでなく、人種間及び国家間の正しい関係を確立することへも自己満足的な無頓着さや純然たる無関心が結果的にもたらされます。私たちが、この気高い理想によってどれだけ動機づけられ鼓舞されようと、その正当性を無反応な社会に論じることはできません - 彼らの世界だけでなく彼らの孫の将来の生活についても話しているにもかかわらずです。

自由主義の批評家の多くは、現代社会の暮らしがかつてこれほど経済的に向上したことはなかったと意義を唱えるかもしれませんが、商業化がすでに全世界で引き起こした被害を観察すると、これは無知で危険な発言です。現実には、何百万人という人々の富と物質的快適さを拡大したのは政府の善意ではなくむしろ、政府によって解放された市場勢力ですが、それは、生活の全領域に利益及び競争の優勢性をももたらしました。そして、明らかに破壊的かつ持続不可能であるにもかかわらず、各国の経済成長のためにさらに促進され続ける無駄な世界的消費パターンを観察する誰もが認めるように、商業の金権主義的価値観は、1970年以降の急激な環境劣化の原因となりました。人類の歴史上、これほど物資へのアクセスがあったことはかつてなかったかもしれませんが、私たちが最終的に地球の天然資源の限界を超えてしまったら、これら無数の生産品がどのような長期的利益をもたらしてくれるのでしょうか。過度に商業化された人口過剰の社会において、今日の暮らし向きは良くなったかもしれませんが、明日の暮らしは確実に悪化しているでしょう。なぜなら、贅沢な生活様式を追求しお金儲けに没頭する人が世界に増えれば増えるほど、差し迫る社会的及び環境的宿命への無関心がさらに増すだろうからです。そして、現在の社会経済システムを維持することに私たち全員が一役買っていることが原因で、これらの動向が激化する限り、そのすべての力と美におけるグローバル・コモンズのビジョンを支持することは不可能なままとなるでしょう。最終的に、地球救済のための協力的努力において国々が一体となることはただのファンタジーと化し、人類の進化の悲劇的結末は回避不可能となるでしょう。

したがって、たとえ私たちが、人類の存続を保証するために再びコモンズが繁栄すべきだということを自分たちで理解したとしても、この遠大なビジョンをどのように一般大衆に伝えることができるのかという疑問が残ります。古めかしい法律、破壊的な商業化勢力、そして私たちの発言などに興味のない何百万人という人々の無気力さが複雑に入り組んだ制度とどのように戦い始めることができるのでしょうか。一般大衆が最大の障害と挑戦を代表しているとき、多国籍企業と戦いその従者である政治家に影響を与えようとすることは取り組みをさらに複雑にするだけです。特定の市場本位の法律や企業寄りの政策を改革するようコモンズの提唱者が政府を取り囲んで圧力をかけることは理論上可能かもしれませんが、より広範な人口の自己満足的な無頓着さと無関心を一体誰が取り囲むつもりでしょうか。悪化する気候及び生態学的危機についての認識を地球規模でもたらすことにおいて環境団体はすでに賞賛に値する仕事を成してきましたが、コモンズの概念は、私たちのお互いと、そして自然界との関係について完全に新しい考え方を必要とするより高度な性質を備えており - それは見たところ、既存の低質な政府が理解することのできない関係なのです。

したがって私たちは、人類全体の共通の利益を受け入れるよう世界中で平均的な人間の認識が拡大されるところの、心理的及び社会的変革の必要性について第一に考えない限り、地球の共有資源を管理するための新パラダイムを真剣に見通すことはできません。それなくして、コモンズを促進するための取り組みは、利益主導型の思考設定と服従的な公衆の黙認を持って政治家によって課された商業化の法律及び政策の突き抜けられない壁にぶつかり続けるかもしれません。私たちは多くの論説を書き続け賞賛すべき提案をさらに知的化するかもしれませんが、最終的にコモンズが風変わりな学者にしか研究されない古めかしい言語のようになってしまうまで、改宗された支持者たちの小さな集まりに話しをしているだけとなるでしょう。


ll. 世界人権宣言第25条のために立ち上がる



したがって、第一の問題は、コモンズについての認識が世界の全人口によって維持されることを可能にするために、この心理的変革をどうもたらすかということです。私たちが今論議したように、政治的及びビジネスリーダーたちによって現在コモンズが促進されることはないどころか理解されることさえ決してないでしょう;その上、たとえ彼らがそのようなビジョンを受け入れるよう鼓舞されたとしても、20世紀に共産主義を確立するという不運な試みのように、疑うことを知らない市民に対して強制されるならそれが機能することは決してないでしょう。コモンズの最も幅広い定義は、共有の天然資源や世界遺産を遥かに超えるものです。なぜなら、人類もまた、惑星的及び霊的な意味で、コモンズのなくてはならない部分であるからです - それは、豊かな世界で飢餓から死んでいく人々が、私たちのコモンズが悲惨にも冒涜されているという最も酷い例の一つだからです。したがって、私たちの意識的認識の完全な変革は、人間のハートから始まらねばなりません。そして、世界のどこであろうとそれは、命を脅かす剥奪の危機への集団的目覚めに源を発しなければなりません。イデオロギーの革命を通じて、人類のコモンズを永久に擁護することはできません。とりわけ、それが政府とその歪曲した優先項目に反対する特定の社会階層の暴動を暗示するなら。人類の意識を拡大できる唯一の種類の革命は、貧困と飢餓を即時廃絶するために、大規模な自発的抗議デモを通して動員する何千万人という多くの人々によって示された愛と慈悲が認識と融合した革命です。

この浮上する、コモンズとしての人類の表現を、自由と正義のためのデモンストレーションを通してすでに私たちは街頭で目にしています。そのような抗議デモ活動を、全体のための善意が動機となっているものとして理解するならですが。同時に、近年比較的僅かな割合の世界人口の認識を通して表現されているように、大きな環境デモもまた、明らかに地球のコモンズを守るという考えに関係しています。しかし、コモンズの知的概念そのものを中心に大部分の人類が結束することはないでしょう。そしてそれは、無数の人々が適切な教育を欠き、十分な生活水準を持たず、生き残るために苦戦していることから明らかなはずです。大衆抗議デモ活動に欠落し続けるものは、絶対的貧困の不正義を永久に撲滅させるという考えにおける結束です。それはあたかも神が、静止状態にある私たちのハートに話しかけ、私たち共通の運命に私たち全員を目覚めさせているかのようです。これらの目標のために、ハートが世界的に結束する以外に人類のコモンズの真の復活の前兆となり得るものはありません。なぜならそのような現象の真っ只中において、政府は速やかに、国連とその関連機関によって調整される大規模な世界的救援活動に最大限の努力を投じなければならないだろうからです。それは、コモンズの意味の解釈が何であれ、それを救うために欠くことのできない前提条件として理解することができます。

このすべては、世界人権宣言第25条の中で長く謳われてきたように、万人の基本的ニーズを充すための食料、資金、物資を私たちが十分に持っているのだという認識に駆り立てられた大衆の迸る善意と意識に依存します。[2]しかしその意識は、文明危機に基づいて第25条がすべての国で緊急に実現されない限り人類は将来生存できないのだという理解から起こるべきであり、さらなる外国援助の要求に限定されるべきではありません。人類全体が存在する最も貴重なコモンズなのだということを、どのように直感的そして無意識的に感じそのために行動を取ろうと、その意識を通してグローバル・パブリックは結束せねばならないと言えるかもしれません。コモンズに関する限り、第25条の最終的な履行はそのうち既成の事実となるでしょう。なぜなら、尊厳と自由の中で生活するための十分な手立てを万人が与えられるまで、コモンズが全世界の人口によって認識され支持されることは決してないだろうからです。

いつの日か私たちは、飢餓を緩和するための緊急プログラムを、グローバル・コモンズがこの地球で形成しているという最初の徴として、そして真の霊的コモンズの意識がついに万人に認識されているという最初の徴として見るようになるかもしれません。したがって、国際経済の大規模な再構築がもたらす公平な世界秩序のための彼の提案で具体化されたように、ウイリー・ブラントが実際に人類のコモンズの偉大な霊的ビジョンを開拓したとき、彼が1980年に議長を務めた独立委員会が単にノースとサウスの間の援助に関するだけのものであったと考えるのは深刻な間違いです。それでも、今日までブラント報告の霊的エッセンスは最も洗練された経済学者からでさえ誤解されています。悲しいかな、ブラントのビジョンに欠落していた唯一のものは、何百万人という人々のハートの認識でした - なぜなら、一個人のビジョンでなくキリスト原理の目覚ましい放出だけが唯一、世界資源を分かち合うための緊急プログラムをもたらすことができるからです。[3] 一人のウイリー・ブラントでは十分ではありませんでした:この私たちの人生の決戦に従事する何百万、何千万人というウイリー・ブラントが必要とされるのです。

*

分かち合いの原理とコモンズの存在の間には不可分な関係があることを私たちは先に確認しましたが、上記に要約されたようにそれは大規模な市民参加のビジョンに基づいて人類の大部分が蜂起しないことには普遍的に認識されることがあり得ない関係です。私たちはコモンズについて書くことができます。私たちはコモンズのために戦い死ぬことさえできますが、今後多くの角度から考察していくように、世界規模の心理的変革を通して第一に第25条が迎え入れられない限り、コモンズが主流社会によって受け入れられることは決してないでしょう。まず、コモンズを幅広い規模で持続的に管理しようとするどのような試みも、私有財産や商業活動を守る法律と衝突することは避けられません - 既存の政府が常に守り公布している法律です。しかし、飢餓と大規模な極貧を緩和するための緊急プログラムを通して、国際的に分かち合いの原理が一旦実現されるなら、ついで栄養価の高い食べもの、きれいな水、総合的な医療、適切な住居、社会保障、そしてその他すべての必需品への確立された人権を充足させるために、これらの法律の多くが覆されなければならないでしょう。

世界人権宣言第25条を布告する」のために提起された私たちの論議の中でも探求したように、万人のための生活必需品の確保は、とりわけ多くの自由貿易協定や知的財産権に関係して、多国籍企業の遠大なパワーを削減するために無数の法律を改革することに依存します。[4] これらの巨大企業が政府はもとより国連までもを支配する限り、数十億ドルに相等するビジネス契約をひっきりなしに危険にさらすだろう「商業化の法律」の廃止に関して話すことは余りに単純で非現実的です。したがって、永久的な貧困根絶を目指し資源を分かち合うためにハートが従事する大衆蜂起はグローバル・コモンズの最大の前触れとなります。なぜならそれは主に、資源を掴み取る搾取的活動によって第25条の普遍的実現を妨げる企業に対して深い影響力を持つだろうからです。それは、自己利益及び合法化された窃盗の法律を根こそぎにする巨大地震のようであり、各個人の基本的な社会経済権利を保障するために、(国家規模であろうと、世界規模であろうと)公的資金を再分配する政府の行動を侵害する法律を無力にするでしょう。

一つのシンプルな善意に溢れた目標のために、膨大なデモンストレーションの中で増え続ける世界中の何千万という人々の集結を想像してみてください。もしそれが数週間、数ヶ月間、さらに数年間続くなら、大企業のロビー活動力などの強力な商業的勢力を擁護する分割的な法律に永続する変革をもたらすことは確かです。政府が人々の声を支持する以外選択がなくなる一方で、商業化の遂行人と彼らの政治的会計士は従事する市民の同調したパワーに断然かなわないでしょう。同時に、自由と正義を支持する革新的なムーブメントは、自然環境を守るために戦う多くのキャンペーナーや活動家と並んで相当な後押しを受けるでしょう。現時点で、環境的に破壊的な多国籍企業の活動に反対する第一線の抗議デモにおいて明白に目撃されているように、これらすべてのムーブメントが商業化の法律と効果的に戦っています。環境コモンズは、比喩的な意味で、抑制されない市場勢力の圧力によって多大な痛みの中で徐々に窒息死させられていますが、毎回の抗議デモ活動が2、3千人に限られている限り、その絶滅のときまで苦しみ続けるでしょう。[5]

しかし、政府を取り囲み街頭に戻り続ける無数の市民を私たちが心に描くことができるなら、そこから起こるであろう経済的変革に限界はありません - たとえそのような断続するデモンストレーションが、主に大量餓死の道徳的屈辱を根絶させることに立脚していたとしてもです。貧困が原因で起こる無駄な死を防止する国際緊急援助プログラムに政府が全力を傾けるそのプロセスにおいて、より良い世界の創造への道に立ちはだかる勢力についての真実は間も無く公衆に明らかになるでしょう。多くの人が問うでしょう:「資源の分かち合いがもたらす素晴らしい変革のすべてを考慮すると、世界の富裕国はなぜ遥か以前に資源を分かち合っていなかったのか?」そしてその答えは、政府が優先項目を再調整することによって順当に事が運びすべての経済部門で利益を追求する勢力の威圧的影響を制限することをやむなくされるなら、今までにないほど一層明瞭になるでしょう。

すべての国で第25条の達成を可能にするために商業化の法律が徐々に改革されるとき、大企業が自然環境を汚染し破壊することを防ぐ新しい法律を作ることはより簡単になるでしょう。まもなく私たちは、完全に新しい種類の国家統治の出現をも目撃し始めるかもしれません。それは、主流派政治の暗黙のルールに則して企業利益や党派心に基づいた利益を守る代わりに、全市民の共通の繁栄のために仕えることが目的で政治領域に入る一般人によって必然的に特徴づけられるでしょう。人間の活動の全分野において、商業化を促進する法律が分かち合いの原理を弱体化させていることを考慮すると、政府間で経済的分かち合いのプロセスを融合することによってもたらされるだろう無限の可能性について私たちは考えるかもしれません。以前の探求で観察したように、元の法律が貪欲、分裂、破壊を促進する機能を果たすこととは対照的に、分かち合いの原理に関連する姿勢や態度は全側面において結束、無害性、バランスを広める機能を果たします。[6]

したがって、分かち合いの原理が商業化勢力と並行して確かな手段を用いても表現され得ない場合、コモンズの新たな法律が現れる前に、確実に社会の不公平な法律が変革されなければならないことになります。より公平なグローバル経済システムが可能となる以前に、世界銀行と国際通貨基金が変革または廃止されなければならないように、これらの法律の多くも変革されるだけでなく完全に廃止されなければなりません。この論理に沿って究極の結論まで追求するなら、社会全体を通しての意識の心理的変革が、アメリカ合衆国を維持する大企業の根本的な改革を最終的にどのようにもたらすかを理解することさえできます。すべての人の包括的な利益のために仕える新たな多国間システムを通じて管理されるグローバル・コモンズを見通すことができる前に、「愛と人類への奉仕の帝国」へと変革されるべきアメリカ帝国の迫りくる解体の最初の徴をそれは確実に象徴するでしょう。このような考えが、現在のアメリカの外交政策と反動主義的政権の中心に出現するかもしれないことがどのように突飛であろうと、あの偉大な国は十分な発達段階に達しており、正しい人間関係に基づいてグローバル・コモンズのための新しい法律を開拓することによって他国に道を示す予期せぬ可能性を秘めているのです。

第25条はこれらの新しい法律の先駆者であり、人類の相互依存性及び一体性の意識をもたらすだろうグローバル・コモンズの最初の法律の一つとして私たちはそれを考慮するかもしれません。象徴的に、第25条の実現は、自己利益や分裂を支持する「私」や「私のもの」という限られた意識に基づく古い法律の終焉の始まりの前兆となります。しかし前述のようにそれは、「個々を全体に、そして全体を個々に関連づける愛のある認識に特徴づけられるように、新しいコモンズの法律は「私たちのもの」または私たち万人のものに基づかなければなりません。そして現在の経済システムを維持する古い法律はコモンズの存在を事実上否定しているのです。古い法律と新しい法律は共存できません。そして、第25条の完全な実現の後たとえ何年かかろうと - コモンズの存在が私たちの意識の中で開花し始めるまで、必然的に両者の間に摩擦がもたらされるでしょう。

しかしながら私たちは、法廷で警察や裁判官によって施行されるような法だけについて話しているのではないため、コモンズの新しい法を定義づけようと試みることは幾分困難です。意識的認識の拡大のための手引き、または「ハートの法則」としてより良く述べられる「法」全体への新しい理解が必要とされる霊的革命と並行して、社会の動きを心に描くよう努めることを常に思いだしてください。処罰と償いに基づく古い法律がこの先何世代にも渡って必要とされ続けることは疑いありませんが、何百万ものそれらの法律は、分かち合いの原理が人類の営みの中で極めて重要な要素になると同時に自然に消滅するでしょう。それが、個人間で自由に定められたものであろうと、または公共部門及び民間部門の仲介を経て体系化されたプロセスであろうと、社会には分かち合いの表現に達するまでの多くの段階があります。そして一定期間経過後、それらの分かち合いの異なった表現方法の推進は、コモンズの新しい法律が存在するに至るまで妨げられるでしょう。

分かち合いの原理は、完全に統一された聡明な原理であり、社会におけるその表現は、コモンズの法律を実現しなければならない公衆自身の統一された聡明な対応によって決まります - 明らかに、政府だけが社会を代表してそれを制定することはできません。特に、「私の権利」や「これは私のもの」という考え方を反映する古い法律によって強く条件づけられた今日の政権の座にある政府が制定することはできないのです。したがって、上位から押しつけられた懲罰的措置としてではなく、霊的進化に対する人間の認識に基づく本質的な法律として普遍的に適用された、徐々に進化するコモンズの法に国々が従い始める前に、分かち合いの原理を推進する大衆を通して必要な集合意識が拡大することを想像してください。ひいては、調和のとれた平和な文明で生活するすべての市民にとって明らかであろうように、人類が物質的な利益追求において自然環境を破壊することはもはやないでしょう。

明白であるべきことは、地球の資源がより公平に分配され第25条の実現及び永続がもたらされるまで、暗黙の同意を通してコモンズの新しい法律は生じ得ないということです。これは、人間の自由意志が神聖不可侵と見なされ、多様性と平等が各社会の特徴となり、そして国際的衝突がほぼ終結した、誰一人飢えたまま置き去りにされることのない新しい世界秩序を心に描くよう努めねばならないことを意味します。実にそれは、人権及び国家安全保証の概念さえが、集団意識の中で正しい人間関係への拡大する意識に置き換えられている世界です。私たちはまた、チャリティ及び外国援助を通じての緩和策と、競争の激しい貿易及び商業的自己利益にもはや基づかないグローバル経済システムを心に描かねばなりません。時間の経過とともに、これらの現在不適切な取り決めは最終的に、国連の庇護のもと不可欠な資源を分かち合う政府間のプロセスによって自然に置き換えられるでしょう。それは、未来の地球の生存を保証するために分かち合い協力する必要性に国々が遂に目覚める、この地球でのグローバル・コモンズの最初の真の顕現として考えられるかもしれません。

別の言い方をすると、分かち合いの原理を実現することによってのみ、より簡略化されバランスのとれた持続可能な経済システムを通じての余剰資源の共同利用、及び再分配にすべての政府が同意するところの、相互依存体としての人類の完全なビジョンを達成できるのです。超国家的レベルで共有資産の管理の最終責任を保持する国連システム内の新たな機関に主権の一部を移行する、グローバルな国家連合のある種の形態によって代表されるコモンズの最高法として、私たちはこれらの新しい経済的取り決めを見なすかもしれません。しかしながら、権威的な世界政府の建設を思い描いているわけではないので安心してください。地政学的情勢の新パラダイムが各国独自の文化、伝統、自己決定の権利を本質的に尊重することは必要不可欠です。天然資源の共同管理人として地球を分かち合うことに関しては、競い合う右翼と左翼の政党やイデオロギー的な分極化のないグローバル政治の様式も心に描く必要があります。共産主義と社会主義の教義は人間の欲と分裂の長年の危機から出現したかもしれませんが、その原点がどれだけ道義にかなったものであろうと、すべての国が地球の環境的限界内ですべての人の共通ニーズを充足するために協力しているとしたら、そのような政治的主義にどのような必要性があるというのでしょうか。

したがって、世界の問題の内なる霊的側面を考慮するなら特に、どの角度から見ようと事実上、分かち合いの原理はコモンズの救い主であるということが明らかになるかもしれません。私たちの論理を要約すると、信託統治と協力に基づいた経済交流の新しいシステムを維持するために必要なグローバル意識を徐々にもたらすだろうものは、国内及び国家間の資源の分かち合いの最初のプロセスです。世界資源の分かち合いを通して、多くの国が万人の利益のために協力すればするほど、コモンズの意識がますます世界の一般市民の間で自然に拡大するでしょう。そしてそれは、コモンズの新しい法を最終的に擁護するだろう拡大するその意識なのです - それは、権威的統制へのむやみな追従を通してでなく、人類の意識内の愛と知恵の自然な表現を通して起こるでしょう。

今後コモンズの法は実に「ハートの法則」として象徴的に理解できます:なぜなら、それは愛、知恵、ひとつの人類の意識を通してのみ、未来の再分配的な経済を支える新たな規則や機関を維持することができるからです。この点から、国連を通して協力的に取り組む国家連合によって、グローバル・コモンズが最終的に維持されると信じることは霊的に正確ではありません。なぜなら、「国々の結束」の真の可能性はすべての個人のハートに宿っているからです。実際的な思考でなく唯一直感的なマインドだけが、ここに至って私たちを助けることができるのです。なぜなら私たちは皆、イデオロギーや主義にあまりに条件づけられ誤り導かれているため、善意、信頼、結束、慈悲、そしてハートのその他の特質が維持する社会での新しい生き方を理解することが極度に難しいからです。新しい経済秩序の基盤は、私たちが現在「分別」や「知性」として理解するものによってさえ維持されないでしょう:繰り返すと、それはハートの愛のある認識によって維持されねばなりません。なぜなら、目覚めたハートはそれ自体が絶対的な分別と叡智を持つからです。そして、その無限の叡智は、この霊的に暗愚の時代を特徴づける物質性及び分裂が原因で、その広大さを殆どの人がまだ感知していない、すべての法則の中の法則である慈悲の法則に深く埋め込まれているのです。

この方向性の追求は、来るべき時代を特徴づけるかもしれない異なった種類の法律とグローバルガバナンスの様式についてこの段階で懸念し過ぎる必要はないにしても、再生されたコモンズの概念の促進に人生を捧げるすべての思想家にとって、熱心な関心事であるべきです。これまで追求されてきた論理的推論に同意するなら、即時の優先事項がどこにあるべきかということ、そして時間と労力をこの先どう使うべきかということが明らかになるでしょう。すでに論じたように、一旦何百万人という人々が、終わりのない平和的デモンストレーションの中第25条に謳われる普遍的権利を要求し蜂起するなら、新たな形態の経済交流とコモンズの協力を支持するために、社会のすべての法律が必然的に進化するでしょう。


考慮すべきもう一つの重要な問題がありますが、それは現代の知的な支持者が滅多に問うことのないように見えるコモンズの内なる側面をさらに指し示しています。それは、地球の住人の半分以上が十分な収入と不可欠な資源へのアクセスを持たず生活に苦しんでいるとき、環境コモンズの維持という非常に重要な問題について大衆をどう教育すべきかということに関係します。尊厳や希望はもとより、自尊心までも人々から剥奪するかたわら、自然環境を尊重せよと彼らに期待するのは明らかに不可能ではないでしょうか。子供を養うのに必死な無学の男が地球を救うことに関心をもつことはありません。特に、彼の乏しい生活の糧が、地元で環境コモンズを略奪することに依存するなら。天然資源の枯渇や生態学的限界の超過などの、この時代のコモンズに関係する大きな問題に無関心であり続ける比較的豊かな市民の大部分でさえが、社会の物質主義的条件づけによってマインドが拘置され続けている間は世界変革の緊急性に目覚めることはないでしょう。そして私たちが確立したように、私たちの一般化した条件づけは現在商業化勢力によって操作され、コモンズのアイデア及び存在そのものに対して沈黙の戦争をもたらしているのです - 現状に追従することにより私たち全員が一役買っている戦争です。[7]

したがって、私たちは、上記と同じ一連の追求に戻り、認識、ビジョン、愛を通して人類がコモンズを維持することができるという手段を認めなければなりません。私たちは再びここでも、人類家族の最も貧しいメンバーに対する公衆の意識の劇的な方向転換の重要性を予知できます。なぜなら、唯一この方法でのみ、世界統一のために必要な内なる変革を開始することができるからです。利益と欲に推進された社会から生じるあらゆるところに蔓延するストレスや無関心を考えると、コモンズの抽象的及び理論的概念を中心に各国の何百万という今日の人々が結束することは、現時点で決してないと一層明確に言えるでしょう。しかしもし、結束した人々の声が第25条の到来を歓迎し始めるなら、貧困者の群衆さえが集結し参加するだろうすべての可能性があるのです。そしてすべてのコモンズの中で最も偉大なコモンズである人類に対する認識をもたらすだろうものが、これらの断続するグローバル・デモンストレーションの響きとエネルギーそのものなのです。そしてそれは知的理解だけでなく、歓喜に関連した霊的特質をも通して内部で経験できる認識です。したがって全世界での止むことのない集まりの中、ハート経由で私心なしに動機づけられた抗議デモ活動の新しい形態を通して最初は実現されるように、パーソナリティがそれ自体と他者をコモンズとして理解することを徐々に学ぶことが可能なこの来るべき時代にはグループ・ワークが非常に重要です。なぜなら、世界中の回避可能な人間の苦しみへの認識の中心で、この地球の一般市民の大部分がまだかつて目撃したことのない種類の歓喜から生じる愛、創造性、ビジョンが、この自覚的に結束したグループの全参加者によって感じられるだろうからです。

コモンズの認識を最終的に全人類にもたらすものは生きる歓びです。それなくして、地球の生態学的危機及び気候危機を回避する望みはありません。それは、一層捉えどころのない幸せを求める自己本位なパーソナリティの一時的な歓びのことではなく、魂とのコンタクトから生じる、そして愛のある奉仕及び他者との霊的結束にその表現を見いだす歓喜の非二元論的な体験のことを私たちは言っているのです。けれども、尊厳のある生活のための必需品を欠いた無数の家族が歓びの霊的特質を感じて表現することはできません。このことは、聖なる現実としてのコモンズの最高の意味をすべての人が理解し始める以前に、第25条を実現することの主な重要性を再び強調します。国際資源の再分配の緊急プログラムを通じて飢餓者と極貧者を助けることはそれ自体が、最も基本的な霊的定義において、グローバル・コモンズを保護するためのまさに最初の動きです。それはまた、ひとつの人類の認識に向かって集合意識を拡大する第一ステップそのものでもあります。その意味で、国連を通じて飢餓を根絶するという前例のない救援活動は、全人類の新しい教育の始まりを表すでしょう。これは確実に予測可能な事実です。なぜなら、私たちが世界資源を分かち合いあらゆるところに蔓延する絶対的貧困を最終的に廃絶するなら、国家間に信頼が自動的にもたらされ多種多様な方法で、特に、ストレスの削減と社会的分裂の癒しを通じて、驚くほど強烈な歓喜が世界中に広がるだろうからです。そして主に、他者への正しい自己投影によってコモンズのグローバル意識を開くための鍵を握るのは、すべての社会を通して急増する信頼と歓喜です。

これを簡単な言葉で理解するために、小旅行に出発するときに人が感じる楽しみとそれがしばしば善意の人にもたらす効果とその人の環境への気配りについて考えてみてください。たとえば、歓びのない不幸せな人が他の人に道にゴミを捨てないよう言うことはなさそうですが;内なる歓喜に満ちた人は、その道全体をコモンズとして考えるためそれを大切にする傾向があります。これはつまらないたとえであるかもしれませんが、私たちの周りのコモンズへの意識及び愛のある配慮をもたらす生きる喜びと道理そのものの間の本質的な繋がりを示すだけで十分でしょう。直感的にこの日常のたとえを詳述するなら、それは内なるコモンズと外なるコモンズの間の不可分な繋がりさえも示しているかもしれません。ですから、まさに歓喜の体験そのものが意識を拡大する教育者の形態であるという理由がここに挙げられます。歓喜に溢れる人が、どのようにアイデアをより良く理解し吸収することができ、したがって外なるコモンズを分かち合い守ることの論理的正当性に注意を払うかもしれないことを見てください。しかし、内部で絶望し沈み込んでいる人は多くを理解できません。それは、私たちのような断片化された物質主義的社会では、危機的世界情勢に対して人々がますます頑なで無頓着、そして無気力になる傾向にあることを意味します。ここに、環境危機のより深い原因があるのです。それは、コモンズが存在するという事実さえに対する広範な無関心に根を張っています - それは、内なる観点から、愛の欠如が原因である以外何ものでもない太古からの心理的問題なのです。

したがって、そのグローバル構造と資源分配の方法がもはや利益に基づくのではなく、むしろ「愛に基づく」または「コモンセンスに基づく」新しい経済秩序を築く必要性を認識するという同じ点にすべての追求は回帰します。別の言い方をすると、内なる変革は外なる表現の新たな形態を支えねばなりません。それがなぜ極度の不平等の悪化が、外なるコモンズである私たちの環境の中で目撃される破壊の根本的原因だと理解することから始めなければならないのかという理由です。実に、これまで説明してきた世界再生の完全なプロセスを再検討するなら、人類を内から外へとどう変革すべきかということの答えを(聖なる原理として)分かち合いがどう握っていのるかということを私たちはもっと明確に理解するかもしれません。何よりも、分かち合いの原理は、世界市民の間に生きる歓びを生じさせるフォーミュラを明かすことによって最終的にさらにある程度の無執着性を各人にもたらしその結果、霊的及び全体論的理解におけるコモンズについての認識を拡大することができるのです。

このことについて注意深く考えてみてください。なぜなら、今日コモンズの支持者の殆どが見過ごしているかもしれない、内なるまたは霊的無執着の性質には計り知れない重要性があるからです。別の例を挙げるなら、企業のエグゼクティブまたは株主として私は、お金への執着、高い社会的地位や特権的ライフスタイルを達成することへの利己主義的動機及びその他諸々の理由で、利益の高い商業的活動を通じて環境を破壊することに加担しているかもしれません。しかし、人々のハートが、飢餓及び貧困の不必要な苦しみを緩和することに向けて社会全体の大規模な心理的変革に従事するとき、ついで億万長者でさえが、飢えて貧困にあえぐ何百万という人々に資源を再分配することに携わるかもしれず、そしてそれは富とその他の物質主義的利益の個人的追求から解脱するための予備段階をもたらすでしょう。究極的に、個人が物質的利益と権力追求のあらゆる形態への執着を感情的及び霊的に捨てた途端に、彼を取り巻くすべてがコモンズとして無意識に認識され適切に扱われるでしょう。

その長期的な影響は無限です。なぜなら、もし私たちがコモンズの存在を人格化できたならそれは、人間が持続不可能な大衆消費パターンを通じて地球に課している破壊について認識しもっと簡素に生活するよう人類に哀願しているだろうからです。商業化され堕落した、そして分割された現代社会の中での生活が複雑になればなるほど、人々が環境状態やコモンズについて考えることはおそらく一般的にますますなくなるでしょう。したがって、多くの欲求や物質的必要性を持たず簡素に生きることは世界規模のハートの目覚めを必要とします。なぜなら従事するハートは、歓喜、無執着、無害性、そして正しい人間関係がもたらす簡素さを常に必要とするからです。これらの小さな発見によって、どのように無執着がコモンズのすべての形態の偉大な同盟者であるのかということ、そして最も裕福な人から最も恵まれない人に至るまで、すべての人に影響を与えるだろう新たに見いだされた生きる歓びを通じて、どのように分かち合いの原理があの内なる無執着を一斉にもたらすのかということを私たちは単に知覚し始めることができるに過ぎないのです。

 

 

上記の一覧図に要約される世界変革の内なる側面と外なる側面について深く考察するとき、大変違った種類の教育が、世界資源を分かち合った結果もたらされるであろうことが明確であるべきです。それは、解放された何百万人もの人々がただ生きていることの歓びを体験することから生じる教育です。それに加えて、国籍、経歴、社会的地位に関係なく、万人に利益をもたらすものは教育です。なぜなら、教育の源泉は人間のハートの認識にあるからです - 結局のところ、ひとつのハート、ひとつの人類があるのみです。そして各人は、歓喜、包括的意識、及び愛を通して、個人的関係と日常的活動の中で無害であるよう導かれます。顕現されたこの世界の内外で進化する生きとし生けるものへの敬愛を通じて、他者への私心のない奉仕によって表現される無害性。何世代にも渡り、そして個人の人生から人生へと、この意識状態を実現するのにどれだけ長くかかるかもしれなくとも、最も広い表現におけるコモンズとの調和性によっても定義することのできる無害性。そしてその意識は、人生のすべての分野のすべての人によって共同で表現される無害性を通して、コモンズの法が社会経済情勢を統制し始めるまで拡大することができるのです。おそらくそれが、国家間の戦争の存在が自然に消滅するであろうときなのです - あえてそのような時代を予測するなら、戦争の概念そのものさえもがなくなるであろうときなのです。 

普遍的な意味での分かち合いについての最高の霊的解釈から、この永遠の聖なる原理は歓喜と不可分の関係にある振動を持ちます。そして、人類のこの危険な進化段階において、国際レベルから下方に向かって資源を分かち合うことの効果は、後に活気溢れた世界の奉仕に従事するであろう何百万人もの人々のパーソナリティを通じて、生きる歓びが、魂がその目的をもっと簡単に遂行することを可能にするであろうことです。キリスト原理は、個人のハートを通して正しい関係の中で表現されるように、聖なる分かち合いの原理が地球の生活の経済的基盤とならない限り最大限に機能することができません。それまでは、人類全体の意識は無知とビジョンの欠如によって事実上抑制され、痛み、混乱、そして不断の葛藤を通して徐々に拡大するしかないのです。したがってコモンズが、現代を特徴づける貪欲、利己主義、分裂の中で認識され受け入れられる希望はありません。しかし、世界の資源がすべての国の間で公平に分かち合われるとき、コモンズがどのように人類の意識内で成長し始め人間の意識の拡大に構造と安定をもたらすかを私たちは目にするでしょう。それが、私たちのマインド内でコモンズの最高の意味が徐々に現れ始め、美に結びついたそのより霊的重要性を再発見することを可能にするときなのです - それは、生きる歓びが惑星規模ですべての人の中で表現されて初めて、知り真に理解することができる美です。したがって、グローバルな経済的分かち合いの重要性についてのテーマを、私たち自身が再び強調していることが明らかになるのです。なぜなら、真実は常にそれ自体に回帰するからです。


IV:「主義」と知性の危険性


分かち合いと歓喜がすでに人間の活動の主眼でない限り、コモンズの意識を全世界の人々に向けて広げることができない理由を、これまでの考察の要約を通じて私たちは理解するかもしれません。そのような可能性なくして、惑星的コモンズの変革的ビジョンの促進は学問的訓練のまま残るだけであり、人類自体と同じくらい古いこの概念の現代の支持者に、さらなる挑戦どころか危険までをもたらすでしょう。今日、コモンズに関する執筆を通じて事実上自由を知的化しようとする学者がいますが、真実を体系化するよう人間を導いた悪魔についての格言を忘れないでおきましょう。[8] この点で、物質的側面または霊的側面のどちらにおいてもコモンズの専門家などというものはあり得ません。なぜなら、唯一人間のハートだけが、私たち全員の中に静かに宿るそのような権威者または「専門家」であるからです。実に、ハートを使わず知的化するということは常に、聖なる永遠の霊的存在であるコモンズを誤解しているということです。コモンズは、人生の霊的現実の最高の表現であり、そしてそれがなぜ、知的化された概念や単なるアイデアとしてそれを要約することができないのかという理由です。

したがって、私たちが表現しようとしている意識が人類の内なる結束や美に関係しているということを考えると、コモンズを唯一学術用語だけで概念化することは誤り導かれていると同時に、他者を誤り導いているということです。結局のところ、街頭でゴミを掃く男は1日の終わりに家に帰りますが、それは家族という彼自身のコモンズの形態です。そして彼自身が、コモンズの総体的な意味について教えるべき人なのです。なぜなら彼もまた全体の、あるいは間もなく人口100億人を越えるかもしれない人類というより大きなコモンズの、なくてはならない一部だからです。[9] 心理的変革の事前の必要性について先に考察したことが真実ならまた、コモンズが何をもたらすかということについての普遍的理解は最終的に現在予期できない形で表現されるでしょう。その表現は、以前のように現代の提唱者の知的思想や学説通りに、いわば正門からやってくることはないでしょう。それはむしろ、世界資源の分かち合いに賛同する結束した人々の声によって表現される、異なった種類のエネルギーと知覚を持って裏口から現れるでしょう。

社会及び環境の外なるコモンズが、どのように保護及び維持されなければならないかということに対して計り知れない意味合いを持つ、人類が最高のコモンズであるというこの基本的前提を残念ながら今日の多くのコモンズの提唱者は見落としています。コモンズを知的化する人もいるほどで、まるで、流行りのクラブのメンバーとして自己を見なす新しい従者の群れが生まれでたかのように、共有資源の生産及び管理の集合的形態に参加する人々を述べる「コモナー」というフレーズを生みだしたくらいです。同様に、排他的な考え方が「分かち合いの経済」の現代的概念にしばしば適用されています。企業家的アイデアの利益でなく、一切の生きとし生けるものの利益が私たちの考えの基盤とならない限りそれはビジョンとして霊的に無意味です。[10] コモンズに関するアイデアや論理の学術的解釈は、高度な知的優秀性を有するものですが、それらはなお通常のマインドの条件づけの問題、主として、人生に対する感情的な態度や霊的ビジョン及び意識の欠乏にさらされやすい傾向があります。その結果、コモンズのすべての美と真実に新しいレッテルが貼られまた別の「主義」に仕立てられがちです。

この現在の進化段階において、人類がどのように主義の工場のようになってしまったか、そしてアイデアを主義に変換するのを好む人は、人類そのものをアイデアとして見ることに長けているのだという所見を私たちは前に述べました。[11] 明らかに、餓死しかけている人はアイデアではありません;しかしながら、もし私たちが自己をコモナー(コモンズ主義者)と呼ぶなら、ついで無数の貧困者が「ハンガリスト(飢餓主義者)」として分類できると知的に説明するのも当然のことかもしれません。オーストラリアのアボリジニやアメリカの多くの先住民のような歴史家に知られているいわゆる原始的な人間文化でさえが、より大きな人類というコモンズについて明瞭な理解を持っていましたが、「あるがままのすべて」の共有意識を知的化する必要はありませんでした。内なる現実と外なる現実の間の関係についての彼らの理解は、人と自然を「主義-化」することにあまりに慣れ切ってしまい自己に主義を押しつけている今日のコモナーとはかけ離れていました。私たちは、そのことがどのように霊的に無意味で誤り導かれているか、そしてその結果、自分たちが何にレッテルを貼っているのかを認識せず知的な概念化を通じて自己を制限しているということを理解できるのでしょうか。

したがってコモンズを理論化するとき、マインドの条件づけと錯覚的な信条の問題などの人類を苦しめるより深い霊的及び実存的危機から私たちの考えは切り離されるべきではありません。なぜなら、世界中の最もイデオロギー的な宗教団体でさえもが、結果の良し悪しに関係なく、彼らの信条の観点から彼らのコモンズのために戦っているからです。コモンズの初期の印象は、潜在的にすべての人のマインドに埋め込まれており、多くの人々はそれを「私の権利」、「私の信条」、「私の人々(マイ・ピープル)」などの言葉で、彼らが理解するすべての種類の「主義」を通して歪曲するか、あるいは熱狂的なコモンズの表現を求めます。たとえば、私が神を愛するなら、私の神への愛は私のコモンズの意識の一部です。しかしもし私が独断的に考え、あなたにキリスト教、ヒンズー教、ユダヤ教、あるいはイスラム教の神の概念を崇拝するかと尋ねるなら、私の神または内なるコモンズへの愛は基本的に排他的で歪んでいるのです。繰り返すと、学術的分析において、コモンズの概念は宗教とは大変異なる性質を持ちますが、いくら動機となる考えが崇高で善意的であろうと、コモナーはこの昔ながらの分割的な思考の泥沼の一部として残るのです。これは、「やれまたか」の定番パターンです。なぜなら人間は、彼の考え方と霊的現実に対する限られた知覚の中に常に自己を拘束しているからです。まさに自己をコモナーと呼ぶことによりマインドがつくった牢獄に自らを監禁し、その中にコモンズの最高の霊的理解を自己と一緒に閉じ込めているのです。したがって私たちは他者を誤り導くだけでなく、霊的認識の愛のある概念を私たち自身が作った罠に嵌めることによって自己をも誤り導いているのです。

このどれもが、協力的に管理される資源を分かち合うための政策及び実践への貴重な理論的洞察を提供する、銘記されるべき今は亡きエリノア・オストロム、及びその他多数の今日のコモンズの学者の取り組みの研究成果を過小評価するものではありません。しかし今言及したように、マインドの条件づけの問題が、この包括的分野を途方もなく複雑な挑戦にしており、それは以下の要因によってさらに複雑化されます:

  • 世界資源の分かち合いと外なるコモンズの保護のために協力する必要性について全般的な無知を一般人にもたらす、霊的認識と正しい人間関係に基づいた教育の欠如。
  • 何千年もの間、正しい人間関係の表現を阻止してきたという以外説明不要な貪欲は、あらゆるところに蔓延する振る舞いの動機です。
  • 主に、自己との関係における愛の欠如。唯一、「内」への愛があるときにのみ、「外」への愛と崇敬があります。
  • ビジョンの欠如、無関心及び混乱をもたらす盲目的なマインド。危険な世界情勢と外なるコモンズの劣化の問題のすべては、政治的、宗教的または文化的信条に関係なくあらゆる人を苦しめる混乱によって特徴づけられます。

これらのより心理的または「内への」考察は、現在のコモンズの概念が、まるで人間と自然の間に霊的進化が存在しないかのように「外なる」環境問題に過度に固執し続けるならいかに限られたものであるかを強調するのに役立つかもしれません。美しい空を見上げるとき、それは私の内部に作用します;したがって、外なる世界に関係を持った内なるコモンズが存在することは明らかです。双方が相互依存しており、そしてもし人類が、現在の愛の欠落した貪欲と精神的盲目の道を進み続けるなら、その結果明らかに、自然環境と大気に破滅的影響がもたらされるでしょう。したがってコモンズの提唱者は、極度の飢餓と貧困が、深まる環境危機の中心でありその解決のための不可欠要素であり続けることを少なくとも認識するために、彼らのビジョンある観念化にさらなる包括性が求められます。[12] この理解なくして、環境修復保全のためのどのような提案も順序が逆であるということです。それはまるで、家で待っている家族をコモナーが外で探し回っているかのようです;この点においてそれは、人類の内なる問題と外なる問題が分離していたことは決してなかったことを意味します。まさに環境運動家が多くの場合、彼らの分析や提案の中で「貧困」や「飢餓」という言葉に言及しないように、コモナーも多くの場合、極めて重要な内なる自己について言及することがないどころか、想像つきさえしないのです。

もちろん、外部だけに集中することに何も悪いところはありませんが、持続可能で平和な人類の暮らしのために必要とされるすべてを正しく分かち合う、より良い世界をどのようにもたらすかということへの答えをそれは決して提供しないでしょう。痛切に不平等な社会の状況下でコモンズを管理する真に民主的な方法を組織化できると仮定しても、私たちの提案を無視し私たちが献身的に築いてきたものを台無しにしようとする何百万人という人々がいます。それが、左翼と右翼あるいは革新家と保守派の考え方の間の戦いの性質でありその歴史は限りなく繰り返し続けるのです。そしてそれが、大衆全体を通して社会的分裂及び混乱を永続させ不変の結果をもたらし続ける、対立し合うイデオロギーを持った政治家たちの同じ戦いなのです。実に、生涯から生涯へと私たち全員を条件づける分極した思考と主義を維持している責任が、自称コモナーにも同様にあるのです。なぜなら、コモナーもまた、この時代の混乱によって盲目にされ人生の理解において真の霊的基盤のない社会で私たちのように生活しているからであり、したがって、社会組織の外なる様式において目標の統一性がないのです。

おおよそすべての政治的思想家と活動家は、外部だけを重視し続けることによって私たちを断片化させ集団錯覚を通じて混乱させ続けています。それにもかかわらず、前近代史におけるコモンズの最も偉大な主導者である民族の一つ、すなわち、ネイティブ・アメリカン・インディアンに直接関連を持つコモンズの研究分野にアイロニーがあるのです。それでもなお私たちは、両者の繋がりを見いだせず、外なるコモンズへの崇敬が、どのように霊的進化におけるひとつの生命への内なる認識に本質的に関係し、万物に対する無害性、愛のある配慮及び慈悲心をもたらすのかということを観察しません。とはいえ、私たち全員がアイデアを追いかけ、他者を追いかけ、そして社会的に認められ外部から受け入れられることを欲しているとき、世界問題のこの重要な内なる側面を見過ごしているとコモナーだけを責めることはできません。私たち全員が、一般的に認められた知的討論の限定された範囲に従うよう条件づけられています。特に、何年にも渡り従来の学問的訓練を通してそれらの討論の暗黙のルールの中で訓練されてきた後では。したがって私たちは、内なるコモンズについての私たちの理解は、経験を通しての自覚的なものでなく、頭で考えた知的なものなのです。そして何千年もの間社会を分割し続けてきた主義を、定着した考えに服従することによって維持している責任が幾分私たち全員にもあるのです。そうして、私たちはコモナーでなく追従者となるのです。なぜなら、霊的認識の中で生き動く真のコモナーは - もし彼らをそのように定義づけることができるなら - 元来自己をコモナーとして装うことは決してないだろうからです。

明確にすると、コモンズの分野で拡大する研究や行動主義は、この時代の最も希望に満ちた知的発展であり、代替的な社会経済パラダイムに分かち合いの原理をどのように融合させるかについての主要な政治的議論を構成することはほぼ間違いありません。この点で、コモンズの学者の研究には価値があり強い励みとなりますが、私たちが探求しようとしているものは、愛のある配慮と「あるがまま」への霊的知覚を持ってこの地球でどのように生きるかということを理解する知恵に関する、彼らの分析と提言に欠けた部分なのです。なぜなら、この地球で愛され、育まれ、守られなければならないすべてのものについての概念化の中に全人類が含まれない限り霊的観点から「あるがまま」への包括的知覚はなく、永遠の聖なる現実そして生命のエッセンスそのものとしてのコモンズの理解もないからです。これは、私たちが何度も繰り返すあまりに基本的な見解のように聞こえるかもしれませんが、実際には、コモンズのより深い霊的意味や重要性を知覚するためには、個人の中で相当な無執着性が表現されている必要があります。それは、私たちの個人主義的追求や物質主義的欲望への執着だけでなく、信条、イデオロギー、社会的条件づけへの執着をも捨てることを必要とします - それによって世界資源を分かち合うことが、どのようにコモンズのすべての形態を維持することへの入り口であるかを知覚できるようになります。実に、私たちがこの追求の始めから主張してきたように、コモンズと分かち合いの原理の間には重要かつ深遠な類似性があるにもかかわらず、この真実への認識は、いかなる信念体系にもマインドが生みだした主義にも見出されることはありません。したがって、どのように矛盾して見えようと、コモンズの存在を二つの異なった方法で見ることが必要です:第一に、外なる世界で促進し守るべき現代思潮として。第二に、イデオロギー及び主義そのものへの執着を大部分捨てることによってのみ、理解され得る永遠の霊的現実として。

社会にはストレスとイデオロギー的な分裂が蔓延しているため、コモンズのムーブメントの参加者が自分たちのアイデアをしばしば「主義化」するよう導かれるのはある程度理解できることです。しかし、コモンズを主義に変換することさえが、そのストレスと分裂の一部となることであり、その中で永続する衝突とこの時代の混乱に包囲され私たち自身のイデオロギー的思考の派閥を生み出します。もし私たちが、大部分が利益追求に基づいた社会に住むなら、その優勢な動向に対立するどのようなアイデアも心理的には戦争を求めているということ以外に考えられないのです。そしてそれにもかかわらず、コモンズの霊的意味は決してアイデアから作られたことはなく;常に愛だけでできていたのです。

この観点から、個々を全体へ、そして全体を個々へと本質的に結びつける愛のある認識として私たちが述べたコモンズの本来の定義を新たに熟考してみましょう。なぜなら、魂とその目的の確立された理解によって特徴づけられた、内なる自己についての一般的認識なくしては、主義の心理的大混乱に呑み込まれることのない世界を創造することはできないからです。人間の魂は、実証可能な方法で存在し基本的に人類と霊的進化の聖なる大計画に仕えるという目的を持っています;したがってそれは、それ自身の反映を物質次元で生みだしますが、それが人間のすべてであると悲しくも私たちは思い込んでいるのです。その結果、この惑星で物質主義的執着を放棄し無私無欲で他に仕える代わりに自己と地球を消費する人類の傾向が原因で、私たちのパーソナリティは、その基本的な霊的責任のすべての面で行き詰まっているのです。

前述の見解は、不朽の知恵の教えの基礎として考慮されるかもしれませんが、[13]  コモンズがその最高の霊的ビジョンと合致して顕現するためには、これらの見解はより広範な人々にとって欠くことのできない認識です - それは、あなたが思いだすだろうように、一つの目標のために全人類が存在しその目標は霊的進化であるということを意味します。したがって、人類の霊的及び心理的発達の促進のための有益な道具として考慮することのできるコモンズの包括的理解は、今後多くの予期不可能な形で導入されるかもしれない新たな教育の不可欠な部分を形成します。それでも、その新しい教育は、上記の私たちの予測に一致して、不可欠な資源の経済的再分配及び第25条の普遍的実現を通して信頼と多くの生きる歓びを創造することによってのみ開始できるのです。その一方で、コモンズを再び人格化できるとしたら、それは、見捨てられあまりの苦悩と痛みを耐え忍んでいるため、話すことも、その存在自体を主張することもできないでしょう。したがって、内部のない外部、中身のない形態は維持できないのだということを人類が気づかない限り、状況はこのまま着実に悪化するでしょう。ゆえにそれは最終的に、霊的知覚及び認識の観点から、コモンズが実際に何を意味するかについて全体としての世界が理解できることを可能にする新たな教育を必要とするのです。


V: コモンズ志向型教育


したがって、コモンズを維持する新しい経済と社会をもたらすためには、利益主導の取り組みを通しての多国籍企業の略奪を阻止する以上のことが必要です;それはまた、霊性、創造性、調和、正しい関係に向けて人類の進化のプログレスを保つことができる最も幅広い意味での教育と認識に関係しています。私たちは、コモンズが元来どのように人間のマインド内の認識から生まれ、異なった文化の中で常にある程度の理解レベルで人間の意識に内在し、世界がより統一及び融合されると同時に徐々に惑星的アイデアへと発展してきたかを見てきました。しかし、政治経済の分野において、私欲や自己利益がこれまで常に現代生活の支配原理となり続けてきたため、人間の進歩過程はますます危険な方向へ向かって悪化しています。

しかし、私たちの教育と何世代にも渡る私たちの先祖の教育を含んだ若年成人たちの学校教育と条件づけにおいて、私たちの教育方法の方針が間違っていなかったのならこの事態の根本的な理由は何でしょうか。私たちは人文科学、芸術、科学の基礎のすべてにおいて正しく教育されてきたかもしれませんが、私たちの内なる態度と動機の性質を決定する部分、とりわけ、お互いと自分たちの周りの世界に対する愛はどこにあるのでしょうか。他人の目から見て「偉い人(成功者)」になることを欲するよう個人を条件づける富及び社会的地位の追求を、成功と同一視する最も進んだ資本主義社会において、特に、若者が外なる認識と成功を真っ先に達成するようしばしばどのように駆り立てられているかについて私たちは言及しました。そしてさらには、外なるコモンズへの認識を妨げる要因の中で主要なこれらの暗黙の動機は、コモンズを維持することへの広く行き渡った無関心はもとより、それが存在するという事実さえに対する認識の欠如及び無知を多くの場合もたらしているのです。

したがってすべての国で、コモンズの全体論的な意味が学校のカリキュラムに緊急事項として取り入れられることは必要不可欠です。これによって「商業化パラダイム」関連の問題に多くの角度から取り組むことが可能となります。なぜなら、霊的動機に基づいた正しい教育は、何世紀もの競争的な利益主導型社会を決定してきた個人主義的価値観への解毒剤となるからです。[14] コモンズは、そのような新しい教育にとって不可欠な構成要素であるため、コモンズに対する先天的な意識が子供の心理的発達の自然な部分であることを念頭に置いて、最年少の子供たちの中で養成されるべきでしょう。[15] この新しい教育が最終的にどのような形態や構造をとるかは予測不可能かもしれませんが、一般的に、すべての若者が本能的に持つ、社会及び自然両方の外なるコモンズとの特別な関係に基づいて、教育開始時から学校プログラムに付加的学習の部門が必要になることが予測できます。したがってそれは、以前定義づけられたように、善意と「個々から全体への愛のある認識」に基づいた崇敬があるところの、私たちの他の人々及び世界中の文化との関係へのさらに包括的な視野を必要とするでしょう。これはまた、多くの化学的及び学術的調査により着実に明らかにされつつある事実である、人間の善意及び協力への本質的な傾向についての基本的教えをも必要とします。さらに、再び権限を与えられた国連総会を通じて、政治経済情勢の管理に計り知れない影響を持つだろう、霊的かつ客観的観点から人類は相互依存するひとつの体なのだという事実について初歩的な研究が必要となるかもしれません。

これらすべてのトピックを、従来の意味において研究しわかりやすい授業に変換することが可能ですが、大人や子供の内なる自己に達するために、事実と現象の学習より遥かに深い教育学を必要とする内なるコモンズに関しての学校教育を確立する必要性も考慮しなければなりません。この点で、精神的及び社会的発達過程の中で子供を導いて行くルドルフ・シュタイナー、マリア・モンテッソーリの教育哲学、そして多くの伝統的な仏教の法式からさえも多くが引き出され得ますが、私たちの将来をあらかじめ考慮するならもう一段階進まなければなりません。そしてまた、信仰的環境であっても非宗教的環境であっても世界の異なった地域において、すべてのスクールプログラムの時間割の一部として取り入れられるであろう不朽の知恵の教えの研究も心に描かねばなりません。したがって、時間の経過とともに、魂の存在への認識に、最終的に個人を導くことのできる教育のためのまったく新しいアプローチの必要性が予期されます。そのような認識は、魂のメカニズム及び目的の実際的な知識に必然的に基づいているかもしれませんが、それはまた、人間は生命であるという現実として主観的または内的に経験されるかもしれません。それは存在のすべてが、そのワンライフの一部として不可分であり相互連結していることを意味します。したがって、偉大な原因と結果の法則についての理解における無害性及び正しい人間関係の実践と並んで、瞑想の実践は、内なるコモンズの経験的な現実を明らかにすることを求める教育の中心です。

上記のコメントは、必要とされる学習の新しい形態及び未来の様式は、エリート大学の最も特権階級の学生さえが、(間接的ではあっても)他人と地球に危害を加えるようしばしば育成されるところの、現在の教育方式とはどのように完全に異なるかを示すのに十分かもしれません。富と個人主義的業績の競争的追求が、分割的、搾取的及び機能不全の社会秩序から起こったすべての危害の基盤であることを考えると、この明らかな現実を私たち自身で確実に観察できます。[16] しかし、永続する現状に対して、社会でいわゆる「良い教育を受けた」殆どの個人になぜ責任があるのかという理由は、この認識されない同じ事実に帰すことができます:内なるコモンズの研究と啓発が、主流教育制度の中でまだ確立されていないからだということです。

この発言の妥当性を理解することは、瞑想の正しい実践を学校に導入する緊急の必要性への認識をもたらします。なぜなら平均的な個人に非常な機能不全をもたらしたのは、外なる社会の機能不全だからです。そのため、私たちの多くは実に、日常一人で静かに腰を掛け自己がその一部である聖なる根源との静かな交流の中で平和に浸ることができない程です。言わば、外部が内部を乗っ取った状態ですが、それゆえ私たちは、私たち自身の家族及び社会の中で、そして世界の国家間において、すべてのレベルで人間関係を特徴づける混乱と対立を内部で再現するのです。これがなぜ、制御されない思考プロセスの動きから執着を断ち、すべての思考の向こう側に存在する「私」についての静かな内省を通して自己の存在の真の性質を理解することが殆どの人にとって難しいのかを説明しています。常に気を散漫させる心配の絶えない多忙な現代生活は、大多数の人々がしばしば内なる自己の変革力のある意識にアクセスできず全生涯を送るかたわら、比較的少数の人だけが日々の瞑想の実践に努力を費やしていることを意味します - それは「内部」が殆どなくなってしまうまで、私たちの内なる平和を奪います。したがって、もしこのような言い方が可能であるなら、内部を外部から守るための基本的な手段を子供たちが与えられるように、幼少期から学校で瞑想を取り入れることより重要なことがあるのでしょうか。なぜなら、ついで私たちは、あるbeing)こととなるbecoming)ことの違いを成人期に入ると同時に理解するようすべての子供を備えることによって、正しい関係に対する的確な価値観及び動機によって駆り立てられる世界の奉仕という将来の人生のために、彼らを備えることをさらに促進できるかもしれないからです。

新しい教育の発展は非常に段階的なプロセスになりそうだということをもう一度強調せねばなりません。そして、分かち合いの原理がグローバル経済活動の基盤として確固と確立されるまで、それが促進されることは決してないでしょう。私たちの見積もりでは、グローバル政策策定及び地政学において、経済的分かち合いの対極が主流である限りコモンズへの愛のある認識を世界規模でもたらすことは実現不可能となり続けるでしょう。人類は、特に土地とその収穫など、手をつけることのできるコモンズの資源はすべて分割及び独占し利益を上げることによって成功を成し遂げてきました。もし大気全体を写像して株式市場でその各立法メートルに価格づけできる新技術のようなものを発明する機会があったなら、多国籍企業がそのために競い合うだろうことは確実です。したがって、人類が誤ったあり方を最終的に改め、国連の後援のもと世界資源を分かち合うことの必要性を受け入れる以前に、コモンズの最高の意味を教えるさらに霊的な教育を広げる可能性はあるのでしょうか。国々が、経済的分かち合いを通じて正しい関係を実践し始めるとき、そして世界が、飢餓を撲滅し平和の真の意味を認識し始めるとき - それが、人類はひとつであるという意識の啓発を目的とした新たな教育様式に反映されるように、コモンズが自然に顕現し激増するときなのです。

たとえば、アフリカやアジアが西ヨーロッパより劣っていると考えるのでなく、皆が訪れ自分たち共通の故郷として考える権利を持つ「私たちの」アフリカ、「私たちの」アジア、そして「私たちの」ヨーロッパとして考える、後に出現するだろう拡大した意識を現時点では示唆することができるのだけです。人間の意識の内なる変革を想像するよう試みることは大切です。なぜなら、パスポート所持の必要性でさえが、愛のある理解と認識を持ってコモンズの真の意味と重要性を知覚することを私たちに拒んでいるからです。この認識に加えて、魂の存在についての認識、そして、各国が魂を持ち各々の運命にしたがって進化する霊的目的を持っているという事実があります。それゆえ、自然環境コモンズを分かち合い保護する重要性を認識するかたわら、他国の伝統及び習慣に敬意を払うよう国民に期待するのは自然なことなのです。そのときまでは、すべての子どもが静かなマインドを身につけ無執着を通して無害な態度を発達させ、そこから現在未知の種類の自己知識、霊的叡智及び知恵を持った大人へと十分に成長することを可能にする内なるコモンズが、すべての国の学校のカリキュラムに導入されるのを心に描くことはできないでしょう。

現在のところ、これらの希望ある展望は、一見してジレンマの中に私たちを取り残します。なぜなら、緊急事項として、コモンズが学校で教えられるべきであると主張するのが正しいかたわら、私たちはその他の角度からもそのための基本的前提条件を十分に論じました:それは、分かち合いの原理が世界情勢の中で堅固に確立されるまで、コモンズの最高の霊的側面が全人類によって理解されることはあり得ないということです。したがって現時点で、博識な教師が、地球の生存のために分かち合うことの必要性へと生徒を導くことに集中するならそれはより賢明で現実的なことかもしれません。私たちの集合的な問題の解決策として、分かち合いと協力の重要性を理解するよう若者を促すことによって、分かち合いの原理とコモンズの両方の総合的な意味が無害性、愛のある配慮、そして全体意識だということを念頭に置きながら、周りのすべてをコモンズとして見るよう(その認識が意識的であろうと無意識的であろうと)彼らのマインドの想像力に火をつけることは可能です。もしすべての年代の人々が、クラスルーム、仕事場、家、コミュニティ内でこの偉大な文明的話し合いに参加し始めるなら、ひいては新しい時代が幕開けると同時に、分かち合いが人類にとって何を意味するのかということについての新しく発見された意識を通して、教育様式がどのように急拡大し始めるかを私たちは目撃するでしょう。したがって、それが、人類の進歩過程を持続可能な軌道へと方向転換する唯一の希望を表すため、私たちの論理的プロセスは必然的に再びこの同じ点に回帰します:それは、止むことのない抗議デモ活動を通じて第25条を布告し、国連に世界の資源を分かち合うことを共に要求する何千万もの人々というビジョンです。


Vl: 内なるコモンズを探求する


この追求段階までに、おそらく読者はコモンズが多くの側面を持った極度に広大な分野であることに納得しているのではないでしょうか。そして私たちは、この研究分野の内なるまたは霊的側面に最も注意を集中すべきです。全体の利益を支持する天与の霊的教育としてコモンズを述べることから私たちの探求は始まりました。したがって、この異なった教育形態が、認識と自己知識の成長を通して、どのように生じるかもしれないかということをさらに詳しく見てみましょう。実に、自分自身について、そして私たちと世界の本質的な関係について理解する努力なくして、内なるコモンズが何を意味するのかを真に理解することはできません。私たちの真のアイデンティティを示す「私」または内なる自己の観点から、私たちは外なる環境や社会を研究することによって、さらに高度なコモンズの性質を明らかにすることにおいてわずかを達成できるに過ぎません。しかし、私たちが自己の存在の内なる世界を深く掘り下げるなら、意識の霊的進化に内在する人類の永遠のコモンズを実際に知覚し知り始めることができるのです。

したがって、コモンズが個人を知恵に近づけることのできる神聖な概念だという私たちの仮説の真実を各々で経験することは可能です。このように、コモンズについて熟考する行為さえが、私たちが認識するしないは別として一つの知恵の表れです。宇宙空間から地球の美しさについてじっくり考えを巡らした末、人間の無謀な傲慢さと分裂感がもたらす破壊から私たちの弱った惑星を癒す緊急の必要性を感知する宇宙飛行士を思ってみてください。私たちの美しい世界についての全体論的理解は、外なるコモンズへの認識ですが、それが個人の中で生み出す高揚し慈悲心に溢れた感覚は、人類全体の内なるコモンズへの認識を意味します。私たちの中の生命と創造のミステリーの深淵な広大さを感じるかたわら、その神秘を受け入れることができる限り、静かな意識を持って夜星について思案するだけでも、内外両方においてコモンズを知覚するということなのです。

このように、コモンズの最高の意味は内部へそれ自体を反映しますが、それを認識することは各個人に潜在する霊的意識の目覚めに依存します。これは転生を通じて、魂としての個人が自己の性質の現実を経験的に理解できるように、内なる自己への認識を高める正しく実践された瞑想の必要性をさらに浮き彫りにします。個人の内なる自己は最も基本的なコモンズですが、霊的進化の無限のプロセスは、コモンズの存在のすべての基盤であると言えるかもしれません。内なる自己の一人の平和な空間に住むことは、あなたが持って生まれたコモンズであり、あなたの中にいつまでも存在し続けるでしょう。新生児を腕に抱くことは、全創造の中で愛のエネルギーの動きを見守ることに類似します。それは、不朽の知恵の認識に基づいて、あなたが魂の存在とその目的に対して意識的である場合は特にそうです。結局のところ、あなたが見守っているのは母親に完全に依存するただの無力な乳児ではなく、その初期段階の個性の中に生命自体の意味と目的を秘めた魂という媒体なのです。したがって、私たちが霊的に誰であるのかをもコモンズは反映していると言えるでしょう - それは、より偉大な完全さと、驚異的な宇宙のすべての生命の根底にある絶対意識との一体化に向かって永遠に進化する不滅の聖なる存在なのです。

したがって原始的コモンズは、私が短い生涯で、集団で分かち合って来た土地やその他の物的資源ではありません;それは私の魂のコモンズであり、数え切れない転生を経て、ひとつの生命の中での意識の成長を通して私が物質次元で進化することを可能にするそれなのです。現実には、この先在のコモンズと人類の霊的進化はおよそ同一のものです。そして現在の人間の理不尽な発展段階において、この真実を理解することがかつてこれ以上重要で意義深かったことはありません。真の「コモンズの悲劇」は、その性質において物質的であるのではなくむしろ霊的であるとさえ言えます - なぜならそれは、他者と地球への愛のある配慮がなぜそれほど欠落し人間の叡智が金の子牛の像を崇拝することによって退廃したのかというより深い理由に関係するからです。したがって、この追求を通して探求され、そして添付の一覧図で示されるように、世界変革の外なる側面の背後にあるものが再度強調され順当に留意されるべきです。なぜなら、今考察されて来た多くの心理的及び霊的要素のすべてを解明した末私たちが辿り着くのは魂の科学以外の何ものでもないからです。したがって、21世紀の人間のマインドにとって現時点で想像もつかない段階に達するだろう、無限の霊的進化段階を通して断続する、個人意識の拡大の観点から容易に理解されるように、コモンズの内なる側面もまた、自己実現の術と同一のものと考えられるかもしれません。

グループの観点からまた、内なるコモンズは、国の意識の美と創造に関係し、そしてその理解から、その意味を各国の性質と特徴を司る「魂の振動」として述べることができます。それゆえ、霊的現実としてのコモンズの表現は一個人やその個人の魂としての存在の美に関係するだけでなく;それはまた、世界のすべての国の間の正しい関係への段階的取り組みを通して明らかにされるように、各国とその運命の一つの表現でもあるのです。霊的認識及び無害性の拡大はいつでも、より広範な人々の間のこの進化プロセスから生じるため、異なった国々の伝統や習慣を崇敬する重要性が再び強調されます。なぜなら、それらの多様な文化的規範と代表的な国家の特質の中に - 社会的条件づけの問題がどれだけ時代遅れな妨げであろうと - 霊的進化の動きの振動が存在するからです。古い習慣的生活様式を追求する国々の副次的影響は、この惑星における進化スピードを著しく低下させるかもしれませんが、それらの過ぎ去った過去の伝統及び遅れは配慮されねばなりません。なぜならそれが、各個人と各国が各々のペースで、そして各々の独自のやり方で発展することを可能にする自由意志の法則だからです。

これらの考察は、コモンズが実際は霊的認識の非常に感知しにくい要素に基づき、秘教学的観点からどのように多くの異なる意味を持つかということをさらに強調するかもしれません。内なるコモンズの意味が、魂の存在及びその目的への認識に根付いていることを私たちは観察しました。そのことは人類の一体性を強調し、不朽の知恵についての研究に組み込む新しい教育への必要性を告げます。コモンズは人間の意識の中で太古のものであり、ひとつの生命、進化の霊的ビジョン、そして何よりも万物への慈悲の初期段階の認識から生まれたのだという私たちの言明をも思いだしてください。したがって慈悲の法則は、先ほど私たちが示唆したように、誰かが「慈悲心を持ちなさい」と他の人に言うときのような一般的に推測されるものより遥かに意味のある、人類の霊的コモンズを司る基本法則なのです。実に、ハートの特質と直感を通じて知覚されるとき、慈悲についての理解は霊的叡智なくして起こりえません。それは、愛のある奉仕、無害、正しい人間関係を通じて簡素に表現されるように、進化する魂としての自己が誰であるのかを知る叡智を意味します。コモナーたちは、私たちが自然界と正しい関係を持つよう実際には言っているのです。しかしそれは、私たちの追求に基づくと、まず第一に、私たちが正しい関係を自己とお互いの間で持たない限り達成不可能ですが、そうするならそれによって、自然界との正しい関係が自動的にもたらされるでしょう。

 

*

内なるコモンズの意味についてのこの全般的な紹介が、疑う余地のない一つの結論に対して、私たちを納得させるのに十分であることを願います:それは、霊的認識と正しい人間関係の観点から、大衆へのアピール、合意に基づく有効性、持続的価値が欠落した主に知的活動である「外なる」組織上の問題と政策解決のみに集中するなら、持続的な未来は決して実現されないかもしれないということです。しかし私たちが、この洞察の難しい現実を受け入れるなら、ついでさらに個人的な疑問が頭に浮かぶかもしれません:世界の一般人である私たちが、自己実現最終的にもたらす内なるコモンズへの必要な認識を一体どのように啓発し始めることができるのでしょうか。外なるコモンズの意味を知的に理解することは容易であるかもしれませんが、前述のように、「内なる自己の教育」のようなものを必要とする、「この場所この瞬間」の永遠なるムーブメントの中に存在するコモンズを知覚することは非常に違ったことなのです。この観察は私たちの考察の中心を本来形成します。なぜならそれは、認識や表現が意識的であろうと無意識的であろうと内なるコモンズの意識がハートとマインドの中で開花し始めるのをあなた自身で知るプロセスだからです。

今のところ比較的少数の人々だけが、このコモンズのより深遠な霊的知識を真剣に研究することを望んでいるに過ぎません。そしてそれは、私たちが行間を読むことができるなら、そのためにネイティブ・アメリカン・インディアンが戦い死んでいったものと同じコモンズであり、何千年にも渡って偉大な宗教の創始者と知恵の覚者方彼らの教えの中で広めてきた同じコモンズなのです。現代における内なるコモンズの最も偉大な代表的人物の一人は、たとえ支持者によって彼の教えの大部分がそのように認識されていなくても、およそ間違いなくジッデゥ・クリシュナムルティでしょう。なぜなら、クリシュナムルティが公開講話の中で頻繁に明白に示していたように、「あるがまま」への愛のある認識と知覚を通して内なる自己についての知識を得ることなくして、人類のすべての哲学、学説、政治運動、積極行動主義は無益かつ無意味であるからです;この地球でどのように調和と平和の中共存するかという古い問題への持続的な解決策を見つけない限り、世代から世代へと私たちは空回りし続けるでしょう。

したがって実際の問題は、外なるコモンズを持続できる新しい経済的及び社会的取り決めをどのようにもたらすかでなく;むしろ、永存するコモンズの内なる理解をどのようにもたらすかということですが、それは常に次の古訓に基づいてきました:汝自身を知れ。人類の霊的進化を理解することなく外なる世界だけにコモンズの理解を限定することは、責任感をもたらすだけになりがちです;たとえば、自然を管理するさらに平等でお互いを思いやる社会をつくることを促進する責任です。しかし、コモンズの内なる側面を受け入れることは、文字通りの意味での愛の行動及び慈悲心の集団的表現を通じて実現される、全体的により簡素で霊的な生活様式のビジョンを呼び起こすでしょう。そして、十分な数の人々が、コモンズの内外両面を知覚することができるとき、彼らのマインドに非常に違った何かが起こるでしょう:それは、コモンセンス及び分別と融合したハートの特質を通して表現された、結束の必要性への普遍的目覚めです。

コモンズを擁護することは、根本的に意識的認識の問題であると私たちが最初に想定したことを再び思いだしてください;したがってマインドだけを通して意識を拡大することは、ハートの特質に従事することより遥かに難しいのです。いかなる状況であっても、マインドだけが思考と行動の基盤となるなら、特に、もし当人が国または大組織を率いているなら、酷い過ちが犯される恐れがあります。マインドは簡単に善意から逸れ、貪欲、権力、野心などの隠れた動機に操られることが可能です;その結果は、私たちが考えつくどのような実例もが証明するように、常に危害と分裂です。したがって、マインドだけに依存することは責任意識を呼び起こすかもしれませんが、マインドがハートの特質と融合した結果起こる意識はコモンセンスを、そして何よりも無害性と結束を求めるでしょう。

「あなたに危害を加えたくありません。お互いへの理解と譲歩を通して、この衝突を共に解決しましょう」と相手に伝えることさえが、自己のハートとマインドの両方の特質を活かすために取り組んでいるという意味です。この単純な日常的理解をコモンズの全体論的概念に適用することによって、それが人間関係に与えるかもしれない革新的な衝撃を私たち自身で心に描くことができます;なぜなら、正しくハートに集中することにおいて、イデオロギーも害も分裂もなく、責任と分別を愛に融合させることしかないからです。私たちは徐々に、マインドのより成熟した慈悲的な態度を通じて自己の周りに対する認識へと導かれ、前述したように、それがある種の感情的及び霊的無執着性を実践するよう自己を備えます。要するに、コモンズへの内なる認識を啓発する純然たる試みは、上記の資質のすべてを私たちのパーソナリティの中で実現するよう私たちを徐々に導くでしょう。私たちが霊的に誰であるのかをコモンズは反映するため、コモンズを知覚することは個人を知恵に近づけることであると正確に言えます。

以下に、私たちが今考察して来た主な洞察を要約しています。これは、人生の内なる側面からコモンズが何を意味し何を必然的にもたらすかを定義づけることにさらに役立つかもしれません。私たちはこれらの潜在的な性質を魂の観点からコモンズの霊的意味として、あるいはコモンズへの内なる知覚と外なる知覚が意識の中で融合するとき自然に起こる本質的な人間の特質として考えるかもしれません。以下に述べられたものとしてコモンズがどのように知覚され得るかも直感するよう努めながら、順を追って各々の点について自己の中で思索することは読者にとって有益かもしれません:

  • 美しさそのもの[17]
  • 成熟性
  • 愛のある配慮[21]
  • 新たな注目(敬意)
  • 「あるがまま」についての霊的理解[22]
  • 知恵
  • 生きる術を通じてのビジョン[27]
  • 分かち合いを通しての結束
  • 正しい関係

これらのより全体論的な観点からコモンズを見ることが求められる知覚の方法は、わずかな人が霊的現実の認識を通して「あるがまま」を見るよう教育されているに過ぎないため、初めは馴染みのない奇妙なものに映るかもしれません。私たちの教育は、あるがままの人生を見ていないことに基づいているとおよそ言えるでしょう。それは、この意識を現在自分自身で育成したいなら、孤独な道を歩む準備ができている必要があるということです。人間は大昔から多くの法律をつくってきましたが、私たちが永遠の生命の法則を正確に知覚したいなら、それらの世俗的な法律を超えたところを見つめそれらの霊的はかなさを認識せねばなりません。

適切な例を挙げてみましょう。私たちの周りのあらゆるところでどのように音楽を見ることができ、聴くことができるかを知覚することなく、唯一楽器から奏でられる音の中だけに音楽を聴くよう私たちがどのように教育されてきたかを深く考えてみましょう;それは、雲の形と動きの中に、そして市場に並んだ果物や野菜の色の中に、あるいは自然環境に反映された光の中にあります。なぜ私たちは、耳で見て目で聴くよう教育されてこなかったのでしょうか。手にするものはすべて型にはめ分裂させる人間のマインドに、一体何が起こってしまったのでしょうか?

音楽に関して言えば、私たちは内なるコモンズを盲人に任せてしまったようです。けれども、田舎の草原を吹き抜ける風の中に、あるいは激しい嵐の瞬間の中に、または海の満ち潮と引き潮の中に、そして地平線から静かに登る太陽の動きの中に音楽が聞こえない盲人は私たちなのです。もちろんそれは、あなたがハートとマインドを周りのすべての音楽に開くなら、聞こえるのは従来の意味での音楽ではなく違った種類の音なのですが。それらすべての音符を、あなたの中で聞こえる作曲へと寄せ集めることはあなた次第です。それはやがて、才能と実践を伴う自然なプロセスとなります。木の形や私たちを取り囲む多くの建物などの物体の形成過程の中に内なるコモンズが知覚され聞こえる一方で、人がつくった楽器を外なるコモンズとしてなぞらえることもできます。あなたは今までに、その美観設計と建築の美しさのあまり建築家が、ある大聖堂や宮殿などの建物が彼の目にとって音楽のようだと言うのを聞いたことがありますか。「美しい」という言葉は、日常世界の音楽が、誰かの目を通して知覚されるときいつでも、即時に意味を持つのです。人が素晴らしい音楽を内部で聴いているとき、どのようにその人が、窓の外に広がる青空、生き生きした自然の美、そして生命を持つ何かを見る傾向にあるかを単に観察してください。

それにもかかわらず、私たちの音楽についての理解はいまだ余りに型にはめられ条件づけられており、音楽アカデミーの生徒でさえが、周りの環境の中に常に存在するシンフォニーを知覚することなく道を歩いているようです。人間のマインドには、目にするすべてのもののイメージをつくる不幸な傾向があり、さらに名状と想像の行為が、マインドの静寂の中で今の瞬間を完全に生きると同時に「あるがまま」を聴くことから私たちを妨げています。すなわち、私たちはイメージを通じて傍観し、私たちの周囲のすべての物質形態のあるがままの存在から音符や色がどのように発せられているかを知覚せず、目にするすべてのものから自己を切り離しているのです。たとえば、ピアノの鍵盤が押されるとき、あなたにそれを見る耳があるなら、一定の色が発せられます。そしてまた、キャンバスに一つの色が塗られるとき、あなたが聴く目を持つなら、一定の音符が発せられるのです。なぜならすべてが生きており、すべてが霊的進化の中で美の不可欠な部分を形成する音と色をだすからです。実に、聴く気さえあるなら、瞑想するマインドの最も深い沈黙の中にも音符があるのです。それは、地球全体に鳴り響くオームの音です。私たち全員が、その音符に取り巻かれており、私たちの誕生の瞬間以来それは私たち各々をオーバーシャドウしているのです - それは、常に私たちの上、下、周り、そして中にあるのです。あなたにはそれが聴こえるでしょうか。

多くの音はまた、その振動を通して治癒力を持ちますが、現代社会の狂乱的な活動が発する途方もない騒音に反映されるように、今日人類によって生みだされる音は途轍もない混乱状態にあります。社会的、経済的、霊的、その他どのような性質のものであろうと、この時代に人類が通り抜けている危機の多くが原因で、私たちの意識に混乱が蔓延していることを観察してください。結果として、全体としての人類と自然を象徴する普遍的な「音」- Fの音階またはソルフェージュの固定ドのファに合致する - はひどく不調和に振動しており、地球に蔓延する混乱と苦しみを反映しています。世界の貧困の存在自体がこの種類の一定の音を発していますが、その音はGマイナーです。なぜならそれは、悲しい人生の痛みとドラマを人間のハートが感じるとき発せられる音だからです。何万人もの人々が日々死んでいる悲劇的な出来事も、Dマイナーに合致する一定の音を通して聞き取れます。これらすべての不協和音が、人類の古いあり方が終わりに近づいているという事実だけでなく、私たちの時代の危機の絶頂をも反映しています。私たちの経済が危機に瀕し;私たちの政治が危機に瀕し;私たちの生活様式が危機に瀕し;私たちがその中で生き動く「主義」さえが実在的危機状態に瀕し、すなわち、過去から自己を解き放つ必要性を受け入れるよう、私たちが最終的に導かれると同時に混乱が生じているのです。古代からの私たちのすべての痛みと混乱から、最終的にさらに調和的な音が生じ、新しい文明が最終的に誕生するまで - 人類がその振動音を変えることができるよう、意識を大きく拡大するときが来たのです。

 

*


創造物のすべてを包含する空間の現実に反映されるように、コモンズがその意味において、殆どの人が認識するよりどのようにさらに広大であるかという最上のたとえをさらに見てみましょう。空間なくして、明らかに私たちの環境の内容物は - 都市景観の中の交通や高層ビルも、大気園の雲も、その中でぐるりと回る無数の世界を含んだ太陽系や銀河系も - 存在しなかったであろうことからそれは、惑星的コモンズの無限かつ永遠の維持者です。それにもかかわらず、私たちは空間について考察したり、そして肉体的存在のために私たちがその中で動き依存するこの偉大な生命体の重要性を静観するよう教育されて来ませんでした。実に、空間は確かに生命体であり、それ自体の方向性を示す知性を持って生きています。そして、私たちが空間と呼ぶその数量化できない生命体の中には、無限の完全さへと進化しながらも動き存在するために空間を同様に必要とする、ガスや二酸化炭素のような肉眼では見えないままその他多くの世界が生きています。私たちの目とお腹の間には空間があります;それは私たちに構造を与えてくれます。私たちは空間の中を動き、空間は私たちの中で動きます。あなたにメンタル・レベルの透視力があるなら、おそらくあなたには古代文明の人々の生活がありのまま見えるでしょうが - その過去の出来事の記録は空間に刻まれており、それは時間を通じて、その絶え間なく変化するマクロの世界の表現の中で鳴り響き続けるのです。したがって疑問が提起されます:意識の進化、コモンズ、そして空間の間の関係は何でしょうか。

確かに、私たちの文明が発見するどころか、今日の頑なに物質主義的なフォーカスのため想像することさえ及ばない無数に隠された空間の側面があります。科学者は水なくして生命はあり得ないと言います。しかし、空間なくして人類の霊的進化はあり得ず - あるいは、空間なくして物質次元で前進し続けることができないと言う方がより真実でさえあります。始めに空間が存在したがゆえ、創造があります。始めに空間が存在したがゆえ、意識及び進化があります。したがって、空間なくしてコモンズのアイデアそのものが(それが内なる現れであろうと外なる現れであろうと)、私たちの意識内で起こらなかっただろうと認識することは極めて重要です。私たちは、空間そのものをコモンズそのものと比較し、これら両方の現実は、究極的に同一のものであると結論づけるかもしれません。この見解の重要性は直ちに理解されないかもしれませんが、「あるがまま」への霊的認識を求める個人にとって空間が最大の深みを持つと理解されるときが必ず来るでしょう。空間には始まりも終わりもないと考えられているかもしれませんが、空間の存在の背後には、どのような宇宙論者や形而上学者もがこれまで理解しようとして来たより遥かに多くの謎があるのです。空間とは何という生命体でしょうか!十分な進化段階にある人なら、この生命体と心を通い合わせることさえできるのです。わかりやすく言えるすべてのことは、意識「でない」ながら常に「である」空間は、それ自体の中に、そしてそれ自体により存在するということです。そして人類がより高い霊的真実にマインドを開き始めるとき、空間が生命の法則におけるすべての祝福の中の祝福であるということが最終的に共通の知恵となるかもしれません。

測定には、始まりもなければ終わりもない
それが、内でも外でも、その永遠なる息吹の中の空間の性質
しかしここに識別する知性がやって来て言う:
「1+1=2」。すべてに始まりがあり
すべてに終わりがあるというイルージョンがそれに続く

日々の測定に吸収され条件づけられたマインドは
無限の執着と痛みを生む
それゆえに、自己に永遠の沈黙を拒み続けるマインドを通じて
人間の知性が選び間違えた曲がり角
聖なる言葉の存在と振動から生まれた
沈黙、その性質は無

混乱の中の混乱、不可視の中の不可視、
ワン・ライフの中で繰り返す人生
人類の霊的進化はそのように動く
それは、空間と呼ばれる生命体の中の
科学的かつ緻密に測定された神の大計画

生まれた世界と未生の世界、可視の世界と不可視の世界
それらすべての世界の振動と響きを、その子宮の中に持った生命体
決してそれ自体であったことはなく、決してならない
だろうそれ自体によって認識されるように
それ自体の中に、それ自体により、それ自体だけで存在する空間
それが、その存在の普遍的振動を育む慈悲の法則だから
空間が、すべての中にひとつを、
そしてひとつの中にすべてを結合するときに

 


結論


この追求を終える前に、コモンズの意味と分かち合いの原理の関係についての結論を要約しましょう - 私たちが明らかにすることを試みた、霊的及び心理的に密接な関係です。コモンズは、人間の意識の中で常に眠っていた回転する霊的可能性のようですが、この過度に知的で物質主義的な時代の中心に再度現れるまで、過去の文明文化を通して様々な方法でそれ自体を表現してきました。コモンズが分かち合いの原理のより高い側面だという多様な見解が思い出されるかもしれませんが、「原理」そのものとしても、「アイデア」や「コンセプト」としてもそれを定義することができないとき、その相互関係は定義しようにも捉えどころがありません。なぜならコモンズは、霊的認識の内なる能力を通して、永遠の聖なる現実として認識され得る以外ないからです。

ここで再び私たちは、コモンズを支持することは実際には個人的及び集合的意識の問題であり、私たちが概説したような方法で社会的及び心理的変革を起こさずして、それが全世界人口の間で流行することは決してないという最初の想定に戻ります。あの心理的変革をもたらし、不必要に死んでいく貧困者のために、各社会が大規模な国際救援活動に参加すると同時に、まったく新しい歓喜と創造の空気をもたらすだろうものが善意の爆発であることを私たちは論じました。それにもかかわらず、そのような途方もない出来事も、世界再生プロセスの準備段階を構成するに過ぎないでしょう。なぜなら、ハートが目覚めたパーソナリティ(単一体でない)は、すべてのコモンズの中で最も重要なコモンズの意味を理解するだろうからです - それは、正しい人間関係の確立を通して徐々に明らかにされるように、人類というコモンズなのです。

べつの言い方をすると、第一段階は一体感や結束を通じて表現されます。そしてそれは、今日の一点集中する危機がすべてを含む範囲に及ぶことから、途方もなく大きな世界規模で実現されなければなりません。ついで新しい法律及び教育の導入によって、人類の意識内でコモンズが迅速に高まる第二段階が自然に続くでしょう。したがって、この惑星の豊かでありながらも限りある恵みを分かち合えば分かち合うほど、私たちはさらに簡素で協力的な生活を営むようになります。そして私たちが簡素で協力的な生活を営めば営むほど、自己の意識的認識の中でコモンズの存在をさらに肯定するようになるのです。その過程は内なる観点から論理的ですが、そのときまでコモンズを、アイデアやコンセプトとしてどのように促進すべきかについて細心の注意を払うべきです。私たちが分かち合うすべてのものとして本当にコモンズを定義することができるのでしょうか。あるいはそれは、何千年もの間私たちが分かち合うことができなかったすべてのものでしょうか。そして政府に第25条に謳われる人権を保障させるために、何百万人もの人々が立ち上がる代わりにむしろコモンズを唯一社会変革の知的コンセプトや学説として促進するだけで十分なのでしょうか。なぜなら、私たちが貧困の根絶のために経済的分かち合いの必要性について仲間を教育し始めないなら、そして飢えた貧困者のニーズを優先するよう政治的代表者を納得させるために人々と行動を共にしないなら、コモンズが最終的に全世界から支持され栄光を讃えられる希望はないからです。

したがって、世界情勢に分かち合いの原理を実現することは、たとえて言うと、コモンズのドアをノックする行為にあたります。国々がすべての人の利益のために真に結束するとき、ついにコモンズがad populum大衆へのアピール)を持ってその存在を宣言するときが来たと言えるかもしれません。コモンズは、分かち合いの原理の娘のようなものですが、娘を世界に引き合わせるのは母親です。象徴的に、コモンズは分かち合いの原理の鼓動する心臓の響きとして理解できるため、コモンズを永遠に救うためには政府が世界資源を再分配するために協力し合うことは不可欠です。たとえキリストが人間の日常生活に戻って来たとしても、それでもなお、彼は、隣人を愛し互いに分かち合うよう私たちを推奨するでしょう。なぜならそれが、人類のより偉大なコモンズへの認識の中で私たちが成長できる唯一の道であり、そしてそれは、飢餓と予防可能な病気から日々死んでいく私たちの最も貧しい兄弟姉妹を救うことから始まるからです。

私たちが、コモンズの真の意味と、コモンズと分かち合いの原理の相互依存関係を知覚することを促進するにはこれで十分でしょうか。最終的に、母親は娘の救い主であるとしか私たちには言えません。そしてこの両者の間の関係は、私たちがひとつの人類であるという普遍的啓示に維持されていると同時に唯一愛でできているのです。なぜなら、私たちがお互いに愛し合い正しい人間関係を確立し始めるとき、その結果、私たちが守り分かち合うすべてが崇敬、ビジョン、そして認識を持って扱われるだろうからです。

多くの思想家のコモンズの理解はますます複雑になっています。それは、退廃をもたらす商業化の法則に基づいた世界の生活の果てしない複雑さのせいであることは疑いありません。それでもなお、コモンズが本当は何を意味するのかという疑問を、知的にではなく内なる自己の経験的意識を通してこの今という瞬間の中で黙視するなら、それを知ることは非常に簡単です。自問すべきことは:私の他者及び世界との関係においてコモンズが何を意味するのかということです。この個人的追求を促進するようこの考察を通して示唆してきたように、コモンズの内なる重要性をさらに明らかにする、以下の疑問を思案するために内側を見ることもできます。私たちの意識の中のコモンズの存在と以下のものとの間にある関係は何でしょうか:

  • 経済的利益追求がもたらす商業化の破壊的影響
  • 政治的主義がもたらす混乱
  • 宗教的イデオロギーがもたらす衝突
  • 歓喜に関連した霊的特質
  • 無執着を通じての無害性の明示
  • 人類の一体性のビジョン

したがってコモンズの第一の重要性は自己知識及び正しい教育の中に見出されます。なぜなら前述の方向性に沿った教育なくしては、あるがままの生命への新しい霊的認識の中で人類が動くだろうときを決して見通せないからです。しかし私たちが突き詰めて観察して来たように、コモンズの存在構造そのものである、神聖な原理としての分かち合いの重要性に関する根本的な理解を学校教育が組み入れないことには、「コモンズ」という言葉は最終的に無意味なものとなるでしょう。分かち合いの内なる意味の一つは、心理的及び霊的意味で、「危害を加えないこと」または「共にあること」だということも強調されました。したがって、自然と共になり外なる環境に対して無害な態度を持つこと、人間が創造してきたもの及び創造するだろうすべてものに貢献するということは、人類の大部分にとって、 - アート、テクノロジー、科学、そしてその他のすべての分野で - この地球の豊かな産物を分かち合う必要性を最終的に受け入れなければならないことを意味します。

有益な隠喩を再度用いると、 [28]  愛は、世界中に散らばったジグゾーパズルのようなものだと想像できますが、分かち合いの原理と協力を通じてそのパズルを組み立てなおすことは、各国の人々にかかっています。そのパズルが完成するとき、そして飢餓と戦争が人間のマインドの中で遠い記憶となるとき、それに続く結果的状況が何を表すのか私たちは発見するでしょう - これが、人類の内なるコモンズと外なるコモンズです。今日コモンズは、内外両方の現実において病を患っていますが、すべての人の利益のために、国々の協力と善意を通してのみ、私たちはその変性疾患を治癒することができるのです。ひいては、コモンズは、新しい教育の中でそのふさわしい役目を自然に担うことによって、人間の意識の予知されね拡大と想像を絶する光の道の霊的プログレスの可能性をもたらすことができるでしょう。

 

注釈


[1] 自然界における各王国は各々直下の王国から発達し、そして霊的王国または「魂の王国」として知られる - 人間界より高い第5王国は(キリスト自身が説いたように)常に私たちと共にあったが、現在徐々に物質次元に出現している。アリス・A・ベイリーの執筆の中で説明されているように、その王国は「昔から霊的目標のために努め、肉体、感情コントロール及び妨害的なマインドの限界から自己を解放した者全員から成っている。今日(大多数にとってまだ未知の)その住人たちは、肉体をまとい人類の繁栄のために取り組み、彼らの一般的な技法として、感情でなく愛を使い、そして世界の運命を導くあの偉大な『啓発されしマインド』のグループを構成する」(キリストの再臨The Reappearance of the Christ, Lucis Press Ltd, p. 50)

[2](1)すべての人は、衣食住、医療及び必要な社会的施設等により、自己及び家族の健康及び福祉に十分な生活水準を保持する権利並びに失業、疾病、心身障害、配偶者の死亡、老齢その他の不可抗力による生活不能の場合は、保障を受ける権利を有する。(2)母と子とは、特別の保護及び援助を受ける権利を有する。すべての児童は、嫡出であると否とを問わず、同じ社会的保護を受ける。

[3]これらの執筆の中で、キリスト原理は、H・P・ブラヴァツキーが「人間に宿る個人の神性の抽象的理想」(ベールをとったイシス、第2巻)または「宇宙のアトマン、そしてすべての人間の魂の内にあるアトマ」(シークレット・ドクトリン秘密教義、第1巻)であると説明した、すべての人間の霊的エッセンスに相当する、非個人的かつ神聖な原理として理解できる。それはまた、私たちが愛と呼ぶ結合的エネルギーを通して、惑星の物質的側面の創造を管理する進化エネルギーそのものとしても理解できる。歴史上のキリストは、地球において、そのエネルギーの最高の物質的顕現であり「世界教師」などの多様な名称で知られている。アリス・A・ベイリーの著作の中で述べられている内なるキリストの呼びかけに応え、今日ますます祈願に専心するのは人々のハートである(キリストの再臨The Reappearance of the Christ, Lucis Press Ltd, p. 136)。

[4] モハメッド・ソフィアン・メスバヒ、世界人権宣言第25条を布告する:人々の世界変革のための戦略Mohammed Sofiane Mesbahi, Heralding Article 25: A People’s Strategy for World Transformation, Matador books, 2016

[5] この題目については以下を参照:「気候危機への取り組みにおける政治と霊性の交差点:モハメッド・メスバヒとのインタビューShare The World's Resources, June 2016

[6]たとえば、メスバヒの著作の中でも次を参照:「商業化:分かち合いの対極Share The World's Resources, April 2014

[7] この点をさらに掘り下げた考察については以下を参照:「気候危機への取り組みにおける政治と霊性の交差点」、パート2, op. cit.;「世界人権宣言第25条を布告する」(Heralding Article 25, op. cit., pp 57-61)。

[8] 「あなたは次の物語を思い出すかもしれない。道を歩いていた悪魔と友人が、前にいた男がかがみこみ地面から拾った何かをポケットにしまい込むのを見た。友人は悪魔にきいた。「あの男は何を拾ったんだ?」「ひとかけらの真理さ」悪魔は答えた。「そりゃ君にとってとても都合の悪いことじゃないか」友人は言った。「いや、全然」「好きに組織化させてやるさ」悪魔は答えた。(引用:ジッドゥ・クリシュナムルティ、「星の教団の解散」、Star Publishing Trust, 1929

[9] 編集者の注釈:ここで引用されている世界人口増加予測はメスバヒが著書、世界人権宣言第25条を布告する、op. cit., pp. 46-51で論じているように決して不可避ではない。最新の見積もりでは、2100年までに112億人を超過するという中間予測を持って(そのほぼすべてが貧困国である。UNDESA, World Population Prospects: The 2015 Revisionを参照)2050年までに現在の75億人から97億人に人口が増加するだろうと予測されている。それでも、世界資源の正しい再分配と第25条に謳われる人権の普遍的実現によって作り出される状況が、時間の経過と共に世界人口の劇的な減少をもたらすだろうことを予測できる。これは、歴史的に証明されているように、発展途上国から先進国への推移の間、家族が適切な生活水準に恵まれている状況下では人口レベルが減少し安定する事実によって裏づけられている。

[10] モハメッド・ソフィアン・メスバヒ、「分かち合いの経済:ハートエイジの幕開け」、Share The World’s Resources, November 2016

[11] モハメッド・ソフィアン・メスバヒ、「対談〜主義と分かち合いの原理」、Share The World’s Resources, 2014

[12] 以下と比較:世界人権宣言第25条、op. cit., パート3を参照。

[13] 不朽の知恵は、宇宙のエネルギー構造、人間及び自然の意識の進化、そして「正しい人間関係」を重要視する人生の霊的現実に関する古代の教えを指す。時代を超えてアートと科学のためにインスピレーションを提供するかたわら、主要な宗教的伝統の基礎を成す、秘儀的または隠された教えの数々を繋げる黄金の糸としてそれは述べられてきた。何千年という古さにかかわらず、それらの教えは人々の人生及び経験の中で活発に表現される漸次深まる啓示的性質のため、「古代」でなくむしろ「不朽」の教えとして言及されている。過去1世紀に渡って、これらの教えは顕教の形態で、神智学協会の創立者であるH・P・ブラヴァツキーによって、そして後にとりわけ、アリス・ A・ベイリー、ヘレナ・レーリッヒ、ベンジャミン・クレームの著作を通して欧米で一般に公開され広く普及した。

[14] 商業化パラダイム」という言葉は、世界人権宣言第25条を布告するHeralding Article 25, op. cit., pp. 9-10)を含んだこのシリーズの多くの執筆の中で使われている。

[15] たとえば、学校の校庭や住宅街の道で行われる古い遊びのすべては、代々自由に受け継がれ子供たちのマインド内で無意識に分かち合われたコモンズの形態として考えられる。これらの遊びの多くが書き留められ、より裕福な階級層のためにますます商業化されたのはここ数十年のことである。それ以来、デジタル技術はあらゆることろへ普及し、子供の遊びというコモンズの多くをさらに着服し消失させたため、その最も純粋な形態は、現在発展途上国の最貧困地域に存在するのみである。正しい人間関係の認識の中で子供の霊的成長と創造性を養成することを教師が目的とする、コモンズ主導型の学習及び発達様式を再導入する途方もないチャレンジを、この一つのたとえがどのように示しているかを読者は各々で推論できる。

[16] このテーマについてのさらなる説明は世界人権宣言第25条を布告するHeralding Article 25, op. cit. pp 99-103)を参照。

[17] 人間のマインドによる区別や測定を通しての「あるべき」美でなく、「あるがまま」の美である。言い換えると、名状しがたいが、抽象的瞑想を通してのみ感知できる創造及びその進化の中の美である。

[18] 魂の振動で活発な創造性;したがって執着のない創造性の真の形態を意味する。

[19] 成熟性と叡智を通じてすべての人の利益のためになされるべきことへの認識。

[20] 歓喜の霊的特質を放つことについての上記の章を参照。

[21] 進化する生きとし生けるものすべてを崇敬するハートの特質を通じて知覚し行動すること。

[22] 繰り返すが、条件づけられたマインドに準ずる「あるべき」ものでなく、不朽の知恵ついての学習研究と、魂との関係において正しく実践された瞑想を通しての、直感の発達に依拠した「あるがまま」についての知覚である。

[23] 無執着を通じての沈黙の術。

[24] 第3章で示唆されているように、無執着と無害性の間の関係について思索することは有益である。

[25] ハートの特質を通じて人生を理解すること。これは、創造の中のすべての法則の母としての慈悲の真の意味についての絶え間ない考察を必要とする。

[26] 上記のように:「…ハートの特質と直感を通じて知覚されるとき、慈悲についての理解は霊的叡智なくして起こりえない。これは、愛のある奉仕、無害性及び正しい人間関係を通じて簡素に表現されるように、進化する魂としてあなたが誰であるのかを知る叡智を意味する。

[27] 人類の一体性及び霊的目標の明確なビジョンをもたらすであろうものは生きる術である。

[28] cf. モハメッド・ソフィアン・メスバヒ「分かち合いの経済」op. cit., パート2を参照。


モハメッド・ソフィアン・メスバヒはSTWRの創始者である。

編集協力: Adam Parsons.

Image credit: Liamfm, flickr creative commons

翻訳:村田穂高